世界エスペラント大会

世界エスペラント大会(せかいエスペラントたいかい、Universala Kongreso de Esperanto, UK)とは、世界エスペラント協会(UEA)の年鑑によれば、UEAの主催のもとエスペランティストの行う国際的デモンストレーションである。UKは、文化的祭典、全世界的討論の場、観光の祭典、およびUEAの諸機関の実務会合を兼ねる。

UEAは毎年異なる国で大会を開くことにより、エスペラント運動の地理的分布および組織的活動の能力を尊重しようとしている。

開催地を決定するのはUEA理事会である。UEA事務総長は大会に関連する文書に署名し、大きな役割を果たすが、ロッテルダム所在のUEA事務員である大会常任書記(Konstanta Kongresa Sekretario)がUKの日常業務を遂行する。開催地では、地元大会組織委員会(Loka Kongresa Komitato)が活動する。

大会全体のプログラムは年によって異なるものの、次のような主な行事が開かれることがUKの伝統的特徴である。

  • 大会テーマに沿って討論、講演、および、より多くの啓発的プログラムが行われる。とりわけ国際大会大学(Internacia Kongresa Universitato)のセッション、上演、語学講座は大会ホスト国とその文化に関する知識を提供する。この点については開催地付近および遠方の観光地への遠足も手助けとなる。
  • とても豊かな文化プログラム。豊富な娯楽・芸術的公演により、エスペラント界における文化生活の水準が示される。民族的夕べおよび国際的夕べ、クラシックおよび近代的音楽のコンサート、演劇・舞踏会が含まれる。この分野にはほかに芸術コンクール、「書籍の日」、「学校の日」、「平和の日」、書籍販売コーナーが含まれるのを通例とする。
  • 参加者は、エスペラントのさらなる普及の可能性およびその科学・経済学・文化・政治の分野での有用性について討論する。UEAの諸機関、UEA専門団体、およびその他のエスペラント団体の会議が開かれるほか、執行機関の選挙も行われる。

世界大会は、エスペラント運動の博覧会となることを目的とするとともに、エスペランティストでない人の間でのエスペラントの認知度を可能な限り向上させることをも目的とする。

参加者などからの寄付を受け付ける特別の基金が設置される。夏までにUEAの中央事務所に届いた寄付は、大会冊子に記載される。2001年には、盲人基金(盲人エスペラント運動を支援するため)、親基金(国際少年少女大会を補助するため)、第三世界基金(第三世界のエスペランティストの参加を補助するため)、一般基金(UKの開催全般を支えるため)が設置された。

歴史編集

大会に先立って1904年ドーバーカレーで会合が設けられ、翌1905年アルフレ・ミショーが主催してフランスのブローニュ=シュル=メールで第1回世界エスペラント大会が開催された。

初期のころは、大会ごとに次の大会の開催について決める方式をとっていた。ヘルシンキ方式が採用されていた1922年ごろから1932年ごろまでは国際中央委員会が大会を開催し、1933年からはUEAが開催している。1936年から1947年までの世界エスペラント協会お家騒動の期間は国際エスペラント連盟IEL)が開催していた。50周年を迎える1955年には第40回大会がイタリアボローニャで開かれ、第1回大会が開催されたブローニュ=シュル=メール姉妹都市となった。ブローニュ=シュル=メールでは2005年3月にも、第1回大会を記念する大会が開かれている。参加者数最大を記録したのはエスペラントの発表100周年を記念して1987年ワルシャワで開かれた第72回大会であり、正式参加登録者数は5,986名にのぼった。

日本では現在までに2回開催されている。日本最初の大会は1965年東京で開催された第50回大会である。日本で2回目の大会は2007年8月4日から8月11日に開催された第92回大会で、横浜市で開催された。開会式はみなとみらい21パシフィコ横浜で行われた。横浜での大会は日本エスペラント学会が日本でのエスペラント運動百周年(2006年)の記念事業として招致したものである。

