メインメニューを開く

世界銀行チーフエコノミスト(せかいぎんこうチーフエコノミスト、World Bank Chief Economist)は、正式名称を世界銀行上級副総裁経済開発チーフエコノミスト(Senior Vice President, Development Economics, and Chief Economist)といい、世界銀行の副総裁にあたる役職で、国際経済において最も影響力のあるポストのひとつである。世界銀行チーフエコノミストは、世界的、地域的、国家的、それぞれのレベルで、世界銀行の開発戦略と経済調査のアジェンダ全般を経済学的見地から牽引する立場にある。また、上級管理チームのメンバーとして、世界銀行と世界銀行総裁の経済問題の調整に関して助言を行う。

現職の世界銀行チーフエコノミストは、インド出身のカウシィク・バス

世界銀行チーフエコノミストの一覧編集

脚注編集

  1. ^ http://go.worldbank.org/DW31NCS6S0 Martin Ravallion Acting Chief Economist
  2. ^ http://www.worldbank.org/en/news/2012/09/05/world-bank-appoints-kaushik-basu-chief-economist World Bank Appoints Kaushik Basu Chief Economist

関連項目編集