世に万葉の花が咲くなり

サザンオールスターズの11枚目アルバム

世に万葉の花が咲くなり』(よにまんようのはながさくなり)は、サザンオールスターズの11枚目のオリジナル・アルバム1992年9月26日にCDとカセットテープで発売。発売元はタイシタレーベル

世に万葉の花が咲くなり
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1991年10月 - 1992年8月
VICTOR STUDIO
猫に小判STUDIO
ジャンル ロック
ラップ[1]
ファンク[1]
ジャズ[1]
ブルース[1]
ラテン音楽[2]
ポップ[2]
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース 小林武史
サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(4週連続、オリコン[3]
  • 1992年度年間7位(オリコン)
  • オリコン歴代アルバムランキング99位
ゴールドディスク
サザンオールスターズ アルバム 年表
稲村ジェーン
1990年
世に万葉の花が咲くなり
(1992年)
HAPPY!
1995年
『世に万葉の花が咲くなり』収録のシングル
  1. シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
    リリース: 1992年7月18日
  2. 涙のキッス
    リリース: 1992年7月18日
テンプレートを表示

1998年5月22日2008年12月3日にはCDとして再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[5][6]

背景・制作編集

前作の『稲村ジェーン』から2年ぶりとなるアルバム作品である[7]

収録時間は73分であり、CD1枚に収められた。収録曲は16曲となり、2枚組の『KAMAKURA』を除き、オリジナルアルバムとしては当時自身最多の曲数であった[1]

1988年の「みんなのうた」を皮切りにシングル作品を中心にアレンジャーとして参加していた小林武史が本格的に参加し、編曲にもほぼ全般で加わっている[8][9]

本作の制作時期からレコーディングスタジオにコンピュータが導入され、今まで実現できなかった作業などができるようになった。また同時期に、桑田佳祐が普段使用している個人レコーディングスタジオ「猫に小判スタジオ」が作られている[10]

タイトルや歌詞には古から伝わる日本語日本文化への敬意が込められている[11]。このアルバムの制作の過程で桑田は『万葉集』を読み返しており、日本語独特の情緒や情報量の多さに興味を覚えながら「この言葉を我々はなくしていいのだろうか」といった懸念を感じていたという[12]

また、タイトルに関して「日本文化のルーツを遡り、さらにはその想いを、大陸まで馳せた結果なのかも知れない」といった推測もされている[11]

リリース編集

歌詞カードには、雑誌の切抜きを散りばめたようになっているが、これは実際に桑田が新聞や雑誌等の文字を切り抜き製作したものである。また、歌詞カードには漢文が記載されており、これは本作発売前に北京でライブを開催したことに対して、中国に敬意を払ったと推測されている[13]。また、北京公演にあたりサザンオールスターズ応援団(ファンクラブ)会員に送られた招待状には「日中の歴史の交流は数あれど、わらわの世代は音楽で、未来に微笑む顔と顔。北京ダックをご一緒に、世に万葉の花が咲くなり。平成の詩人」とこのアルバムのタイトルを交えたメッセージがしたためてあった[14]

1998年の再発時の初回プレスでは、LPジャケットを模した紙ジャケットで発売され、それに加え小林武史によるライナーノーツが封入されている。

再発売

ツアー編集

アルバムリリース直後に行われた全国ツアー『歌う日本シリーズ1992〜1993』の際に会場で販売されたパンフレットには、16曲をイメージした、16人のイラストレーターによる16枚のイラストと共に、桑田による曲の解説も記載された。

批評編集

プロデューサーの小林武史が本作の紙ジャケット発売時(1998年盤)にライナーノーツを掲載しており、「非常にクオリティの高いアルバム」と評価しつつ、その中で特に未だ新鮮さを失わない曲に「HAIR」「ブリブリボーダーライン」「亀が泳ぐ街」の3曲を挙げている。

亀田誠治はこの頃からの桑田の作風を仏教用語や熟語などのフレーズが登場するようになったと指摘し、「“純和風“になっていった」と評している[15]

受賞歴編集

チャート成績編集

本作はオリコン週間ランキングで4週連続1位を記録し、累計売上は179.4万枚(オリコン調べ)を記録した。オリジナル・アルバムとしては3作連続ミリオンセラーを記録した[3][17]日本レコード協会からはダブルミリオンに認定されている[4]

