世界カデ柔道選手権大会

世界カデ柔道選手権大会(せかいカデじゅうどうせんしゅけんたいかい)はIJFが主催するカデ(15歳から17歳)選手による世界選手権。2年ごとに開催される。

概要編集

本大会は2009年から開始された。 第1回大会は各階級で各国1人のみ出場できたが、第2回大会からは2人が出場できるようになった[1]。第3回大会からはこの大会に出場できる選手の年齢を、大会開催年の12月31日時点で15歳以上17歳未満から15歳以上18歳未満に変更することになった。さらに、男女ともに代表が最大で9名までに制限された[2]。なお、関節技の使用は認められる。また、絞め技で失神した選手はそれ以降の試合には出場できない[3]。この大会の優勝者には1500ドル、2位には800ドル、3位には400ドルが授与される。2014年からはシニアに続いてカデでも世界ランキングが創設されたことに伴い、2015年の大会からはこのランキングに基づいて各階級のシード選手が決定されることになった。また、団体戦も導入されることに決まった[4]。2015年の大会ではメダリストの他にそのコーチにも賞金が支給されることになった。個人戦の優勝者には1360ドル、そのコーチに340ドル、2位に680ドル、そのコーチに170ドル、3位に280ドル、そのコーチに70ドル。団体戦の優勝チームには4000ドル、2位に3000ドル、3位に2000ドル[5][6]。2020年の東京オリンピックで男女各3名の計6名による混合団体戦の実施が決まったことから、2017年の大会からは従来の男女別による5人制の団体戦ではなくオリンピックを見据えた混合団体戦が導入された。シニアでは6人制(男子73kg級、90kg級、90kg超級、女子57kg級、70kg級、70kg超級)だが、今大会では8人制(男子55kg級、66kg級、81kg級、81kg超級、女子44kg級、52kg級、63kg級、63kg超級)が採用された。一本勝ち(不戦勝、棄権勝ちを含む)が10点、技ありによる優勢勝ちが1点、指導差での勝利は0点に換算される。勝利数ないしは合計ポイントで同点の場合は無作為に選出された階級同士による代表戦となる。代表戦はGSから開始されるために、どちらかが先に技のポイントか指導3による反則勝ちを収めた時点で勝敗が決する[7][8]。2019年から開催国は各階級2名出場することが可能となった[9]。それまで2年おきの開催だった今大会は2020年8月にも開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となったものの、12月までに新たに開催する可能性が検討されている[10]

実施階級編集

個人戦
男子
50 kg 以下 50〜55 kg 55〜60 kg 60〜66 kg 66〜73 kg 73〜81 kg 81〜90 kg 90kg 超
女子
40 kg 以下 40〜44 kg 44〜48 kg 48〜52 kg 52〜57 kg 57〜63 kg 63〜70 kg 70kg 超
団体戦(2015年)
男子
60 kg 以下 60〜66 kg 66〜73 kg 73〜81 kg 81kg 超
女子
48 kg 以下 48〜52 kg 52〜57 kg 57〜63 kg 63kg 超

男女混合(2017年)

男子
55 kg 以下 55〜66 kg 73〜81 kg 81kg 超
女子
44 kg 以下 48〜52 kg 57〜63 kg 63kg 超

男女混合(2019年)

男子
60 kg 以下 60〜81 kg 81kg 超
女子
48 kg 以下 48〜63 kg 63kg 超

優勝者編集

男子編集

50kg級 55kg級 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 90kg超級
2009年  サハヴァト・ガドジエフ  藤澤征憲  高藤直寿  アルビ・ハムホエフ  ハサン・ハルムルザエフ  イ・ジェヒュン  五十嵐涼亮  アントン・クリボボコフ
2011年  永山竜樹  パブロ・スコプネンコ  大島優磨  ミハイル・イゴルニコフ  スレイマン・ヴィシェグロフ  ベカ・グビニアシビリ  グラム・ツシシビリ  田崎健祐
2013年  ナティグ・グルバンリ  バウイルザン・ザウインタエフ  大島拓海  コバ・ムチェドリシビリ  ザウル・ラマザノフ  ルイス・クリーバー=ガグノン  カレレン・パリアン  太田彪雅
2015年  アイボラト・イスティバイ  デニスラフ・イワノフ  古賀玄暉  ジョバンニ・エスポジト  バシリ・バラムパナシビリ  ファルク・ペテルシルカ  シメオン・カタリナ  ケマル・カイトフ
2017年  アルディ・デ・オリベイラ  ミフラク・アックス  カズベク・ナグチェフ  桂嵐斗  ラシャ・ベカウリ  エウゲン・マトベイシウク  エドゥアルド・セルバン  キム・ミンジョン
2019年  ヌルカナト・セリクバエフ  林崇佑  辻岡慶次  アブレク・ナグチェフ  アダム・コペツキー  大竹龍之助  ケニー・リブズ  イラクリ・デメトラシビリ

