メインメニューを開く

中井 貴裕(なかい たかひろ、1990年10月15日 - )は、愛知県大府市[1]出身の日本柔道選手。階級は81kg級。身長175cm。血液型はA型。組み手は左組み。段位は参段。得意技は内股大外刈、指導2勝ち[2]流通経済大学卒。現在は吉田秀彦が監督を務めるパーク24に所属している[3]

獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
ワールドマスターズ
2011 バクー 81kg級
2012 アルマトイ 81kg級
グランドスラム
2010 東京 81kg級
2013 東京 81kg級

目次

人物編集

吉田や谷本歩実を輩出したことで知られる地元大府市の大石道場で6歳から柔道を始めた[2][4]大成高等学校3年の時にジュニアの体重別で2位に入った。流通経済大学に入学後は講道館杯で2位になり、2010年にはワールドカップウィーンで国際大会初優勝を果たした。続く体重別では、決勝で高松正裕を破って優勝し世界選手権代表に選ばれた。しかし9月の世界選手権では3回戦で敗れた[5]。 続く12月のグランドスラム・東京決勝では高松を破り優勝を果たした[6]

2011年8月には前年に続いて世界選手権に出場するものの4回戦で敗れた[7]。 10月のグランプリ・アブダビでは優勝を飾った[8]

2012年5月には体重別で優勝を果たしてオリンピック代表に選出された[9]

迎えたロンドンオリンピックでは準々決勝でドイツのオーレ・ビショフの腕固めを食らい、参ったを宣告して敗北を喫したが、敗者復活戦ではブラジルのレアンドロ・ギルヘイロと対戦し優勢勝ちで3位決定戦へと回った。だが3位決定戦ではロシアのイワン・ニフォントフの合わせ技一本で敗れ、銅メダルを逃がし5位入賞に終わった[2]

戦績編集

(出典[2]JudoInside.com)。

有力選手との対戦成績編集

対戦成績
国籍 選手名 内容
  金宰範 4敗
  レアンドロ・ギルヘイロ 1勝2敗
  エルヌル・ママドリ 1敗
  オーレ・ビショフ 1勝1敗
  セルジュ・トマ 1勝

(参考資料:ベースボールマガジン社発行の近代柔道バックナンバー、JudoInside.com等)。

出典編集

外部リンク編集