メインメニューを開く

両子山(ふたごさん、ふたごやま)は、大分県国東市にある国東半島の最高峰である。標高720.6m。 山麓には六郷満山の寺院群が点在し、近年はミカン栽培が盛んである。瀬戸内海国立公園に含まれている。

両子山
Kunisaki Peninsula STS068-253-7.jpg
国東半島。中心付近に両子山がある
標高 720.6 m
所在地 大分県国東市
位置 北緯33度34分59秒
東経131度36分06秒
座標: 北緯33度34分59秒 東経131度36分06秒
山系 両子火山群
種類 溶岩ドーム[1]
両子山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

目次

両子火山群の地形図
両子火山群の地形図

両子火山群編集

両子火山群は、両子山を中心とし、国東半島を形成している火山群で、国東半島の中央部にある溶岩台地及び溶岩ドームとその周りにある侵食された火砕流堆積物からなる。190万年前 - 110万年前[2]に活動した。 国東半島全体が両子火山の噴出物で形成されているが、開析が進んでいてV字の緩やかな谷が多数ある。中央部には溶岩ドーム溶岩台地が多数あり、いくつもの峰を形成している。 岩質は角閃石安山岩-デイサイト

  • 両子山溶岩ドーム
  • 岡ノ岳溶岩ドーム
  • 奥台山溶岩ドームなど

通信施設編集

国東半島周辺に対して見晴らしがきくため、業務無線の中継所やアマチュア無線の中継局が設置されている。山頂までは、両子寺から車が通行できる保守用道路があるが、一般車両は通行できない。

  • 国土交通省無線中継所
  • 防衛省無線中継所
  • 警察庁無線中継所

脚注編集

  1. ^ 出典 : 第四紀火山 両子火山群 - 産業技術総合研究所 、2016年11月閲覧
  2. ^ 出典 : 大分県国東半島両子山火山のK-Ar年代(2012年) - 松本哲一 星住英夫 廣田明成、2016年11月閲覧

関連項目編集

外部リンク編集