世界サウナ選手権

世界サウナ選手権(せかいサウナせんしゅけん World Sauna ChampionshipsまたはSauna World Championships)は、サウナ風呂発祥の地、フィンランドヘイノラ1999年から2010年まで開催されていた我慢大会。

概要編集

摂氏110度のサウナの中で、どれだけ我慢ができるか競う大会であった。 1999年から毎年8月に開催され、当初は地域的なお祭りであったが、徐々に世界各地から参加者が増加して国際色豊かな大会となった。後述の死亡事故以来大会は行われていない。

日本人出場者編集

日本からは、2007年、テレビ東京の番組『大和魂』の企画で諸星和己が参加している[1]

死亡事故編集

2010年8月7日、男性の部決勝戦で、連覇がかかったフィンランド人とロシア人男性が倒れ、病院へ搬送後、ロシア人が死亡した。このニュースは、AFP[2]CNN[3]で配信され、結果的に知名度を高めることとなった。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ フィンランド「サウナ我慢世界選手権」 - テレビ東京
  2. ^ フィンランドのサウナ我慢大会で死者(2010年08月08日11:14、AFP.BB.News)
  3. ^ サウナ我慢大会で出場者が死亡(2010.08.09at:09:51、CNN)