女子編集

40kg級 44kg級 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg以下級 70kg超級
2009年  ヴェネラ・ニジモワ  森下麻衣  遠藤宏美  リ・ニン  フラビア・ゴメス  田代未来  ヴァレリア・フェラーリ  ユ・ジヨン
2011年  タワニー・シルバ  イリーナ・ドルゴワ  近藤亜美  米澤夏帆  レベッカ・ブラウンニンゲル  池絵梨菜  アデリーヌ・ボルダ  朝比奈沙羅
2013年  山内穂乃花  鈴木茉莉  常見海琴  ジェシカ・クリムカイト  ジェニファー・シュビレ  ゲルチャーク・サビナ  マリー=エヴ・ガイエ  グスマリー・ガルシア
2015年  オルガ・ボリソワ  ダリア・ビロディド  ディヨラ・ケルディヨロワ  富沢佳奈  武田亮子  サンネ・フェルメール  カルラ・プロダン  素根輝
2017年  マリナ・ボロベワ  河端悠  ブリジタ・バルガ  セイヤ・バルハウス  キム・ジュヒ  結城彩乃  マルレネ・ガランディ  ヘレナ・ブコビッチ
2019年  ルカ・マミラ  メルベ・アザク  吉岡光  ベロニカ・トニオロ  江口凛  ハビベ・アフヨンル  アイ・ツノダ・ロウスタント  アンナ・サントス

国別団体戦編集

男子編集

開催年 優勝 2位 3位 3位
2015   日本
古賀玄暉
石郷岡秀征
渡邊神威
笹谷健
東部直希
  ロシア
アフメド・ボガティレフ
ムラド・チョパノフ
アラム・グリゴリアン
ムラド・クルバニスマイロフ
イナル・タソエフ
  ウズベキスタン
ベフルズ・アマンダフラトフ
ゴリビョン・スライモノフ
ジャスル・ソディコフ
シェルホン・トゥラボエフ
アロビディーン・ジュラクロフ
  ジョージア
ロビンゾン・ベグララシビリ
バグラティ・ニニアシビリ
ラシャ・ドゥダシビリ
ゴガ・ケフヒシビリ
ゲラ・ザアリシビリ

女子編集

開催年 優勝 2位 3位 3位
2015   日本
梅北眞衣
富沢佳奈
武田亮子
佐々木ちえ
髙久鈴花
  クロアチア
マテア・ブルレッチ
ティヘア・トポロベッチ
ドーラ・ボルタス
ルシヤ・バビッチ
カルラ・プロダン
  ロシア
エカテリーナ・ドルギフ
マルガリータ・シュライネル
ダンナ・ナグチェワ
アナスタシア・コリャデンコワ
エフゲニア・コンドラショワ
  フランス
アネ・モスディエール
リディア・ブドゥエア
マリーヌ・ジロー
アレクシア・ブガ
ドリーヌ・ンチャムポ

男女混合編集

開催年 優勝 2位 3位 3位
2017   ロシア
リリア・ヌグエワ
アルマン・ガムバリアン
ナタリア・エルキナ
カレン・ガルスチャン
ダリア・バシレワ
マンスール・ロルサノフ
ダリア・ブラディミロワ
ダビド・ババヤン
  ブラジル
ラウラ・フェレイラ
アリスティデス・ジュニオール
ニコレ・フランゾル
ペドロ・メデイロス
ガブリエラ・モラエス
マルセロ・ゴメス
ルイザ・クルス
レオナルド・サンタナ
  日本
河端悠
鷲見仁義
渡邉愛子
桂嵐斗
小林未奈
中矢遥香
板東虎之輔
米川明穂
森健心
  ジョージア
ルカ・カパナーゼ
エカテリーナ・タトゥナシビリ
ミヘイリ・バフバハシビリ
マリアム・チャントリア
ウラジーミル・アハルカトシ
ソフィオ・ソムヒシビリ
アレクシ・スビアニーゼ
2019   日本
吉岡光
佐藤優磨
矢澤愛理
大竹龍之助
八巻衣音
菅原光輝
  アゼルバイジャン
サビーナ・アリエワ
カムラン・スレイマノフ
アイタイ・ガルダシハンリ
ブガル・タリボフ
ナルミン・アミルリ
フセイン・マメドフ
  ロシア
アイナ・モイセーワ
リズバン・マゴマドフ
ザリナ・ズラエワ
ミハイル・アブデーフ
アレクサンドラ・ザギロワ
ノルダル・オノプリエンコ
  トルコ
ブケトヌル・カラブルト
ムハメド・デミレル
ハビベ・アフヨンル
ムサ・シメスク
ヒラル・オズトゥルク
ムニール・エルトゥグ

