メインメニューを開く

両角 三郎(もろずみ さぶろう、慶應3年11月2日1867年11月27日) - 昭和26年(1951年)6月28日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将正四位勳二等功五級

両角 三郎
生誕 1867年11月27日
死没 (1951-06-28) 1951年6月28日(83歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1891年 - 1921年
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

目次

概要編集

略歴編集

父は会津藩士で禄100石を食み、祐筆を務めた[1]両角衛門。陸軍教導団を経て[2]陸軍士官学校を卒業(1期)。日清戦争日露戦争に従軍し、歩兵第60連隊長、近衛歩兵第4連隊長を経て、1916年(大正5年)8月少将へ昇進し、台湾第二守備隊司令官、歩兵第18旅団長を歴任した。1921年(大正10年)6月中将へ昇進と同時に待命となり、同年10月予備役編入となる。その後は、日本徴兵保険顧問を務めた[2]ほか、在郷軍人会審議委員を務めている。なお両角は旧会津藩所縁の高等武官で組織された稚松会の最後の会長であった[3]

親族編集

  • 長男 昌清(理学博士、東京大学[4]
  • 次男 昌雄
  • 義兄 下平英太郎(海軍少将・稚松会副会長)
  • 女婿 飯倉貞造(海軍少将・海兵37期)
  • 女婿 小原直良(陸軍将校)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『慶應年間 会津藩士人名禄』
  2. ^ a b 『大衆人事禄』
  3. ^ 『福島県立会津高等学校70周年記念誌』
  4. ^ リサーチナビ”. 国会図書館. 2012年10月8日閲覧。

参考文献編集

  1. 「両角歩兵中尉結婚願いの件」(ref: C07041344900)
  2. 「帝国在郷軍人会評議員其の他拝謁の件名簿」(ref:C04016064800)
  • 帝國秘密探偵社編纂部『大衆人事録』 (第13版 1939年10月)
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』 芙蓉書房出版
  • 太平洋戦争研究会『日本陸軍将官総覧』PHP研究所
  • 福島県立会津高等学校『福島県立会津高等学校70周年記念誌』
  • 財団法人 稚松会名簿