収録曲編集

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。
  1. BOON BOON BOON 〜 OUR LOVE [MEDLEY] (4:01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    メドレー楽曲。
  2. GUITAR MAN'S RAG (君に奏でるギター) (4:53)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    エリック・クラプトンへ捧げた内容の楽曲[1]
  3. せつない胸に風が吹いてた (4:23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    TBS特別番組39時間テレビ』テーマソング。
    アップテンポな楽曲。
    バラードベストアルバムバラッド3 〜the album of LOVE〜』にも収録されている。
  4. シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA (5:00)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    30枚目シングル。
  5. 慕情 (3:38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ/弦編曲:桑野聖
    スローテンポのバラード曲[13]
    アルバム『バラッド3 〜the album of LOVE〜』にも収録されている。
    桑田はこの楽曲のメロディが浮かんだ際に「部屋で震え上がった」と述べ、「神様がいるなら出てらっしゃい」と思ったことを公言している[13]
  6. ニッポンのヒール (3:51)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    歌唱法、歌詞ともにボブ・ディランを強く意識した楽曲[1]
  7. ポカンポカンと雨が降る (レイニー ナイト イン ブルー) (3:42)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    原由子ボーカル曲。
    研ナオコがアルバム『Ago あの頃へラブレター』でカバーしている[18]
  8. HAIR (4:54)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    3連リズムのバラード。イントロ無しのアコースティックギターの伴奏のみで始まるが、中盤からはストリングスブラス等が加わっていく。
    アルバム『バラッド3 〜the album of LOVE〜』にも収録された。
  9. 君だけに夢をもう一度 (4:56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    シングル「シュラバ★ラ★バンバ」のカップリング曲
  10. DING DONG (僕だけのアイドル) (4:02)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    アイドルを題材とした楽曲[1]
  11. 涙のキッス (4:44)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    「シュラバ★ラ★バンバ」と同発の31枚目シングル。
  12. ブリブリボーダーライン (3:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ/管編曲:村田陽一
  13. 亀が泳ぐ街 (7:04)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫
  14. ホリデイ ~スリラー「魔の休日」より (4:00)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    シングル「涙のキッス」のカップリング曲。
  15. IF I EVER HEAR YOU KNOCKING ON MY DOOR (4:40)
    (作詞:Tommy Snyder/作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & 桑田佳祐)
    全英語詞の楽曲。ア・カペラ曲で、桑田の声を重ねた多重録音で編集されている。基本的にア・カペラ曲であるが、曲の後部にはコンガの演奏、最後の部分で鐘の音の効果音が入って次曲に繋いでいる。
  16. CHRISTMAS TIME FOREVER (4:20)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    丸井「'92 ○|のクリスマス;」キャンペーンソング。
    クリスマスを題材した楽曲[1]
    1993年にはシングルとして「クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)」も発売している[19]

参加ミュージシャン編集

BOON BOON BOON 〜 OUR LOVE [MEDLEY]
GUITAR MAN'S RAG (君に奏でるギター)
  • 佐橋佳幸 - ギター
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
せつない胸に風が吹いてた
  • 佐橋佳幸 - ギター
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
慕情
ニッポンのヒール
  • 小倉博和 - ギター
  • 八木のぶお - ハーモニカ
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
ポカンポカンと雨が降る (レイニー ナイト イン ブルー)
  • 小倉博和 - ギター
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
HAIR
  • 根岸孝旨 - ベース
  • 山本拓夫 - バリトン & テノール・サクソフォーン、フルート
  • 荒木敏男 - トランペット
  • 村田陽一 - トロンボーン、ユーフォニアム
  • 桑野聖 - ヴァイオリン
  • 庭田薫 - ヴァイオリン
  • 大久保祐子 - ヴァイオリン
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション

君だけに夢をもう一度
  • 包国充 - テノール・サクソフォーン
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
DING DONG (僕だけのアイドル)
  • 佐橋佳幸 - ギター
  • 包国充 - テノール・サクソフォーン
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
涙のキッス
ブリブリボーダーライン
  • 山本拓夫 - バリトン & テノール・サクソフォーン、フルート
  • エリック宮城 - トランペット
  • 菅坡雅彦 - トランペット
  • 村田陽一 - ユーフォニアム
  • 竹野昌邦 - テノール・サクソフォーン
  • 佐藤潔 - チューバ
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
亀が泳ぐ街
  • 荒木敏男 - トランペット
  • 村田陽一 - ユーフォニアム
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
ホリデイ ~スリラー「魔の休日」より
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
CHRISTMAS TIME FOREVER
  • 小倉博和 - ギター
  • 少年少女合唱団みずうみ - コーラス
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション

カバー編集

※既発曲に関しては各ページを参照。

  • 慕情
2010年:Bank Band - アルバム『沿志奏逢3』収録。
  • BOON BOON BOON 〜 OUR LOVE [MEDLEY]
1993年:レオン・ライ - アルバム『夏日燒着了Remix』と『夏日傾情』に広東語詞で「夏日燒着了」という曲名で収録。
  • DING DONG (僕だけのアイドル)
1993年:サミー・チェン - アルバム『大報復』に広東語詞で「叮噹」という曲名で収録。
  • CHRISTMAS TIME FOREVER
1993年:アーロン・クオック - アルバム『Merry Christmas』に広東語詞で「Merry Christmas」という曲名で収録。
  • If I Ever Hear You Knocking on my Door
1994年:レオ・クー(古巨基) - アルバム『愛的解釋』に広東語詞で「愛的解釋」という曲名で収録。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p125
  2. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p149
  3. ^ a b 桑田佳祐、ソロ25年初のアルバムV3 オリコンスタイル 2015年7月18日閲覧。
  4. ^ a b The Record vol.442 p4 日本レコード協会 2020年10月13日閲覧
  5. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  6. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p122-125
  8. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p124
  9. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p121
  10. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p60
  11. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p52
  12. ^ 『サザンオールスターズデビュー40周年』エフエム群馬 2018年6月25日配信 2020年10月21日閲覧
  13. ^ a b c 歴史に名を成す最強作『世に万葉の花が咲くなり』。亀が泳ぐのが神保町なのは、意味あることなのである。 WHAT’s IN? tokyo 2020年1月11日配信, 2020年10月13日閲覧。
  14. ^ 【サザンオールスターズ40周年への轍】1992年 『南天群星』中国に渡る 紫禁城から生中継「史上3番目の快挙」に (2/2ページ)zakzak 2019年2月18日配信 2020年10月21日閲覧
  15. ^ 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」P94より。 角川書店 2011年。
  16. ^ 第34回日本レコード大賞 日本作曲家協会 2020年10月13日閲覧
  17. ^ サザンオールスターズ 売上別TOP10&主な記録 オリコン 2015年1月22日閲覧
  18. ^ 研ナオコ / Ago~あの頃へラブレター”. CDジャーナル. 2021年6月28日閲覧。
  19. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p150

外部リンク編集