メインメニューを開く

中部フランク王国

中フランク王国から転送)
中部フランク王国
フランク王国 843年 - 855年 イタリア王国 (中世)
ロタリンギア王国
プロヴァンス王国
ロタール王国の位置
中部フランク王国(843年)の領域
公用語 古オランダ語
古フリジア語
古フランス語
古ザクセン語
古高ドイツ語
古イタリア語
首都 不明
皇帝
843年 - 855年 ロタール1世(兼ローマ皇帝)
変遷
ヴェルダン条約 843年
3分割855年

中部フランク王国(ちゅうぶフランクおうこく、: Francie médiane, : Mittelreich)は、ヴェルダン条約によるフランク王国の分裂によって、東フランク王国西フランク王国の中間に、カール大帝の孫でローマ皇帝の称号を持つロタール1世領土として建てられた王国中フランク王国ロタール王国ロタール領と呼ぶこともある。

843年ヴェルダン条約によって国土は、イタリアブルゴーニュプロヴァンス、西アウストラシアに及んだ。領土が入り組んだ形になったのは重要拠点を中部フランク王国が取得したからであるが、その諸民族を統率するべき歴史的、民族的、あるいは地理的一体性もない人為的な建国で、その維持は困難であった。855年ロタール1世の死後、遺領は息子たちがこれをロタリンギアプロヴァンスおよびイタリアに3分して治め、870年メルセン条約で、それぞれ東フランク王国(国王ルートヴィヒ2世)、西フランク王国(国王シャルル2世)、イタリア王国(国王ロドヴィコ2世)に割譲された。

国王編集

ロタール1世(中部フランク王在位:843年 - 855年ローマ皇帝在位:840年 - 855年

関連項目編集