メインメニューを開く

中井猛之進

日本の植物学者

中井 猛之進(なかい たけのしん、1882年11月9日 - 1952年12月6日)は日本の植物分類学者。東大教授、小石川植物園長、ボゴール植物園長、国立科学博物館長。小説家の中井英夫は息子。

中井 猛之進
Portrait of Late Mr. Takenoshin Nakai (in Kagoshima, July 1952).jpg
生誕 日本の旗 日本 岐阜県
(1882-11-09) 1882年11月9日
死没 (1952-12-06) 1952年12月6日(70歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物分類学
出身校 東京帝国大学理科大学卒業
主な受賞歴 日本学士院桂公爵記念賞受賞
命名者名略表記
(植物学)
Nakai
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

分類学への影響編集

ミヤギノハギ Lespedeza thunbergii (DC.) Nakai、チョウノスケソウ Dryas octopetala L. var. asiatica (Nakai) Nakai、ノジギク Chrysanthemum japonense (Makino) Nakaiなどを命名する。朝鮮半島の植物の研究にも力を注いでおり、朝鮮初代公使の花房義質にちなんでハナブサソウ Hanabusaya asiatica Nakaiなどを名づけている[11]2019年、韓国の聯合ニュースは、朝鮮半島の特産植物527種のうち327種の学名に「ナカイ」の名が入っていると報じている[12]

また、セリ目 (Apialesインドカラムス属 (Indocalamusムニンヤツデ属 (Boninofatsiaなどの分類を作っている。

また、トガリバマキPodocarpus nakaii HayataチチジマイチゴRubus nakaii TuyamaチョウセンカメバソウTrigonotis nakaii Haraなど、数多くの献名を受けている。

弟子など編集

著作編集

著書編集

論文編集

  • 1932年、竹と笹、理科教育 15(6):66-77[13].
  • 1935年、日本本部ノ竹ト笹(其9)、植物研究雑誌 11(9):1-24[13].

注釈、出典編集