世界ツーリングカー選手権

世界ツーリングカー選手権(せかいツーリングカーせんしゅけん、World Touring Car Championship、WTCC)は、国際自動車連盟 (FIA) が開催していた、ツーリングカーによるレースの名称である。

世界ツーリングカー選手権
カテゴリ ツーリングカー
国・地域 国際
開始年 1987年
終了年 2017年
コンストラクター 2
タイヤ
サプライヤー
ヨコハマADVAN
最終
ドライバーズ
チャンピオン
スウェーデンの旗 テッド・ビョーク
最終
マニュファクチャラーズ
チャンピオン
スウェーデンの旗 ボルボ
公式サイト fiawtcc.com
Motorsport current event.svg 現在のシーズン
2015年WTCCロシアGP

概要編集

ツーリングカー(市販車改造車)による世界選手権(WTC)は1987年に初開催されており、当時はグループA車両によるセミ耐久レース(500km、スパ・フランコルシャンのみ24時間レース)であった。しかし運営面、規則面でトラブルが多発し、わずか1年で崩壊した。

その後2001年から2004年までヨーロッパツーリングカー選手権(ETCC)の名称で開催されていたスプリントレースが、2005年からFIAにより再び世界選手権のタイトルが懸けられた。マカオグランプリの併催レースである「ギア・レース」も選手権の一戦として組み込まれていた。他のレースに比べて激しいぶつかり合いが許容されていたため「ケンカレース」[1]や、「格闘技レース」[2]と呼ばれ、ブランパンGTシリーズの主催者であるステファン・ラテルも「ぶつかりたいならWTCCへ行け」と公に発言するほどであった[3]。ただし、大規模な空力パーツが装着されるようになったTC1規定以降はぶつかり合いによるリスクが大きくなったため、従来ほどの激しさはなくなっていた。

興行面ではサーキットへの観客動員よりもテレビ中継を重視していて、基本的に欧州でのテレビ放映権を持つユーロスポーツによる放送に合わせてタイムスケジュール等がパッケージ化されているのが特徴。そのため観客動員が少なくても興行としての採算が取りやすい構造になっている[4]

しかし開幕直後にリーマン・ショックによる経済状況の悪化と、マーケティング面での効果を疑問視されてマニュファクチャラー(ワークスチーム)の撤退が相次ぎ、2011年はシボレー1社のみとなった。その後ホンダラーダシトロエンボルボが参入し巻き返したかに思われたが、結局シボレー、ラーダ、シトロエンが撤退して2017年はボルボ・ホンダのみになった。また2015年に誕生した、プライベーターのカスタマー向けツーリングカーのTCR規定によるカテゴリが隆盛していることもあって、世界選手権としては2017年を持って終了した。2018年からはワールドカップに格下げされ、TCRマシンとプライベーターチームのみで争われる世界ツーリングカーカップ(WTCR)に移行した[5]。なお、市販車ベースのカテゴリで最高峰のマニュファクチャラーが多数撤退→格下の、安価なプライベーター向けカスタマーカーによるカテゴリが大隆盛→世界選手権消滅でカスタマーカーが最高峰に取って代わるという流れは、FIA GT1世界選手権およびFIA GT選手権と酷似している。

参戦メーカー編集

F1と異なり、プライベーター供給されているマシンが多いのが特徴である。2017年にマニュファクチャラー(ワークス)登録で参戦していたのはホンダボルボのみで、シトロエンラーダシボレーはインディペンデントチームで参戦していた。

かつてはBMWアルファロメオセアトなどの他、プライベーターがフォード車を改造して参戦していた。

またプライベーターチームとそのドライバーには、WTCCトロフィー(ヨコハマトロフィー)が設定された。

車両規定編集

かつてはスーパー2000規定により改造範囲を厳しく制限された4シーターの市販車によって行われたが、2014年からはスーパー2000の特例となるTC1規定に移行し、大規模な空力開発が可能となった。また従来のスーパー2000車両はTC2と呼ばれ、TC1導入後も僅かながらプライベーターが使用した。

重量ハンデキャップ制が採用されており、レース毎に運営に指定されたウェイト(最大80kg)を積まなければならない。

搭載するエンジンは、GRE(グローバル・レース・エンジン)の1.6Lターボエンジンで、2013年以前は33mm、2014年以降は36mmの燃料リストリクターを装着する。以前は市販エンジンを改造した2.0L NA ガソリンエンジンのみであり、現在も規則上は使用が可能であるが、戦闘力に劣るため採用されていない。また市販エンジンを改造した2.0L ターボディーゼルエンジンの使用も認められていたことがある。

タイヤは当初1年ごとにタイヤメーカーの入札を行いワンメイクのメーカーを選ぶ仕組みとなっていて、2005年はミシュラン、2006年は横浜ゴムが選ばれた。その後FIAのタイヤメーカー選定方針に変化が生じたため、2007年以降シリーズ終了まで10年以上横浜ゴムのワンメイクが継続されていた[6]

競技進行編集

予選はF1同様に1周の最速タイムを競い、Q1〜Q3までのノックアウト方式で行われる。Q3の上位5台には、1位から5-4-3-2-1とドライバーズポイントが付与される。

