メインメニューを開く

世界アマチュア囲碁選手権戦(せかいアマチュアいごせんしゅけんせん)は、世界各国の代表選手による囲碁のアマチュア世界一を決める大会。1979年から毎年開催される。プロ・アマチュア含めて、囲碁で最初の本格的な世界選手権でもある。

主催は開催国によって変わる。日本であると日本棋院、中国であると中国棋院、韓国であると韓国棋院、韓国アマチュア囲碁協会など。主管は国際囲碁連盟(IGF)、日本では外務省国際交流基金が後援し、関西棋院が協力する。

大会は第4回まではトーナメント戦で実施。第5回からはスイス式トーナメント方式で実施され、点数によって1位から全選手の順位が決定する。またフェアプレーや敢闘精神を讃えて、審判団より朝田ファイティング・スピリット賞が選ばれた。このほか特別賞や激励賞が存在する。

概要編集

第1回大会には15ヶ国が参加。1位から3位を聶衛平中国勢が独占する。日本安永一、鳴海直、菊池康郎村上文祥、今村文明、亀倉芳子の6名が参加し、村上が4位となる。

優勝者数は中国、日本、韓国香港の順である。1985年に中華台北が、1991年に北朝鮮シンガポールが参加する。1993年にオランダのR・シュレンペル選手が3位、2004年にフランスのベルンハルト・ヘルムステッター選手が4位、2008年にはアルゼンチンフェルナンド・アギラール選手が3位に入る。

第1回優勝の聶衛平など、中国においてプロ棋士制度が出来る前には国内最高レベルの選手が出場していたが、1982年にプロ棋士制度が開始されて以降は、純粋なアマチュア大会に移行する。日本のプロ棋士である坂井秀至陳嘉鋭らも、アマチュア時代に本大会で優勝経験がある。

毎年トーナメント以外にも交流企画がある。2000年の第22回は「仙台市開府400年記念・第22回世界アマチュア囲碁選手権戦&国際交流囲碁フェスティバル」として、国際交流囲碁フェスティバル協議会が主催、仙台市が後援に加わって開催。2001年の第23回は、日向蛤碁石まつりと同時に開催する。2005年の第26回大会は名古屋市で行われ、65ヶ国・地域の選手が参加、愛知万博の会場で地元のアマチュアと選手の交流対局も行う。

2008年の第29回には68ヶ国・地域の選手が参加。2009年の第30回は静岡県エコパアリーナで、静岡県、袋井市静岡新聞社静岡放送の後援などで開催、「囲碁による教育・福祉・生きがいまちづくりシンポジウム」も同時に開催された。2011年には『天地明察』作者冲方丁による文化講演会が行われ、また独特な布石を打ったポーランド代表のK.チュエドナ選手に武宮正樹審判長から武宮特別賞が贈られた。

2010年の第31回には、ドーピング検査を行う。

1998年の第20回開催時に歴代チャンピオン戦が行われ、1位劉鈞、2位今村文明となった。

2014年の第35回は初の韓国での開催となった。

成績編集

回次 年度 参加国数 優勝者 2位 3位 4位 開催地
1 1979 15  聶衛平  陳祖徳  陳嘉鋭  村上文祥 東京
2 1980 20  今村文明  陳嘉鋭  安永一  劉小光 東京
3 1981 24  邵震中  馬暁春  村上文祥  朴相燉 東京
4 1982 28  曹大元  楊晋華  平田博則  金哲中 東京
5 1983 29  馬暁春  三浦浩  今村文明  李揚 大阪市
6 1984 30  王群  劉昌赫  平田博則  R.シュレンパー 東京
7 1985 31  汪見虹  陳嘉鋭  菊池康郎  彭景華 東京
8 1986 34  陳嘉鋭  菊池康郎  宋雪林  金哲中 東京
9 1987 34  今村文明  兪斌  李寛哲  曽炳輝 北京市
10 1988 36  張文東  今村文明  R.シュレンパー・ 金哲中(同率3位) 東京
11 1989 38  車澤武  蔡文河  平田博則  李鶴容 名古屋市
12 1990 39  常昊  安官旭  三浦浩  L.ハイセ 広島市
13 1991 39  今村文明  夏銜譽  R.シュレンパー  朴成均 金沢市
14 1992 40  菊池康郎  李庸萬  韓啓宇  L.ハイセ 千葉市
15 1993 40  孫宜国  徐舜周  平田博則  周俊勲 福岡市
16 1994 43  平岡聡  周俊勲  王存  金世鉉 京都市
17 1995 44  平田博則  史泓奕  簡瑩  朴成均 東京
18 1996 46  劉鈞  平田博則  李庸萬  簡瑩 大町市
19 1997 46  劉鈞  坂井秀至  文栄三  林至涵 札幌市
20 1998 50  金燦佑  平岡聡  趙文東  周平強 東京
21 1999 55  兪在星  坂井秀至  李峰一  余承叡 大分市
22 2000 56  坂井秀至  朴虎吉  洪マルグンセム  周振宇 仙台市
23 2001 56  李岱春  金沢盛栄  D.M.リュウ  高根台 日向市
24 2002 62  付利  洪マルグンセム  菊池康郎  李峯一 高山市
2003 SARS問題により中止
25 2004 64  李康旭  頼宥丞  付利  B.ヘルムステッター 倉敷市
26 2005 65  胡煜清  趙大元  余承叡  徐仲輝 名古屋市
27 2006 68  平岡聡  唐韋星  趙大元  洪満基 佐世保市
28 2007 68  単子騰  禹東河  森洋喜  C.G.ポップ 東京
29 2008 68  河成奉  国宇征  F.アギラール  陳乃申 東京
30 2009 66  胡煜清  柳愼桓  陳乃申  葉罡廷 袋井市
31 2010 60  宋弘錫  王琛  趙大元  陳乃申 杭州市
32 2011 57  白宝祥  崔ウースー  E.ルイ  T.ドバル 松江市
33 2012 55  喬智健  李炫准  陳正勲  陳志軒 広州市
34 2013 56  崔顯宰  胡煜清  A.カチャノブスキ  I.シュクシン 仙台市
35 2014 54  詹宜典  魏太雄  王若然  陳乃申 慶州市
36 2015 57  金昌勳  胡傲華  頼均輔  陳志軒 バンコク
37 2016 54  白宝祥  金基伯  許家埕  A. Kravets 江蘇省無錫市
38 2017 49  白宝祥  リー・サンビン  頼宥丞  D.コー 貴州省貴陽市
39 2018 61  詹宜典  金相天  王琛  S.フレイラック 東京
40 2019 59  王琛  李宰成  陳乃申  A.イェン 松江市
記録
  • 最年少優勝 13歳 常昊(12回)、単子騰(28回)

(※)第31回は、国際囲碁連盟・中国棋院主催、中国棋院杭州分院共催

関連項目編集

外部リンク編集