世界の子どもにワクチンを 日本委員会

特定非営利活動法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(せかいのこどもにワクチンをにほんいいんかい、Japan Committee, Vaccines for the World's Children, 略称:JCV)は、民間のワクチン支援を行う慈善団体。日本委員会という名称であるが世界各国にあるわけではなく、日本のみである。創立者は元内閣総理大臣細川護熙の妻細川佳代子である。

特定非営利活動法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会
Japan Committee, Vaccines for the World's Children
創立者 細川佳代子
団体種類 特定非営利活動法人
設立 2006年7月1日
所在地 東京都港区三田四丁目1番9号
三田ヒルサイドビル8階
法人番号 4010005006269 ウィキデータを編集
起源 世界の子どもにワクチンを日本委員会(任意団体
活動地域 日本の旗 日本
主眼 世界の子どもへのワクチン支援に必要なワクチンの確保
感染症の完全予防の実現
活動内容 募金活動や情報の収集
標語 ワクチンで助かるちいさな命を救いたい。
ウェブサイト https://www.jcv-jp.org/
テンプレートを表示

1994年1月29日から活動を開始し、その後2006年7月1日特定非営利活動法人格を取得。活動の目標は「予防可能な感染症で命をおとす子ども達が数多くいる開発途上国に、ワクチンを供給すること」。ワクチン供与に特化した活動を行っていることが同法人の特徴である。

JCVによると、「1日約4,000人もの子どもたちが、予防可能な感染症にもかかわらず、ワクチンが行き届かないために5歳まで生きることができない[1]」としている。

活動内容編集

ワクチンの確保と供与活動のほか、そのための募金や情報の収集・普及啓発など。また、ボランティア活動(インターンの受け入れ・ニュースレターの発送等)の支援および推進などを行っている。日本委員会では、特にミャンマーラオスブータンバヌアツでのワクチン供与活動に力を入れている。

普及活動では、有名芸能人やスポーツ選手を起用し、実際に募金やボランティア活動に参加してもらいつつ、知名度と活動内容の周知活動を図っているほか、1994年度から2007年度までACジャパン(旧:公共広告機構)の支援CMでも寄付やボランティア参加を呼びかけていた。2012年度・2013年度にも支援CMが放送された。

起用された有名人編集

メディアへの出演編集

新聞編集

  • 毎日新聞(2017年9月6日「だいあろ~ぐ 東京彩人記」)
  • 産経新聞(2019年3月19日「TOKYOまち・ひと物語」)

テレビ編集

  • BS朝日(2022年6月30日「つながる絵本~for SDGs~」#163)

受賞編集

  • 2010年 第1回日本ファンドレイジング大賞
  • 2020年 第54回 社会貢献者表彰

参考文献編集

[脚注の使い方]
  1. ^ WHO/UNICEF予防接種報告」2006年調べ

外部リンク編集