並木 輝男(なみき てるお、1938年11月15日 - 1988年9月1日)は、東京都世田谷区出身のプロ野球選手外野手)・コーチ解説者

並木 輝男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都世田谷区
生年月日 (1938-11-15) 1938年11月15日
没年月日 (1988-09-01) 1988年9月1日(49歳没)
身長
体重
174 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年3月30日
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1985 - 1987)

経歴編集

日大三高在学時は投手として活躍し、エース兼4番として、2年次の1955年には夏の甲子園に出場[1]。準々決勝に進むが坂出商に大敗を喫し[2]、3年次の1956年には春の選抜にも出場[1]。この大会でも準々決勝に進出するが、渡海昇二らのいた芦屋高に完封負けを喫す[2]。同年夏は都予選準決勝で成蹊高に敗退した。高校同期に中堅手宮沢重雄がいる。

高校卒業後は早稲田大学に進学を予定していたが、家庭の事情により1957年大阪タイガースへ入団[2]。元々は中日ドラゴンズへ入団する予定であったが、担当していた佐川直行スカウトがドラゴンズを解雇され、タイガースに移籍したため並木もタイガースに入団することとなった[3][2]。1年目の同年3月30日の中日戦(中日)に先発出場するが[2]、これはセ・リーグ史上初の高卒新人として開幕戦先発出場であった。並木以降、セ・リーグで高卒新人が開幕戦先発出場を記録したのは、1959年王貞治1988年立浪和義の2人のみである。1年目はルーキーながら98試合出場・打率.250・8本塁打・32打点を記録し、同年に記録した高卒新人での8本塁打は1993年松井秀喜が11本塁打を記録するまでセ・リーグ史上最多記録であった。入団当時は内野手であったが強肩俊足を評価され、開幕前に外野手に転向している。その後はチームの主力の金田正泰後藤次男田宮謙次郎等が引退などで抜けていく中、1960年には3番・中堅手に定着[2]し、オールスターゲームにも出場。初の規定打席に達し、自己最高でリーグ4位の打率.306という成績を残すと、同年のベストナインも獲得。1962年1964年の2度のリーグ優勝に中心打者として貢献したが、1962年の東映との日本シリーズでは27打数4安打2打点、1964年の南海との日本シリーズでも24打数6安打0打点と、大きな活躍はできなかった。阪神球団の通算1000号、1500号本塁打を放っている[4]1966年オフにチームは若返りの方針をとり、並木は自由契約となったが、東京オリオンズへ移籍。1967年のキャンプで右足アキレス腱を切断したため[5]、阪神時代と同じような活躍は出来ず、2年間でわずか9試合の出場に終わった。1968年限りで現役を引退。

引退後は1969年にスナック「並木」を開店する。1973年にクラブ「並木」を経営[6]。 その傍ら読売テレビサンテレビで解説者を務め、1985年には一軍打撃コーチとして古巣・阪神に復帰。一塁ベースコーチも担当し、21年ぶりのリーグ優勝と球団初の日本一に貢献[1][2]。大人の対応で、選手個々に応じた指導がチームの打力爆発のきっかけとなり、イッキ攻撃の影の仕掛け人であった。1986年は前年の猛打から一転して怪我人続出で貧打と拙攻が目立つようになり、並木の責任を問う空気も出始めた[7]。並木は指導法というより、5月18日の中日戦(甲子園)の試合途中にランディ・バースが帰り支度を始めたことを番記者にバラして表面化したことがあり、これに吉田は激怒したといわれるが、不振を続ける掛布雅之の打順についても吉田と並木は衝突したといわれていた[7]。歓喜の日本一から僅か2年後、9年ぶりの最下位に転落した1987年オフに退団。