予選が終了した後、MAC3というイベントが開催される。これはマニュファクチャラーズタイトルを争うチームのみが参加できるタイムアタックで、同一マシンが3台で連なる様に走って2周の合計タイムを計測、その順位に応じてマニュファクチャラーズポイントが加算される競技である。

決勝はオープニングレースとメインレースの2レース制。オープニングレースはQ2のトップ10のリバースグリッドでスタートする。オープニングレースが終了して、表彰式と15分の修復時間が与えられた後にQ3までの予選結果が反映されたグリッドでメインレースがスタートする。2017年から、オーバーテイクの難しい市街地では、ラリークロス同様ジョーカーラップと呼ばれる回り道が採用されており、レース中1度はここを通らなければならない。このジョーカーラップをいつ消化するかが勝敗のカギを握る。

過去のレースフォーマット編集

フォーマットやポイントシステムは時代によって様々に変化している。かつては予選は1次予選(Q1)、2次予選(Q2)の2回で行われた。第2レースのスタート順にはリバースグリッドが採用され、2次予選の上位10位のドライバーが、第2レースでは逆順に並んでスタートした(つまりQ2で10位のドライバーがポールポジションからスタートする)。また2007年シーズンより第1レースのスタートに際してローリングスタートが採用されてた。通常のスタンディングスタートが採用されていた前年までの開催において、FF車両のスタート加速がFR車両に対して明らかに不利となるケースが目立ったための救済措置ではあるものの、リバースグリッドの第2レーススタートに際してはスタンディングスタートのままであった。

ポイントシステム編集

タイトルは総合のドライバーズ選手権、ワークスチーム向けのマニュファクチャラーズ選手権の他に、インディペンデントチームのドライバー・チーム向けにWTCCトロフィーが用意されている。

ドライバーズ選手権編集

順位  1st   2nd   3rd   4th   5th   6th   7th   8th   9th   10th 
オープニングレース 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1
 メインレース 30 23 19 16 13 10 7 4 2 1

この他予選Q3での順位に応じて、5-4-3-2-1ポイントが与えられる。

マニュファクチャラーズ選手権編集

各マニュファクチャラーチームのうち、各イベントの上位2名がポイント対象となる。順位ポイントはドライバーズ選手権と同様。例えば3マニュファクチャラーが参戦している場合上位2名のみが対象なので3×2名=6名の順位でポイントが加算される。つまりメインレースであるチームの3名が最後尾を独占してしまっても、完走さえすれば5位+6位=23ポイントは入手することができる。ただしリタイアが2名以上出てしまうとその分はノーポイントとなってしまうため苦しくなる。

この他メインレースの各チーム上位2名の予選順位に応じて各ドライバーのマニュファクチャラーポイントに5-4-3-2-1、MAC3の順位に応じてマニュファクチャラーに12-8-6ポイントがそれぞれ加算される。

WTCCトロフィー編集

順位  1st   2nd   3rd   4th   5th   6th   7th   8th 
WTCCトロフィー 10 8 6 5 4 3 2 1

ドライバー、チーム共に上の表に基づいてポイントが加算される。ドライバートロフィーはこれに加えてファステストラップと、ポイント対象者内の予選最上位者にも1ポイントずつ加算される。チームトロフィーは、各チームの上位1名がポイント対象となる。

歴代チャンピオン編集

ドライバーズ マニュファクチャラーズ
1987年   ロベルト・ラヴァーリア   フォード・テキサコ・R.T
2005年   アンディ・プリオール   BMW
2006年   アンディ・プリオール   BMW
2007年   アンディ・プリオール   BMW
2008年   イヴァン・ミュラー   セアト
2009年   ガブリエル・タルキーニ   セアト
2010年   イヴァン・ミュラー   シボレー
2011年   イヴァン・ミュラー   シボレー
2012年   ロバート・ハフ   シボレー
2013年   イヴァン・ミュラー   ホンダ
2014年   ホセ・マリア・ロペス   シトロエン
2015年   ホセ・マリア・ロペス   シトロエン
2016年   ホセ・マリア・ロペス   シトロエン
2017年   テッド・ビョーク   ボルボ

日本開催編集

日本におけるツーリングカーレースの世界選手権はWTC時代の1987年、富士スピードウェイインターTECに選手権タイトルが懸けられ開催された。この年の富士では世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)次ぐ2つめの世界選手権レースであり、さらに鈴鹿サーキットF1も含め、3つの異なる世界選手権が日本で開催されたのである。

2005年にWTCCとして世界選手権が復活してから、2008年からは岡山国際サーキットで開催されることになった。岡山では1994年と1995年にF1開催実績(パシフィックGPとして)があり、それ以来の世界選手権となる。2011年には、鈴鹿サーキットの東コースで初めてWTCCが開催された。なお、2.243kmの東コースは2011年にWTCCが開催されるサーキットとしては最短であった。2014年は初めてフルコースで開催されたが、2015年からはツインリンクもてぎに開催地が変更されている。

この他、岡山では1996年に国際ツーリングカー選手権(ITC)が開催されることになっていたが、直前にキャンセルされたことがある。なお、ITCは1996年に鈴鹿で、FIA-GT選手権は1997 - 1998年に同じく鈴鹿で開催されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集