メインメニューを開く

中丸雄一

日本の歌手、タレント、俳優

来歴編集

中学校3年生の時、同じクラスの女子にジャニーズ事務所入りを薦められて履歴書を応募し[4]1998年11月8日[3]にオーディションを受けて亀梨和也赤西仁[5]越岡裕貴と同時に事務所に入所[3]。2001年にKAT-TUNを結成し、2006年3月22日にシングル、アルバム、DVD同時発売でデビュー[6]

2002年に都立の高校を卒業していたが、環境問題についてもっと勉強したいという思いが強まり、2008年4月、24歳で早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)人間環境科学科に入学[7]。2013年3月、同大学を卒業した[8]

2008年8月、自らが構成・演出を担当したソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間』を開催[9]

2009年に『RESCUE〜特別高度救助隊』でドラマ初主演[10]

2017年、テレビ東京系ドラマ『マッサージ探偵ジョー』に主演し、ソロとして主題歌「お疲れサンクス」を担当[11]。またテレビ朝日系バラエティ『世界ルーツ探検隊』が開始、地上波ゴールデン番組で初MCを務める[12]

人物編集

犬を飼っている。犬種はダックスフントのワイヤーで名前は「チョコ」。公式携帯サイトの連載でよく愛犬の写真が掲載されている。

特技のヒューマンビートボックスボイパ)をライブで披露している[9][13]。大学の卒業論文は「黒人音楽グローカリゼーション」をテーマにヒップホップ文化について考察した[8]

イラストを描くのが趣味。これまでに手がけたデザインは、2006年の『24時間テレビ29』でのスタジオジブリとのTシャツデザイン[14]、公式携帯サイトのweb連載「中丸のページ」のキャラクター「あいつ」[15]、ソロ舞台『中丸くんの楽しい時間』で販売されたグッズや菓子パンのパッケージ[16]、自身がMCを務める『世界ルーツ探検隊』のマスコットキャラクター「ルーツくん」[17]など。

芸能界で生き残るため様々なことに挑戦している[18]。情報番組でのコメンテーターの仕事では、アイドルだからとぼやけたコメントをしないように、自身の経験や情報を盛り込むよう心掛けている[19]。また趣味であるフルーツカットを仕事に結びつけるため練習しており[20]、テレビ番組で披露した腕前が話題となった[21]

高所恐怖症である[22]

出演編集

単独出演のみ。KAT-TUNとしての出演はKAT-TUN#出演を参照。

※主演作品は太字表記

テレビドラマ編集

映画編集

バラエティ番組編集

情報番組編集

音楽番組編集

アニメ編集

  • クレヨンしんちゃん(テレビ朝日)
    • 「スシ王子だゾ!」(2008年4月25日) - 中丸雄一(本人) 役[46]
    • 「オラんちの“ルーツ”だゾ」(2017年6月2日) - 同上[47]

ラジオ番組編集

CM編集

舞台編集

イベント編集

作品編集

ソロ曲編集

CD収録曲
  • key of life(作詞:中丸雄一、作曲:田中直) - JASRAC作品コード:137-9589-9。『cartoon KAT-TUN II You』収録。
  • SMACK(作詞:中丸雄一、作曲:田中直) - JASRAC作品コード:150-3739-8。『DON'T U EVER STOP〈初回限定盤3〉』収録。
  • Answer(作詞:t-oga、作曲:三上吉直) - JASRAC作品コード:153-1093-1。『Going! 〈初回限定盤2〉』収録)
  • WHITE WORLD(作詞・作曲:KATSUHIKO SUGIYAMA) - JASRAC作品コード:158-8130-0。『Break the Records -by you & for you-』収録。
  • FILM(作詞:YUICHI NAKAMARU,T-OGA、作曲:KING OF SLICK,MAGNUS FUNEMYR) - JASRAC作品コード:1B3-2680-1(KAT-TUN名義曲)。『NO MORE PAIИ』収録。
  • STEP BY STEP(作詞:JamMush、作曲:Andreas Johansson、Karol"Kase"Cholopecki) - JASRAC作品コード:1C5-7811-1。『CHAIN』収録。
  • Snowflake(作詞:中丸雄一、作曲:King of slick, Kiyohito Komatsu) - JASRAC作品コード:1E2-6477-7(KAT-TUN名義曲)。『EXPOSE 〈初回限定盤2〉』収録。
  • クレセント(作詞:YUICHI NAKAMARU,WINESS、作曲:Filip“LeForce”Lindfors,Yoko.Hiramatsu) - JASRAC作品コード:1G0-2221-5。『come Here』に収録。
  • The way(作詞:松村豪、作曲:LASTorder) - JASRAC作品コード:232-8921-0(KAT-TUN名義曲)。『Ask Yourself〈通常盤/初回プレス〉』収録。
  • Marionation(作詞:中丸雄一,亜美、作曲:原一博) - JASRAC作品コード:239-2296-6。『CAST』収録。
CD未収録曲
  • MY WEATHER(作詞:中丸雄一、作曲:GAJIN) - JASRAC作品コード:132-4733-6。