各国メダル数編集

国・地域
1   日本 32 14 23 69
2   ロシア 16 8 30 54
3   ドイツ 5 3 13 21
4   ジョージア 5 10 9 24
5   ブラジル 4 8 12 24
6   韓国 4 3 3 10
7   イタリア 3 6 7 16
8   フランス 3 4 10 17
9   ハンガリー 3 3 4 10
10   カザフスタン 3 2 9 14
11   トルコ 3 1 8 12
12   ウクライナ 2 6 8 16
13   オランダ 2 4 6 12
14   クロアチア 2 3 3 8
15   カナダ 2 0 2 4
16   アゼルバイジャン 1 7 4 12
17   ウズベキスタン 1 1 5 7
18   ルーマニア 1 1 4 6
19   チャイニーズタイペイ 1 1 0 2
20   ブルガリア 1 0 2 3
21   中国 1 0 1 2
  スペイン 1 0 1 2
  ギリシャ 1 0 1 2
  モルドバ 1 0 1 2
25   キューバ 1 0 0 1
  チェコ 1 0 0 1
27   ベルギー 0 2 6 8
28   北朝鮮 0 2 1 3
29   モンゴル 0 1 4 5
30   モンテネグロ 0 1 2 3
31   アルゼンチン 0 1 1 2
  ボスニア・ヘルツェゴビナ 0 1 1 2
  ポーランド 0 1 1 2
34   ブルガリア 0 1 0 1
  フィンランド 0 1 0 1
  ラトビア 0 1 0 1
  ベネズエラ 0 1 0 1
38   オーストリア 0 0 4 4
39   イギリス 0 0 3 3
40   ベラルーシ 0 0 2 2
  スロベニア 0 0 2 2
  タジキスタン 0 0 2 2
43   アルメニア 0 0 1 1
  デンマーク 0 0 1 1
  イラン 0 0 1 1
  イスラエル 0 0 1 1
  キルギス 0 0 1 1
  セルビア 0 0 1 1
  チュニジア 0 0 1 1

カデ及びジュニア双方の世界大会で優勝した選手編集

階級  優勝選手  国籍 世界ジュニアの優勝年
第1回大会(2009年) 5名
男子50kg級 サハヴァト・ガドジエフ   ロシア 2011年世界ジュニア
男子60kg級 高藤直寿   日本 2011年世界ジュニア
男子90kg超級 アントン・クリボボコフ   ロシア 2013年世界ジュニア
女子48kg級 遠藤宏美   日本 2011年世界ジュニア
女子63kg級 田代未来   日本 2010年世界ジュニア
第2回大会(2011年) 5名
男子50kg級 永山竜樹   日本 2015年世界ジュニア
男子81kg級 ベカ・グビニアシビリ   ジョージア 2013年世界ジュニア
女子44kg級 イリーナ・ドルゴワ   ロシア 2013年世界ジュニア
女子48kg級 近藤亜美   日本 2014年世界ジュニア
女子70kg超級 朝比奈沙羅   日本 2014年世界ジュニア
第3回大会(2013年) 1名
女子63kg級 ゲルチャーク・サビナ   ハンガリー 2015年世界ジュニア
第4回大会(2015年) 3名
女子44kg級 ダリア・ビロディド   ウクライナ 2018年世界ジュニア
女子57kg級 武田亮子   日本 2018年世界ジュニア
女子70kg超級 素根輝   日本 2017年世界ジュニア
第5回大会(2017年) 1名
男子73kg級 ラシャ・ベカウリ   ジョージア 2018年世界ジュニア

