世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP

世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP』(よにもきみょうなものがたり 25しゅうねんきねん!あきの2しゅうれんぞくスペシャル)は、フジテレビで『土曜プレミアム』枠で2015年11月21日11月28日に2週にわたって放送された『世にも奇妙な物語』の特別編である。

世にも奇妙な物語
25周年記念!秋の2週連続SP 傑作復活編
ジャンル オムニバステレビドラマ
放送時間 土曜21:00 - 23:20(140分)
放送期間 2015年11月21日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 植田泰史
高丸雅隆
都築淳一
後藤庸介
岩田和行
原作 朱川湊人
江口寿史
脚本 酒巻浩史
中島直俊
守口悠介
北川悦吏子
ジェーン・スー
本田隆朗
出演者 タモリ
有村架純
野村周平
和田アキ子
藤木直人
木梨憲武
オープニング 「ガラモン・ソング」(作曲 - 蓜島邦明
エンディング 同上
テンプレートを表示
世にも奇妙な物語
25周年記念!秋の2週連続SP 映画監督編
ジャンル オムニバステレビドラマ
放送時間 土曜21:00 - 23:20(140分)
放送期間 2015年11月28日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監督 佐藤嗣麻子
本広克行
中田秀夫
山崎貴
清水崇
原作 原田宗典
渡辺優平
脚本 佐藤嗣麻子
宇山佳佑
加藤淳也
三宅隆太
長谷川徹
山崎貴
出演者 タモリ
竹内結子
妻夫木聡
中谷美紀
阿部サダヲ
満島真之介
オープニング 「ガラモン・ソング」(作曲 - 蓜島邦明
エンディング 同上
テンプレートを表示

目次

概要編集

2週連続でスペシャル版を放送するのは番組史上初の試みである。1週目である11月21日には、視聴者からの人気投票で上位にランクインした作品を新たな出演者により復活させる「傑作復活編」を、11月28日には、日本を代表する映画監督が演出する「映画監督編」を放送した。

傑作復活編編集

2014年11月18日に放送された『世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 〜人気マンガ家競演編〜』の直後に番組内で視聴者による人気投票を呼び掛けた。総投票数92761件からトップ30が発表され、そのうちの5本を今まで番組に携わってきた演出家(高丸雅隆、後藤庸介、岩田和行都築淳一植田泰史)の5名が選出、リメイクとして復活する。選ばれたのは1991年放送の「ズンドコベロンチョ」、1992年放送の「ハイ・ヌーン」、1994年放送の「思い出を売る男」、2006年放送の「イマキヨさん」、2007年放送の「昨日公園」。

主役を演じる役者のうち、「ズンドコベロンチョ」で主役を演じる藤木直人以外の野村周平有村架純和田アキ子木梨憲武の4名は番組初主演。また、「イマキヨさん」の中島直俊と「ズンドコベロンチョ」の北川悦吏子はオリジナル版から引き続き脚本を手掛けている。

投票結果編集

順位 タイトル 放送日
1位 イマキヨさん 2006.03.28
2位 ニートな彼とキュートな彼女 2014.04.05
3位 空想少女 2014.04.05
4位 昨日公園 2006.10.02
5位 才能玉 2007.03.26
6位 はじめの一歩 2010.10.04
7位 ズンドコベロンチョ 1991.04.18
8位 懲役30日 1998.09.25
9位 BLACK ROOM 2001.01.01
10位 美女缶 2005.04.12
11位 夜汽車の男 2002.03.27
12位 雪山 2003.07.12
13位 自殺者リサイクル法 2009.10.05
14位 ロッカー 1990.05.03
15位 23分間の奇跡 1991.12.26
16位 時の女神 1994.07.07
17位 来世不動産 2012.10.06
18位 過去からの日記 2004.09.20
19位 13番目の客 2001.01.01
20位 迷路 2003.09.18
21位 どつきどつかれて生きるのさ 2008.09.23
22位 トイレの落書 1995.04.03
23位 自販機男 2007.10.02
24位 相席の恋人 2012.10.06
25位 峠の茶屋 1991.02.14
26位 思い出を売る男 1994.10.10
27位 ハイ・ヌーン 1992.06.11
28位 石油が出た 2013.05.11
29位 サブリミナル 1992.12.30
30位 栞の恋 2010.10.04
  • 得票数92761件。