過去および開催予定の大会のリスト編集

都市 参加者数
108 2023 トリノ   イタリア  
107 2022 モントリオール   カナダ  
106 2021 インターネット 当初はベルファストで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行によりインターネット上での開催に変更。  
105 2020 インターネット 当初はモントリオールで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行によりインターネット上での開催に変更。 1860[1]
104 2019 ラハティ   フィンランド 917[2]
103 2018 リスボン   ポルトガル 1567[3]
102 2017 ソウル特別市   韓国 1173[4]
101 2016 ニトラ   スロバキア 1252[5]
100 2015 リール   フランス 2698[6]
99 2014 ブエノスアイレス   アルゼンチン 706[7]
98 2013 レイキャヴィーク   アイスランド 1034[8]
97 2012 ハノイ   ベトナム 866[9]
96 2011 コペンハーゲン   デンマーク 1458[10]
95 2010 ハバナ   キューバ 1002[11]
94 2009 ビャウィストク   ポーランド 1860
93 2008 ロッテルダム   オランダ 1845
92 2007 横浜市   日本 1901
91 2006 フィレンツェ   イタリア 2209
90 2005 ヴィリニュス   リトアニア 2235
89 2004 北京市   中国 2031
88 2003 ヨーテボリ   スウェーデン 1791
87 2002 フォルタレザ   ブラジル 1484
86 2001 ザグレブ   クロアチア 1691
85 2000 テルアビブ   イスラエル 1212
84 1999 ベルリン   ドイツ 2712
83 1998 モンペリエ   フランス 3133
82 1997 アデレード   オーストラリア 1224
81 1996 プラハ   チェコ 2972
80 1995 タンペレ   フィンランド 2443
79 1994 ソウル特別市   韓国 1776
78 1993 バレンシア   スペイン 1863
77 1992 ウィーン   オーストリア 3033
76 1991 ベルゲン   ノルウェー 2400
75 1990 ハバナ   キューバ 1617
74 1989 ブライトン   イギリス 2280
73 1988 ロッテルダム   オランダ 2321
72 1987 ワルシャワ   ポーランド 5946
71 1986 北京市   中国 2482
70 1985 アウクスブルク   ドイツ 2311
69 1984 バンクーバー   カナダ 802
68 1983 ブダペスト   ハンガリー 4834
67 1982 アントウェルペン   ベルギー 1899
66 1981 ブラジリア   ブラジル 1749
65 1980 ストックホルム   スウェーデン 1807
64 1979 ルツェルン   スイス 1630
63 1978 ヴァルナ   ブルガリア 4414
62 1977 レイキャヴィーク   アイスランド 1199
61 1976 アテネ   ギリシャ 1266
60 1975 コペンハーゲン   デンマーク 1227
59 1974 ハンブルク   ドイツ 1651
58 1973 ベオグラード   ユーゴスラビア 1638
57 1972 ポートランド   アメリカ合衆国 923
56 1971 ロンドン   イギリス 2071
55 1970 ウィーン   オーストリア 1987
54 1969 ヘルシンキ   フィンランド 1857
53 1968 マドリード   スペイン 1769
52 1967 ロッテルダム   オランダ 1265
51 1966 ブダペスト   ハンガリー 3975
50 1965 東京都   日本 1710
49 1964 デン・ハーグ   オランダ 2512
48 1963 ソフィア   ブルガリア 3472
47 1962 コペンハーゲン   デンマーク 1550
46 1961 ハロゲイト   イギリス 1646
45 1960 ブリュッセル   ベルギー 1930
44 1959 ワルシャワ   ポーランド 3256
43 1958 マインツ   ドイツ 2021
42 1957 マルセイユ   フランス 1468
41 1956 コペンハーゲン   デンマーク 2200
40 1955 ボローニャ   イタリア 1687
39 1954 ハールレム   オランダ 2353
38 1953 ザグレブ   ユーゴスラビア 1760
37 1952 オスロ   ノルウェー 1614
36 1951 ミュンヘン   ドイツ 2040
35 1950 パリ   フランス 2325
34 1949 ボーンマス   イギリス 1534
33 1948 マルメ   スウェーデン 1761
32 1947 ベルン   スイス 1370
31 1939 ベルン   スイス 765
30 1938 ロンドン   イギリス 1602
29 1937 ワルシャワ   ポーランド 1120
28 1936 ウィーン   オーストリア 854
27 1935 ローマ   イタリア 1442
26 1934 ストックホルム   スウェーデン 2042
25 1933 ケルン   ドイツ 950
24 1932 パリ   フランス 1650
23 1931 クラクフ   ポーランド 900
22 1930 オックスフォード   イギリス 1211
21 1929 ブダペスト   ハンガリー 1200
20 1928 アントウェルペン   ベルギー 1494
19 1927 ダンツィヒ   自由都市ダンツィヒ 905
18 1926 エディンバラ   イギリス 960
17 1925 ジュネーヴ   スイス 953
16 1924 ウィーン   オーストリア 3400
15 1923 ニュルンベルク   ドイツ 4963
14 1922 ヘルシンキ   フィンランド 850
13 1921 プラハ   チェコスロバキア 2561
12 1920 デン・ハーグ   オランダ 408
11 1915 サンフランシスコ   アメリカ合衆国 163
10 1914 パリ   フランス 第一次世界大戦で中止
9 1913 ベルン   スイス 1203
8 1912 クラクフ   ポーランド 1000
7 1911 アントウェルペン   ベルギー 1800
6 1910 ワシントンD.C.   アメリカ合衆国 357
5 1909 バルセロナ   スペイン 1287
4 1908 ドレスデン   ドイツ 1500
3 1907 ケンブリッジ   イギリス 1317
2 1906 ジュネーヴ   スイス 1200
1 1905 ブローニュ=シュル=メール   フランス 688
  1. ^ https://vk.mondafest.net/aligxintoj/
  2. ^ https://uea.org/aktuale/komunikoj/2019/Rezolucio-de-la-104-a-Universala-Kongreso-de-Esperanto
  3. ^ https://uea.org/kongresoj/UK/2018/
  4. ^ https://uea.org/pdf/uk2017/Kandellumo_Verda_6.pdf/
  5. ^ https://uea.org/pdf/uk2016/Pribina6.pdf
  6. ^ Universala Esperanto-Asocio: "Fina statistiko de Lillo: 2698 aliĝintoj el 80 landoj".
  7. ^ Universala Esperanto-Asocio: "Rezolucio de la 99-a Universala Kongreso de Esperanto".
  8. ^ Universala Esperanto-Asocio: "La 98-a Universala Kongreso de Esperanto Archived 2013年5月3日, at Archive.is".
  9. ^ https://uea.org/pdf/uk2012/Loa!-5.pdf
  10. ^ Vikinga Voĉo, n-ro 6 (La kongresa Kuriero de la 96-a Universala Kongreso de Esperanto[リンク切れ].
  11. ^ Gazetaraj Komunikoj de UEA: N-ro 391 (2010-07-28)

外部リンク編集