メインメニューを開く

4年毎に開催されるソフトテニスの世界選手権

目次

概要〜発生と歴史〜編集

世界ソフトテニス選手権(せかいソフトテニスせんしゅけん)は、1973年まで9回開催されたアジア選手権が元となって、1975年に国際軟式庭球連盟(ISTF)(創立時の加盟国:日本韓国、中華民国(台湾)、アメリカベネズエラブラジル香港)が創立された年から開催されているソフトテニスの世界選手権。第1回世界選手権はアメリカハワイ州にて開催された。

  • アジア選手権は1955年日本韓国台湾の三カ国によって「アジア軟式庭球連盟」が設立され、同連盟により1956年に3カ国対抗により開催された大会。なお、1988年には新生アジア選手権が名古屋市で開催され、4年ごとに開催されている。
  • 世界選手権は1987年までは2年毎に、1991年以降は4年毎に開催され(1989年は中止)、2007年で13回を数え、同年9月に韓国・安城で開催された第13回世界選手権には42カ国に及ぶの国と地域からの参加があった。
  • 2019年開催の第16回大会が初めて中国大陸で開催予定[1]

種目編集

  • 第一回〜第九回までは男子国別対抗団体戦、女子国別対抗団体戦、男子ダブルス、女子ダブルスの4種目。
  • 第十回から男子シングルス、女子シングルスが追加され6種目に、さらに第十二回大会よりミックスダブルスが追加され7種目となった。

チャンピオン編集

    開催地 男子国別
対抗戦
女子国別
対抗戦
男子
ダブルス
女子
ダブルス
男子
シングルス
女子
シングルス
ミックス
ダブルス
備考
15 2015年    インド
ニューデリー
日本 韓国 イスヨル
パクキュチョル
(韓国)
キムエーギョン
チュオク
(韓国)
キムジンウン
(韓国)
キムジヨン
(韓国)
キムエーギョン
パクキュチョル
(韓国)
 
14 2011年    韓国
聞慶市
韓国 韓国 菅野創世
中本圭哉
(日本)
佐々木舞
大庭彩加
(日本)
キム・ドンフン
(韓国)
キムエーギョン
(韓国)
キムキョンリョン
キムテジョン
(韓国)
 
13 2007年    韓国
安城市 (京畿道)
日本 韓国 キムジェボク
キムヒースー
(韓国)
キムキョンリョン
イキョンピョ
(韓国)
キムジェボク
(韓国)
キムチウン
(韓国)
キムチウン
ヤントンフン
(韓国)
 
12 2003年    日本
広島市
中華台北(台湾) 韓国 キムボブヒョン
バンジュンハン
(韓国)
パクヨンヒ
キムミョンヒ
(韓国)
バンジュンハン
(韓国)
河野加奈子
(日本)
パクヨンヒ
キムキョンハン
(韓国)
降雨のため男子団体決勝、女子団体決勝の2試合(ともに韓国vs.台湾)が室内ハードコートで開催。
11 1999年    中華台北(台湾)
桃園市
中華台北(台湾) 中華台北(台湾) シェフェンファン
チンシンエン
(中華台北)
上沢恵里
裏地美香
(日本)
キムキョンハン
(韓国)
ワンスーチン
(中華台北)
   
10 1995年    日本
岐阜市
日本 韓国 北本英幸
斎藤広宣
(日本)
金・朴
(韓国)
チャンハンソク
(韓国)
--(中国)    
9 1991年    韓国
ソウル市
韓国 日本 チャンハンソク
イスクウ
(韓国)
徳永
定本
(日本)
       
8 1989年    中華台北(台湾)
台中市
中止 いわゆる『一つの中国』問題でキャンセルされた大会。当時アジア競技大会への参加に力が注がれており代替国が特定できず
7 1987年    韓国
ソウル市
韓国 日本 キムソンスウ
チャンボンフン
(韓国)
桜井
塩崎
(日本)
6 1985年    日本
名古屋市
中華台北(台湾) 日本 リュウホンユウ
ライユンピョウ
(中華台北)
文違
日比野
(日本)
ザイールがアフリカ勢として初めて参加。男子は台湾、女子は日本が個人戦で上位を独占、団体優勝と完全優勝を果たす。
5 1983年    台湾
台中市
韓国 日本 沖田
桜井
(日本)
パンエイヨン
コージェースン
(韓国)
4 1981年    アメリカ
ハワイ州ヒロ市
日本 日本 木口
横江
(日本)
吉留
松本
(日本)
3 1979年    韓国
テグ市
日本 韓国 井伊
稲垣
(日本)
パンエイヨン
コージェースン
(韓国)
2 1977年    台湾
台中市台南市
日本 韓国 木之村
大木
(日本)
パンエイヨン

(韓国)
1 1975年    アメリカ
ホノルル市
日本 韓国 西田
時安
(日本)
パク

(韓国)

脚注編集

参考文献編集

日本庭球史 軟庭100年 日本ソフトテニス連盟発行