映画監督編編集

2週目の11月28日に放送された「映画監督編」では、世界を舞台に活躍する人気監督と、彼らが主演を望んだキャストが手を組む。発表された組み合わせは、山崎貴(『永遠の0』)×阿部サダヲ本広克行(『踊る大捜査線』)×妻夫木聡佐藤嗣麻子(『アンフェア』)×竹内結子中田秀夫(『リング』)×中谷美紀[1]清水崇(『呪怨』)×満島真之介。清水は、「学生時代から、友達と話題にしていた番組。今回手がけさせてもらえることになって光栄です」と喜びをあらわにした[2]

25年にわたりプロデューサー・演出として携わってきた小椋久雄は「25年にもわたり番組を支え続けてくれた視聴者の皆様へ感謝の気持ちを伝えるためスペシャルを制作いたしました。日本を代表する映画監督達にモチベーション高く参加して頂いており、今から出来上がりがとても楽しみです」と作品への意気込みを明かしている。[3]

スピンオフストーリー編集

11月5日からは番組の宣伝を兼ねて、Yahoo!で「ががばば」と検索するとあるギミックが発動するという仕掛けが登場(発動前に注意が表示され、音声なし、もしくはスキップも可能)。また、ギミック終了後は「世にも奇妙な物語」の検索結果が表示され、そこからスピンオフ動画を見ることができた。

その後、傑作復活編エンディングにはエンドロール後にショートストーリーが放送。ストーリーのあとに「決して『ががばば』と検索してはならない」とテロップで注意を促していた。また、放送終了後はギミックの内容や表示内容が一部変わっている[4]

漫画版編集

週刊少年マガジンでは11月18日発売分に「美女缶」が、25日発売分にはオリジナルストーリー「張り込み先」が掲載。また、マンガボックスでは21日に「私は、女優」が掲載された。

傑作復活編編集

昨日公園編集

男性同士の設定から女性同士に変更してリメイク。

キャスト編集

スタッフ編集

イマキヨさん編集

キャスト編集

スタッフ編集

  • 原作・脚本 - 中島直俊
  • 編成企画 - 増本淳、野﨑理、大木綾子
  • 演出 - 高丸雅隆
  • プロデュース - 後藤庸介

ハイ・ヌーン編集

主人公のサラリーマン(男性)として和田が男役で出演。

ズンドコベロンチョ編集

主人公の設定を広告会社のエリートサラリーマンからIT業界の寵児に変更してリメイク。

思い出を売る男編集

キャスト編集

スタッフ編集

映画監督編編集

編集

キャスト編集

スタッフ編集

備考編集

  • 放送終了後、内容の一部が映画[リミット]の盗作ではないかと疑惑がもたれている[5]

幸せを運ぶ眼鏡編集

キャスト編集

スタッフ編集

  • 編成企画 - 増本淳、野﨑理、大木綾子
  • 脚本 - 宇山佳佑
  • 監督 - 本広克行
  • 総合プロデュース - 小椋久雄
  • プロデュース - 牧野治康、岡林修平

事故物件編集

キャスト編集

スタッフ編集

バツ編集

キャスト編集

スタッフ編集

嘘が生まれた日編集

キャスト編集

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 主演 脚本 演出・監督 原作・原案
傑作復活編
第1話 2015年11月21日 昨日公園 有村架純 酒巻浩史 植田泰史 朱川湊人
第2話 イマキヨさん 野村周平 中島直俊 高丸雅隆 中島直俊
第3話 ハイ・ヌーン 和田アキ子 守口悠介
神戸一彦[注 2]
都築淳一 江口寿史
第4話 ズンドコベロンチョ 藤木直人 北川悦吏子
ジェーン・スー[注 2]
後藤庸介 北川悦吏子
第5話 思い出を売る男 木梨憲武 本田隆朗 岩田和行 林誠人
高山直也
映画監督編
第1話 2015年11月28日 竹内結子 佐藤嗣麻子 -
第2話 幸せを運ぶ眼鏡 妻夫木聡 宇山佳佑 本広克行
第3話 事故物件 中谷美紀 加藤淳也
三宅隆太
中田秀夫
第4話 バツ 阿部サダヲ 長谷川徹
山崎貴
山崎貴 原田宗典
第5話 嘘が生まれた日 満島真之介 宇山佳佑 清水崇 渡辺優平

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 旧作からの続投
  2. ^ a b 脚本協力

出典編集

外部リンク編集