メインメニューを開く

丘 建(きゅう けん、生没年不詳)は、中国三国時代武将

263年蜀漢討伐直前、丘建は上司の胡烈から司馬昭に推薦された。このとき、鍾会は会見して丘建を気に入り、司馬昭に頼み込んで自らの配下にしたという。

以後は鍾会の腹心として、蜀討伐に参加して功を立てた。しかし蜀滅亡後、鍾会は反乱を起こそうと画策し、同調しない胡烈らの将軍らを捕らえて宮殿に監禁した。これに対し、表面上は鍾会に従ったが、密かに元上司の胡烈と密会し、胡奮(胡烈の子)と内通し合うようになった。これにより鍾会の反乱は露見し、胡烈・丘建らはこれを鎮圧した。