メインメニューを開く

中上 哲夫(なかがみ てつお、1939年3月6日 - )は、日本詩人翻訳家。本名、佐野哲夫[1]

大阪府大阪市出身[1]東京経済大学商学部卒業。アレン・ギンズバーグをはじめビート・ジェネレーションの詩人たちの影響を受ける。同人誌「ぶるう」「ぎゃあ」「木偶」を経て、個人誌「黄金の機関車」を発行。2004年、詩集『エルヴィスが死んだ日の夜』にて第34回高見順賞受賞[2]、第13回丸山豊記念現代詩賞受賞[3]。2013年、詩集『ジャズ・エイジ』にて第28回詩歌文学館賞受賞[4]

著書・訳書編集

詩集編集

翻訳編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.458
  2. ^ 高見順賞受賞作・候補作一覧」『文学賞の世界』。
  3. ^ 受賞作品一覧」『丸山豊記念現代詩賞』。
  4. ^ 詩歌文学館賞 歴代受賞者(受賞作)歴代選考委員」『日本現代詩歌文学館』。

外部リンク編集