メインメニューを開く

FIA 世界ラリークロス選手権(エフアイエー せかいラリークロスせんしゅけん、FIA World Rallycross Championship, 通称:WorldRXWRX)は、国際自動車連盟 (FIA) が主催しIMGモータースポーツがプロモートする、ラリークロス世界選手権である。なお当選手権の派生元であり併催シリーズの欧州ラリークロス選手権も、世界ラリークロス選手権の公式ホームページでは下位クラス同様に扱われているため[1]、本記事ではこちらについても扱う。

世界ラリークロス選手権
カテゴリ オフロード
国・地域 国際
開始年 2014年
タイヤ
サプライヤー
クーパー
ドライバーズ
チャンピオン
スウェーデンの旗 ヨハン・クリストファーソン
チーム
チャンピオン
スウェーデンの旗 PSRX・フォルクスワーゲン・スウェーデン
公式サイト www.rallycrossrx.com
Motorsport current event.svg 現在のシーズン
2018年ポルトガル戦

概要編集

北米のGRC(グローバル・ラリークロス)の成功に端を発するラリークロス人気の高まりを受け、1973年から開催されていたFIA 欧州ラリークロス選手権(Euro RX、ERX)が発展し、2014年から世界選手権に昇格された。欧州を中心に開催され、年間12〜13戦で総合優勝を争う。

日本では知名度は低いが、ヨーロッパの一部地域ではWRCを凌ぐ人気があるとされている。2018年には北米でも同一プロモーターによりARXシリーズが立ち上げられた[2]

参戦プライベーターは単にメーカーのカスタマー供給を受けるより、独自にマシンを開発するところが多い。そのためベース車両が同じでも、チームが違えば仕様も異なる。また他のFIA世界選手権とは異なり、製造者(マニュファクチャラー/コンストラクター)ではなくチームにタイトルが掛けられている点も大きな特徴である。このためメーカー系チームは基本的にフルワークスではなくプライベーターの支援の形を取り、エントラント名もプライベーターチームの名を残すという暗黙のルールがある。ただし近年は注目の高まりによる競争の激化から、そのバランスは崩れつつある[3]。またプロモーションの失敗やEV規定導入の2021年先送りにより、メーカーからの人気は著しく低下。2018年末を持って既存の3ワークス(プジョーアウディフォルクスワーゲン)が全て撤退する事態に陥った。

またアジアメーカーでは現代自動車起亜自動車がプライベーターの手によって最高峰のスーパーカークラスに参戦しているものの、日本車は現時点では同クラスに参戦したことは2019年まで無かった。しかし同年のスウェーデンにて、地元のプライベートチームのオルスバーグによって、ARX用のホンダ・シビッククーペがWRXに参戦を果たした。

クラス分け編集

最高峰のスーパーカークラスのみが世界選手権として扱われる。下位クラスは2016年までスーパーカー・ライツの名で行われていたが、2017年からRX2インターナショナルシリーズ・バイ・クーパータイヤの名で独立、年間7戦で争われる。

また併催の欧州ラリークロス選手権はスーパーカーERX、スーパー1600、ツーリングカーの3クラスで構成され、年間9戦で争われる。

車両編集

 
RXスーパーカー
 
RX2車両
 
S1600車両

全クラス共通でベース車両はグループAまたはグループNのホモロゲーション取得車両である。またタイヤは全クラスでクーパーが独占供給する。

最高峰のスーパーカークラスのマシンは、四輪駆動で2058ccまでのエンジンを使用する。過給器の有無や形式(直列/V型/水平対向)は自由だが、搭載位置はベース車両に準ずる。最大出力は約600bhp/900Nmで、0-100は1.9秒とF1同様の加速力を持つ[注釈 1]トラクションコントロールは禁止である[4]。最低重量は1300kg。欧州選手権のスーパーカーも世界選手権と同一の規定である。

RX2インターナショナルはスウェーデンのオルスバーグMSEとトルコのアヴィタス・モータースポーツが共同開発した車両のワンメイクとなっており、チューブフレームに高機能プラスチックを被せたものとなっている[注釈 2]。エンジンは4気筒・2400ccの自然吸気をミッドシップ[5]に搭載する。最大出力は約310馬力/300Nm、最低重量1100kg[6]

スーパー1600は最大1640ccの自然吸気エンジン+前輪駆動、ツーリングカークラスは最大2000ccの自然吸気エンジン+後輪駆動に限定される。なおツーリングカークラスは前輪駆動車を後輪駆動に換装して参戦することができる[7]。またエンジンは両クラスとも、ベース車両と同一のシリンダーブロックを使用する必要がある。最低重量は両クラスともに排気量で決定され、例えば1400cc超1600cc以下なら1000kg、1600cc超2000cc以下なら1100kgとなる。

競技進行編集

予選4ヒート、準決勝2ヒート、決勝1ヒートに分かれており、予選は各5台、準決勝以降は各6台で争われる。

レースは予選が4周、準決勝以降は6周以上で行われる。ただし1周だけ必ずジョーカーラップと呼ばれる脇道を走らなければならず、これを走らない又は2周以上走るとペナルティを受ける。このジョーカーラップをいつ使って前車をオーバーテイクするか、あるいは順位を守るかの駆け引きがラリークロスの大きな見所となっている。また競技場の上から見渡すスポッターが各車についており、スポッターが各車の位置やジョーカーラップの消化タイミングについて的確な指示を出すことも勝敗において重要である。

ポイントシステム編集

世界・欧州両選手権のドライバーポイントシステムは共通のものである。

ドライバーズ選手権編集

Points Scale 順位
1st 2nd 3rd 4th 5th 6th 7th 8th 9th 10th 11th 12th 13th 14th 15th 16th
予選 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
準決勝 6 5 4 3 2 1
決勝 8 5 4 3 2 1

赤字背景色は敗退となる。レースフォーマットの特性上、優勝以外のドライバーが最も多くのポイントを得ることもある。

チーム選手権編集

チーム選手権を争う場合、1チームにつき必ず2台がフルエントリーしなければならない。この時、同じチーム内で異なったベース車両のマシンを使用することはできない。また、シーズン終了までベース車両を変更することはできない。

各チームのドライバー2人のポイントを合算した数字がチームポイントとなる。

歴代チャンピオン編集

シーズン ドライバーチャンピオン チームチャンピオン
Driver Team Car Team Car
2014   ペター・ソルベルグ[8]   PSRX   シトロエン・DS3   オルスバーグMSE   フォード・フィエスタ ST
2015   ペター・ソルベルグ  /  SDRX   シトロエン・DS3   チーム・プジョー=ハンセン   プジョー・208
2016   マティアス・エクストローム   EKS RX アウディ・S1   EKS RX アウディ・S1
2017   ヨハン・クリストファーソン   PSRX フォルクスワーゲン・ポロ GTI   PSRX フォルクスワーゲン・ポロ GTI
2018   ヨハン・クリストファーソン   PSRX フォルクスワーゲン・ポロ GTI   PSRX フォルクスワーゲン・ポロ GTI

注釈編集

  1. ^ WRカーの最大出力は2017年現在で380馬力/425Nm
  2. ^ ベース車両などは存在しないため、外観は架空のBセグメントコンパクトカーとなっている

脚注編集

参照編集

外部リンク編集