メインメニューを開く

世界ブラスナックル王座

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

世界ブラスナックル王座(せかいブラスナックルおうざ)は、かつてFMWが認定・管理していたプロレスのタイトルである。

FMWのシングル王座としては、「WWA世界ブラスナックル王座」及び「WFDA世界マーシャルアーツ王座」の流れを汲むものであり、特に、一旦封印状態にあった、前者の新装復活版ともいえる。

FMWがエンターテイメント路線を導入する前、一時期「インディペンデント・ワールド・世界ヘビー級王座」と併せる形で「FMW二冠統一王座」としていた。

目次

来歴編集

1993年、当時はW★INGプロモーションに所属していたミスター・ポーゴが、突如FMWの会場に単身で乱入。その直前に大仁田厚が、離脱者の復帰も想定しての「FMWマットのオープン化」を宣言しており、それに呼応した形でのUターンとみられたが、「大仁田のことが本当に憎くて仕方がない」とするポーゴは、大仁田に早速一騎討ちを迫った。

これに対し大仁田は、休眠状態にあったWWAブラスナックル王座のベルトを持ち出し、ベルトと並んで記者会見を行う。その席上で大仁田は、ポーゴの挑戦を受けると共に、「ポーゴとの闘いのために、WWAブラスナックルのベルトを復活させてもいい」と発言。

大仁田とポーゴの久々の一騎討ちは早速、同年7月24日に福岡県北九州市・ベイスクエアにて『ノーロープ有刺鉄線バリケードマット電流地雷爆破ダブルヘルデスマッチ』として実現。この時、大仁田のセコンドについたミスター珍がリングに乱入、ポーゴが珍を爆破装置付きの有刺鉄線に叩き込む事態が起きる。かくして増幅された遺恨を引きずる形で、大仁田とポーゴが再度、同年8月22日に、観客動員の面で苦戦していた関西地方で行うビッグマッチの目玉として、阪急西宮スタジアムで対決することが緊急決定、さらにこの試合は、『有刺鉄線電流地雷監獄リング時限爆破デスマッチ』、そして『世界ブラスナックル王座決定戦』として行われることになった。

西宮での一騎討ちを制して初代王者となった大仁田は、ポーゴとの因縁が再燃。1995年5月の引退まで大仁田は、この新王座を通じ、ポーゴとの遺恨清算に身を費やすこととなった。

王座決定戦の際にはチャンピオンベルトが無く、しばらくベルトが不在の状態が続いたが、後日になってようやく、1970-80年代に使われたNWA世界ヘビー級王座のデザインを模した[1]ベルトが新調された。皮肉にもこの新しいベルトを初めて手にしたのは、大仁田を破ったポーゴだった。

その後も大仁田は、時に「ポーゴ大王」という化身まで投入しての、ポーゴの残忍な攻撃に幾度も苦杯を嘗めることになったが、引退試合前日となった1995年5月4日、“最後の一騎討ち”として行ったタイトルマッチで、火炎殺法を返す奥の手で王座を奪還、遺恨にひとまずの決着をつける。そして翌5月5日、ヘビー級へ転身したハヤブサとの、『ノーロープ有刺鉄線金網電流爆破時限爆弾デスマッチ』を、急きょ当王座も賭けた引退試合として行い勝利、有終の美を飾った。

空位となった王座は、大仁田からエースの座を託されたハヤブサが手中に収め、以降しばらくは、『新生FMW』と呼ばれた新路線において、唯一のヘビー級のシングル王座として機能していくこととなった。

歴代王座編集

レスラー 戴冠回数 戴冠日 獲得した場所・その他
初代 大仁田厚 1 1993年8月22日 阪急西宮スタジアム
ミスター・ポーゴ
第2代 ミスター・ポーゴ 1 1994年1月6日 東京
第3代 大仁田厚 2 1994年9月7日 札幌
第4代 ミスター・ポーゴ 2 1995年1月21日 仙台
第5代 大仁田厚 3 1995年5月4日 愛知県武道館
翌日引退のため王座返上[2]
第6代 ハヤブサ 1 1995年6月27日 後楽園ホール
大矢剛功 試合後王座返上
第7代 ザ・グラジエーター 1 1995年9月26日 後楽園ホール
ハヤブサ 1996年1月15日負傷のため王座返上
第8代 スーパー・レザー 1 1996年2月23日 後楽園ホール
大矢剛功
第9代 ザ・グラジエーター 2 1996年5月27日 福岡[3]
第10代 田中将斗 1 1997年9月28日 川崎球場
第11代 ミスター雁之助 1 1998年1月6日 後楽園ホール
第12代 ハヤブサ 2 1998年4月30日 横浜文化体育館
第13代 冬木弘道 1 1998年11月20日 横浜文化体育館
第14代 金村ゆきひろ 1 1999年5月18日 東京[4]
第15代 ハヤブサ 3 1999年8月23日 後楽園ホール
8月25日王座封印

脚注編集

  1. ^ 1973年作成の、角ばったデザインのものを模した。“本家”においてバックルの中央近くに描かれた「地球」の部分に、人間の「拳骨」が描かれている。
  2. ^ 引退試合の対ハヤブサ戦でも行われた。
  3. ^ 12月11日W★ING金村を破り、FMW二冠統一王座となる。
  4. ^ 冬木が肩を負傷したため、王座が授与され再び単独の王座になる。

外部リンク編集