配信限定編集

  • お疲れサンクス(作詞・作曲:小倉しんこう、2017年4月8日 - 配信開始[11]) - JASRAC作品コード:717-4420-7(マッサージ探偵ジョー名義)。

ユニット曲編集

  • ONE ON ONE(作詞:JOKER,中丸雄一、作曲:mo'doo-,井筒 "Growth" 伸太郎) - JASRAC作品コード:130-3702-1(KAT-TUN名義曲)。田中聖 & 中丸雄一。『Best of KAT-TUN』収録。
  • キラリト(作詞:田口淳之介,中丸雄一、作曲:Albi Albertsson,DAICHI) - JASRAC作品コード:5A1-0607-8(KAT-TUN名義曲)。田口淳之介 & 中丸雄一(『KISS KISS KISS』収録。

連載編集

  • 公式携帯サイトJohnny's Web「中丸のページ」(2006年12月6日 - )
  • WINK UPワニブックス
    • 「中丸雄一の絵本作家への道」(2012年 - 2016年11月号)
    • 「中丸雄一のイラスト勉強会」(2016年12月号 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b KAT-TUN・中丸雄一と照英が爆笑街レポ対決!住むならどっちが幸せ?“東京・赤羽VS埼玉・川口”『ボンビーガール』”. music.jpニュース. エムティーアイ (2017年4月11日). 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ PROFILE(KAT-TUN) - Johnny's web”. 2018年3月22日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ a b c KAT-TUNの中丸雄一が語る、ジャニーズJr.のとある“派閥”とは”. RadiChubu. CBCラジオ (2018年7月26日). 2018年7月28日閲覧。
  4. ^ “中丸雄一 ジャニーズ入りきっかけはクラスの女子 「履歴書を書いたから送るだけ」”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年12月3日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/03/0009719374.shtml 2017年4月16日閲覧。 
  5. ^ 中丸雄一 プロフィール”. CDJournal. 2016年6月16日閲覧。
  6. ^ KAT-TUN 10周年ベスト盤&3人体制で初のドームツアー決定【メンバーコメント全文】”. ORICON NEWS (2016年2月10日). 2017年5月19日閲覧。
  7. ^ “KAT-TUN中丸 早大入学「環境問題学びたい」”. スポーツ報知. (2008年5月12日). オリジナルの2008年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081207194553/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20080512-OHT1T00082.htm 2016年6月26日閲覧。 
  8. ^ a b “中丸雄一5年で早大卒業! 卒論A+評価”. デイリースポーツ. (2013年3月27日). http://www.daily.co.jp/gossip/2013/03/27/0005847759.shtml 2013年10月9日閲覧。 
  9. ^ a b c “KAT-TUN中丸、初ソロライブ…構成&演出も”. zakzak. (2008年8月11日). オリジナルの2008年8月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080815201433/http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_08/g2008081135_all.html 2016年6月26日閲覧。 
  10. ^ a b “RESCUE主演の中丸、仲間に励まされ”. nikkansports.com. (2009年1月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090121-452321.html 2013年7月24日閲覧。 
  11. ^ a b 中丸雄一、ソロ曲配信決定! インド風マッサージソング「お疲れサンクス」”. マイナビニュース (2017年3月27日). 2017年4月16日閲覧。
  12. ^ a b "KAT-TUN中丸雄一、地上波ゴールデン初MC「中居さんと良いつながりを」"ORICON NEWS(2017年2月14日)2017年2月14日閲覧。
  13. ^ KAT-TUN、充電期間へ 亀梨ら3人再会を約束「必ず戻ってきたい」”. ORICON NEWS (2016年5月1日). 2017年5月19日閲覧。
  14. ^ KAT-TUN、篠原涼子ら『24時間テレビ』で“絆”を訴える!”. ORICON STYLE (2006年7月13日). 2016年6月26日閲覧。
  15. ^ Johnny's web『中丸のページ』「あいつのページ」
  16. ^ a b “中丸雄一 多彩初ソロライブ”. DAILY SPORTS ONLINE. (2008年8月11日). オリジナルの2008年8月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080817120536/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/08/11/0001325636.shtml 2016年6月26日閲覧。 