退団後は1988年からサンテレビ解説者に復帰したが、同年9月1日、突然脳出血に襲われ急逝した[2]。49歳没。

エピソード編集

  • 1964年には上京中の車中で俳優勝新太郎と遭遇し、勝と「並木が巨人戦で本塁打を放ったら、勝が並木の結婚式の仲人をする」と約束した[2]。その後にあった後楽園での巨人戦で本塁打を放ち、並木の結婚式の仲人は勝・中村玉緒夫妻が務めた[2]。勝・玉緒夫妻の結婚式には後輩の本間勝を連れて出席し、本間は豪華な披露宴に目を丸くした[8]。ちなみに東京移籍も勝の意向によるものである[9]
  • 歌手水原弘クラリネット奏者の鈴木章治らとも親交があり、本間を同席させて杯を交わしたこともある[8]
  • 東京生まれ東京育ちの紛れもない「都会っ子」で、お洒落で垢抜けており、外出する時には白っぽいジャケットを恰好よく決め、都会っ子ならではの雰囲気があった[8]
  • 本間を外食にもよく連れ出し、「マサル!」と名字ではなく、名前を呼ばれたときはまず間違いなく外出する日であった[8]。本間は「今日は、ちょっと付き合えよ」と言われると、おいしいものが食べられるため、二つ返事でOKした。子供の頃から我が家には外食する習慣などなかった本間は喜んで付いて行き、これまで口にしたことのないおいしい料理と遭遇した[8]。肉料理、魚料理、何を食べても抜群にうまく、おまけに食べ盛りの本間もお陰様で遠慮して「もっと食べんかい!」と怒られたことはあっても、「食べ過ぎや」の叱責を買った記憶はなかった[8]
  • 並木のお供をして、大阪ミナミ道頓堀川沿いの焼肉店に行った[8]。本間は「世の中に、こんなにおいしいものがあったのか・・・」とびっくりさせられ、いまだに「いままで、一番おいしかった食べ物は・・・」と聞かされたら、間髪を入れず焼き肉と答えるほどである[8]。食べても、食べても満腹感がなく、ロースカルビミノ等々、果たして何人分食べたことか覚えていないほどである[8]。大満足、大感激したことを覚えており、ある時は300g、400gの分厚いステーキをご馳走になった[8]
  • 本間はキャバレー等にも付いて行った[8]。並木は色んなジャンルのダンスをこなしていき、テンポの速いジルバのステップを踏む姿は恰好よかった[8]。並木のおかげでアルコールに滅法強くなり、時には先輩共々門限を破ることがあった[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1957 大阪
阪神
98 327 300 34 75 11 4 8 118 32 12 2 1 1 17 2 8 33 4 .250 .307 .393 .700
1958 109 317 276 28 69 10 7 3 102 27 6 6 4 2 32 1 3 47 3 .250 .332 .370 .702
1959 98 274 248 18 47 6 2 4 69 24 8 5 3 3 18 1 2 42 2 .190 .247 .278 .525
1960 120 483 425 64 130 31 9 11 212 61 23 9 5 3 44 4 6 74 4 .306 .377 .499 .875
1961 116 448 408 34 105 15 3 6 144 35 13 7 3 4 29 1 4 64 9 .257 .310 .353 .663
1962 124 480 431 61 125 23 5 10 188 51 3 5 0 3 40 3 6 56 7 .290 .356 .436 .792
1963 123 508 450 72 123 22 5 16 203 64 12 5 1 3 47 0 7 55 8 .273 .349 .451 .800
1964 122 444 395 38 91 12 1 11 138 48 17 5 5 3 34 0 7 39 11 .230 .301 .349 .650
1965 104 326 283 32 63 15 0 10 108 21 4 4 6 3 30 0 4 30 4 .223 .303 .382 .685
1966 93 247 230 16 54 6 1 2 68 17 3 1 1 0 12 1 4 26 2 .235 .285 .296 .580
1967 東京 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1968 8 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .125 .000 .125
通算:12年 1116 3863 3454 397 882 151 37 81 1350 380 101 49 29 25 304 13 51 468 54 .255 .323 .391 .713
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大阪(大阪タイガース)は、1961年に阪神(阪神タイガース)に球団名を変更

表彰編集

記録編集

節目の記録
  • 1000試合出場:1965年10月3日 ※史上105人目
その他の記録

背番号編集

  • 40 (1957年 - 1959年)
  • 7 (1960年 - 1966年)
  • 9 (1967年 - 1968年)
  • 86 (1985年 - 1987年)

脚注編集

  1. ^ a b c 並木輝男”. コトバンク. 2010年7月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j “猛虎人国記(45)~東京都(上)~ 江戸っ子の巨人キラー”. スポーツニッポン. (2012年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002920190.html 2013年3月31日閲覧。 
  3. ^ 同様に、佐川の移籍によって入団先がドラゴンズからタイガースに変わった選手として、鎌田実がいる。
  4. ^ 阪神7000号特集”. デイリースポーツ (2009年5月12日). 2010年7月25日閲覧。
  5. ^ 近藤唯之 『背番号の消えた人生』 新潮社新潮文庫)、1985年、154頁。
  6. ^ 近藤、155頁。
  7. ^ a b 【タイガース血風録 猛虎水滸伝】米田コーチ対談、並木コーチも吉田監督と衝突
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 「21人目 並木輝男 豪華な交遊、スマートな物腰 教わった『焼き肉』の味に大感激」 本間勝交遊録|阪神タイガースの球団発行誌「月刊タイガース」
  9. ^ 近藤、153頁。

関連項目編集

外部リンク編集