(出典[11]JudoInside.com)。

カデ及びシニア双方の世界大会で優勝した選手編集

階級  優勝選手  国籍 シニアの世界大会優勝年
第1回大会(2009年) 2名
男子60kg級 高藤直寿   日本 2013年世界選手権
男子73kg級 ハサン・ハルムルザエフ   ロシア 2016年リオデジャネイロオリンピック
第2回大会(2011年) 1名
女子48kg級 近藤亜美   日本 2014年世界選手権
女子78kg超級 朝比奈沙羅   日本 2017年世界選手権(無差別)
第3回大会(2013年) 1名
女子70kg級 マリー=エヴ・ガイエ   フランス 2019年世界選手権
第4回大会(2015年) 2名
女子44kg級 ダリア・ビロディド   ウクライナ 2018年世界選手権
女子70kg超級 素根輝   日本 2019年世界選手権

(出典[11]JudoInside.com)。

カデ、ジュニア及びシニアの世界大会で優勝した選手編集

階級  優勝選手  国籍 ジュニアの世界大会優勝年 シニアの世界大会優勝年
第1回大会(2009年) 2名
男子60kg級 高藤直寿   日本 2011年世界ジュニア 2013年世界選手権
第2回大会(2011年) 1名
女子48kg級 近藤亜美   日本 2014年世界ジュニア 2014年世界選手権
女子78kg超級 朝比奈沙羅   日本 2014年世界ジュニア 2017年世界選手権(無差別)
第4回大会(2015年) 2名
女子44kg級 ダリア・ビロディド   ウクライナ 2018年世界ジュニア 2018年世界選手権
女子70kg超級 素根輝   日本 2017年世界ジュニア 2019年世界選手権

(出典[11]JudoInside.com)。

同一年に同一国の選手がカデ、ジュニア、シニア全ての世界大会で優勝したケース編集

階級  国籍  世界カデ   世界ジュニア 世界選手権
2009年
女子63kg級   日本 田代未来 山本小百合 上野順恵
2011年
女子48kg級   日本 近藤亜美 遠藤宏美 浅見八瑠奈
女子52kg級   日本 米澤夏帆 宮川拓美 中村美里
2015年
女子57kg級   日本 武田亮子 舟久保遥香 松本薫

(出典[11]JudoInside.com)。

優勝者の年齢編集

Category 男子 女子
最年少優勝
最年長優勝

(出典[11]JudoInside.com)。

同一国の選手同士による決勝対決編集

階級  国籍  優勝選手 2位
第2回大会(2011年)
男子90kg以下級   ジョージア グラム・ツシシビリ シャルバ・チョチェリ
第3回大会(2013年)
男子90kg以下級   ロシア カルレン・パリャン ショータ・バニエフ
第4回大会(2015年)
男子90kg超級   ロシア ケマル・カイトフ イナル・タソエフ
第6回大会(2019年)
男子90kg超級   ジョージア イラクリ・デメトラシビリ ギガ・タチアシビリ

開催地一覧編集

月日 開催都市
2009年 8月6 - 9日   ハンガリー ブダペスト
2011年 8月11 - 14日   ウクライナ キエフ
2013年 8月8 - 11日   アメリカ合衆国 マイアミ
2015年 8月5 - 8日   ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエボ
2017年 8月9 - 13日   チリ サンティアゴ
2019年 9月25 - 29日   カザフスタン アルマトイ
2020年 '   トルコ イスタンブール

(出典[11]JudoInside.com)。

年齢詐称疑惑など編集

  • 2009年大会の73kg級で優勝したロシアのハサン・ハルムルザエフは1993年10月9日生まれということになっていたが、実際はそれより3年早く生まれているという疑惑が浮上した。今大会は大会開催年の12月31日時点で男女とも15歳以上17歳未満の選手がカデ年齢と規定されているため、もしその疑惑が事実なら、今大会においてハルムルザエフに出場資格はなく、規定違反に該当することとなる。なお、ハルムルザエフは当初2013年のヨーロッパジュニアに出場予定だったが、年齢詐称疑惑が浮上したことにより、ロシアチームはハルムルザエフの出場を見合わせることになった[12][13]
  • 2019年大会の女子52㎏級初戦で地元カザフスタンのアヤナ・サトキナリエワがタジキスタンのアフリヤ・ムミノワと対戦した際に、スマホを畳に持ち込んだことが開始早々に発覚して反則負けとなった[14]

脚注編集

外部リンク編集