中丁

殷の第10代の帝

中丁(ちゅうてい)は、の第10代の王。仲丁とも書く[1]

中丁
第10代王
王朝
都城
隞(囂)
太戊
卜辞では仲丁(ちゅうてい)と作る。名はとも作る。

太戊(中宗)の子[1]。『史記』によればから隞(囂)に遷都した[1]竹書紀年によれば藍夷を攻めたという。

脚注編集

  1. ^ a b c 『史記』殷本紀第3。新釈漢文体系『史記』1の127頁。

参考文献編集