  17. ^ 中丸雄一、自作キャラのグッズ展開に意欲「一定数売れる商品は出したい」”. マイナビニュース (2017年5月19日). 2017年5月19日閲覧。
  18. ^ a b 中丸雄一、“果敢な迷走”キャラで需要拡大”. ORICON NEWS. オリコン (2017年4月15日). 2017年4月16日閲覧。
  19. ^ KAT-TUN中丸のコメンテーターとしての心がけに坂上忍「えらい」”. マイナビニュース (2016年6月1日). 2017年5月18日閲覧。
  20. ^ KAT-TUN中丸 芸能界での生き残りかけ、フルーツカットの腕前磨く”. デイリースポーツ (2016年12月1日). 20175-19閲覧。
  21. ^ KAT-TUN中丸雄一の“本気の顔”に反響 プロ並みの腕前に「感動」「努力の賜物」の声”. モデルプレス (2016年12月14日). 2017年5月19日閲覧。
  22. ^ 【KAT-TUNタメ旅SP】高所恐怖症のビビリ中丸、人生初の決死ダイブは成功?「スーパー怖い」”. T-SITEニュース. TSUTAYA (2015年12月29日). 2016年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月13日閲覧。
  23. ^ a b 堂本光一、英語とアクション吹き替えなし! スシ王子がニューヨークですごいことに”. シネマトゥデイ (2007年10月18日). 2017年5月19日閲覧。
  24. ^ 鴨下信一 (2009年8月27日). ““泣く”KAT-TUN中丸は「舌を巻くほどうまい」”. zakzak. オリジナルの2013年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130629130353/http://www.zakzak.co.jp/gei/200908/g2009082724_all.html 2016年6月26日閲覧。 
  25. ^ 伊藤英明とKAT-TUNの中丸雄一が生命保険の支払い査定人を演じる”. ザテレビジョン (2011年7月27日). 2017年5月19日閲覧。
  26. ^ a b KAT-TUN中丸、やや押しの弱い美大生を好演「僕にちょっと似ている」”. ORICON NEWS (2012年8月25日). 2017年5月19日閲覧。
  27. ^ 嵐・松本潤が恋心 石原さとみ、菜々緒が絡む”. モデルプレス (2013年1月3日). 2017年5月19日閲覧。
  28. ^ KAT-TUN・中丸雄一:ドラマでネグリジェ姿披露「かなり恥ずかしい」”. 毎日新聞デジタル (2013年4月5日). 2017年5月19日閲覧。
  29. ^ “日本・ベトナム国交樹立40周年スペシャルドラマ『The Partner〜愛しき百年の友へ〜』注目の豪華共演者が明らかに!! 東山紀之が、事務所の後輩・中丸雄一(KAT-TUN)と初共演!”. TBSホット情報 (TBS). (2013年7月22日). オリジナルの2013年7月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130727124821/http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201307221341.html 2017年8月13日閲覧。 
  30. ^ KAT-TUN中丸、三木聡監督の新作ドラマに主演 貞子風変装も披露”. ORICON STYLE (2013年8月23日). 2015年8月16日閲覧。
  31. ^ “沢尻エリカ恋人役にKAT-TUN中丸!“天敵”に佐々木希”. サンケイスポーツ. (2014年3月7日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140307/joh14030704510000-n1.html 2014年3月7日閲覧。 
  32. ^ KAT-TUN中丸 ファーストクラス最終回で沢尻と再会「寂しかった」”. スポニチアネックス (2014年12月23日). 2017年5月19日閲覧。
  33. ^ ジャニーズNo.1の死体役?中丸雄一「刑事7人」出演”. ザテレビジョン (2015年8月12日). 2015年8月16日閲覧。
  34. ^ “「99・9」最終回にKAT-TUN中丸 冤罪で殺人容疑者に”. Sponichi Annex. (2016年6月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/16/kiji/K20160616012791480.html 2016年6月16日閲覧。 
  35. ^ “中丸雄一「マッサージ探偵」で身も心もほぐす 4月テレ東ドラマ主演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年2月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/05/kiji/20170205s00041000013000c.html 2017年2月5日閲覧。 
