中井 正吉(なかい まさよし、1533年天文2年) - 1609年7月31日慶長14年7月1日))は、安土桃山時代法隆寺番匠宮大工)。通称、孫太夫。子に京大工頭の中井正清

経歴編集

参考文献編集