  36. ^ “中丸雄一:吉高由里子と初共演で恋人役 向井理との“三角関係”も…”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年2月19日). https://mantan-web.jp/article/20190218dog00m200054000c.html 2019年2月19日閲覧。 
  37. ^ “KAT-TUN・中丸&田中レギュラー初司会”. スポーツ報知. (2006年9月18日). オリジナルの2006年10月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061029081402/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20060918-OHT1T00076.htm 2016年8月10日閲覧。 
  38. ^ サタジャニにKAT-TUN中丸雄一が登場”. 日刊スポーツ (2015年9月18日). 2017年5月19日閲覧。
  39. ^ "KAT-TUN中丸のMCにフット後藤「すごく新鮮」"ザテレビジョン芸能ニュース(2015年3月14日)2017年2月13日閲覧。
  40. ^ KAT-TUN冠番組3月で終了 「所さんの…」は田口→中丸に”. スポニチアネックス (2016年2月23日). 2016年2月23日閲覧。
  41. ^ “KAT-TUN中丸、テレ朝で重大発表を予告”. スポーツ報知. (2017年2月13日). オリジナルの2017年2月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170214003802/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170213-OHT1T50129.html 2017年2月13日閲覧。 
  42. ^ a b “NEWS小山&KAT-TUN中丸 6年ぶりMCコンビ復活”. デイリースポーツ. (2017年5月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/15/0010188496.shtml 2017年5月18日閲覧。 
  43. ^ 中丸雄一&ココリコが天才キッズに全力エール!!「日本を元気にする番組が目標!」”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年8月18日). 2017年9月7日閲覧。
  44. ^ 新バラエティーをチェック!2018年春の新番組カタログ!!【バラエティー編46本】”. ザテレビジョン (2018年3月26日). 2018年3月30日閲覧。
  45. ^ KAT-TUN中丸雄一は“段取りの良い男”?デートプラン明かす”. テレビドガッチ (2018年4月13日). 2018年5月8日閲覧。
  46. ^ “光一&中丸「しんちゃん」にでるゾ〜!映画同日公開でコラボ”. サンケイスポーツ. (2008年4月17日). オリジナルの2008年4月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080420065803/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200804/gt2008041714.html 2013年7月24日閲覧。 
  47. ^ “中丸雄一、『クレヨンしんちゃん』本人役で登場 アニメでは「少しオーラある」”. オリコンニュース. (2017年5月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2091123/full/ 2017年5月24日閲覧。 
  48. ^ KAT-TUN田口&中丸ラジオ最終回「貴重な時間だった」”. ORICON NEWS (2016年3月22日). 2017年5月19日閲覧。
  49. ^ ““亀梨のれん”に中丸「本当にいいやつ」”. Sponichi Annex. (2008年8月11日). オリジナルの2008年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080917004807/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008jani/KFullNormal20080811024.html 2017年4月16日閲覧。 
  50. ^ 帝国劇場「DREAM BOYS」”. 東宝 (2011年). 2011年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月16日閲覧。
  51. ^ KAT-TUN中丸雄一、9年ぶりソロアクトライブ決定「中丸君の楽しい時間2」〈コメント到着〉”. モデルプレス (2017年7月20日). 2017年8月13日閲覧。
  52. ^ 中丸雄一の“自由な場”「楽しい時間」第3弾決定!「ある企画を…たぶんやります」”. ステージナタリー. ナターシャ (2018年11月12日). 2019年5月17日閲覧。
  53. ^ 『中丸君の楽しい時間3』東京公演スタート〜中丸雄一が「J-1ぐらんぷり」の開催を提案!?「国分太一くんやイノッチが出そう」”. SPICE. イープラス (2019年3月3日). 2019年5月17日閲覧。
  54. ^ “中山優馬の内角攻めに中丸雄一が激高もなぜか胴上げ”. nikkansports.com. (2017年4月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1808914.html 2017年4月17日閲覧。 

外部リンク編集