メインメニューを開く

中区 (名古屋市)

名古屋市16行政区のひとつ

中区(なかく)は、名古屋市を構成する16区のうちのひとつ。

なかく
中区
(with Sakura) Nagoya Castle Keep Tower.JPG
Emblem of Naka, Nagoya, Aichi.svg
中区章(1987年11月制定)[1]
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
名古屋市
団体コード 23106-1
面積 9.38km2
総人口 87,302
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 9,307人/km2
隣接自治体
隣接行政区
名古屋市千種区東区北区西区
中村区昭和区熱田区中川区
区の木 イチョウ
区の花 パンジー
中区役所
所在地 460-8447
愛知県名古屋市中区栄四丁目1番8号
北緯35度10分7.3秒東経136度54分37.2秒座標: 北緯35度10分7.3秒 東経136度54分37.2秒
中区役所
(中区役所が入居する栄サンシティビル
外部リンク 名古屋市中区
中区の県内位置

中区 (名古屋市)位置図

 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

1908年(明治41年)4月1日に4区制施行した時から存在する。1937年10月1日に一部が中村区となる。1944年(昭和19年)2月1日に栄区(さかえく)を分区したが、翌年11月3日に編入されている。

名古屋市の中核に位置する区で、三丁目周辺には有名なデパート三越松坂屋)など商業施設が集中し、その南には電気街として有名な大須がある。また、名古屋城三の丸には、国の出先機関、愛知県庁名古屋市役所などの行政機関が集中している。また、伏見駅から栄駅の間、または丸の内駅から久屋大通駅にかけての桜通、錦通、広小路通では金融機関が林立しており、名古屋における都市銀行や地方銀行の拠点がこれらの通りに面している所に集中している。

地理編集

沿革編集

 
葛飾北斎富嶽三十六景尾州不二見原、描かれている場所は名古屋市中区の富士見原もしくは伏見町。

明治

  • 明治11年(1878)郡区町村編制法による新行政区名古屋区ができる
  • 明治22年(1889)名古屋区が名古屋市となる(人口157,496人)
  • 明治24年(1891)濃尾大震災
  • 明治27年(1894)日清戦争始まる
  • 明治31年(1898)(笹島―県庁前)間に市内電車開通

市内電話通話開始(加入者200名)

  • 明治37年(1904)日露戦争始まる
  • 明治40年(1907)都市ガス供給開始(本町―古渡間)

名古屋港開港

  • 明治41年(1908)中区設置4区制(中区、東区、西区、南区)

中区役所を万松寺境内に置く

  • 明治42年(1909)鶴舞公園(当時中区鶴舞町)開園
  • 明治43年(1910)精進川改修工事完成

第10回関西府県連合共進会を鶴舞公園で開催

  • 明治44年(1911)精進川を新堀川と改称

大正

  • 大正2年(1913)納屋橋架け替え工事完成
  • 大正3年(1914)中区役所庁舎完成(西川端町3-42 現千代田一丁目)

第1次世界大戦始まる

名古屋市上水道完工・給水開始

  • 大正7年(1918)名古屋でも米騒動起こる
  • 大正9年(1920)第1回国勢調査(市世帯数92,461、人口429,997人

中区世帯数37,748、人口174,141人)

  • 大正10年(1921)隣接16カ町村を本市に編入
  • 大正11年(1922)電車の市営開始
  • 大正14年(1925)NHK名古屋放送(JOCK)ラジオ放送開始

昭和(戦前)

  • 昭和3年(1928)御大典奉祝・名古屋博覧会が鶴舞公園にて開催
  • 昭和5年(1930)市営バス営業開始

名古屋城を名古屋市へ御下賜

  • 昭和6年(1931)満州事変起こる
  • 昭和8年(1933)市役所現庁舎完成(三の丸三丁目)
  • 昭和9年(1934)中区役所現庁舎現在地に移転(新栄1-6 現栄四丁目)
  • 昭和11年(1936)桜通(名古屋駅前―東桜町間)完成
  • 昭和12年(1937)名古屋汎太平洋平和博覧会開催

日支事変起こる

10区制施行により中区の区域変更

  • 昭和16年(1941)太平洋戦争始まる
  • 昭和17年(1942)初空襲市内6ヵ所に焼夷弾落下
  • 昭和19年(1944)13区制実施により、栄区を新設

中区役所 中区大池町に移転

中保健所開所(下前津町)

  • 昭和20年(1945)名古屋城天守閣、本丸御殿等空襲により焼失

太平洋戦争終結

栄区を廃し、中区に合併(12区に減区)

昭和(戦後)

  • 昭和22年(1947)新憲法・地方自治法施行
  • 昭和26年(1951)日本初の民間放送局中部日本放送(CBC)ラジオ放送開始
  • 昭和27年(1952)名古屋空港開港
  • 昭和29年(1954)テレビ塔完工
  • 昭和30年(1955)第1回名古屋まつり開催
  • 昭和31年(1956)名古屋市政令指定都市になる
  • 昭和32年(1957)地下鉄(名古屋―栄町間)開通
  • 昭和33年(1958)錦通り開通

中区役所新庁舎完成(栄四丁目1-11)

区制50周年

  • 昭和34年(1959)伊勢湾台風名古屋地方を襲う

名古屋城再建

  • 昭和37年(1962)市教育館開館

市科学館開館 

  • 昭和38年(1963)守山市を編入、守山区を設置(13区制実施)

愛知郡鳴海町を編入、緑区を設置(14区制実施)

  • 昭和39年(1964)東海道新幹線営業開始

第18回オリンピック東京大会開催

名古屋都市計画第1号・栄公園完成

  • 昭和40年(1965)名神高速道路全線開通
  • 昭和41年(1966)新住居表示実施(丸の内、錦、栄)

市役所西庁舎完成

  • 昭和43年(1968)区政協力委員制度発足
  • 昭和44年(1969)名古屋市人口200万人突破

「サカエチカ」オープン

  • 昭和45年(1970)日本万国博覧会開催
  • 昭和46年(1971)前津福祉会館・児童館開館
  • 昭和47年(1972)市民会館開館
  • 昭和49年(1974)市電全廃
  • 昭和50年(1975)名東区、天白区を設置(16区制)
  • 昭和52年(1977)市博物館開館

名古屋市基本構想議決

  • 昭和53年(1978)中区制70周年

婦人会館開館

大井プール開所

  • 昭和55年(1980)市基本計画を策定・公表
  • 昭和56年(1981)納屋橋改築完成
  • 昭和57年(1982)中文化センター開館

基幹バス(ミッキー)運行開始

セントラルブリッジ(久屋大通公園)開通

中社会教育センター開館

  • 昭和58年(1983)エンゼルブリッジ(久屋大通公園)開通
  • 昭和59年(1984)名古屋城博開催

名古屋国際センター開館

  • 昭和60年(1985)高速2号線(東新町―高辻間)、高速分岐3号線(鶴舞南―東別院間)開通

市役所東庁舎完成

  • 昭和61年(1986)若宮大通調節池完成
  • 昭和62年(1987)中区の区章の制定・区の木・区の花選定
  • 昭和63年(1988)中区制80周年

白川公園に市美術館開館

市新基本計画策定・公表

平成

  • 平成元年(1989)市会で「デザイン都市宣言」決議

金山総合駅オープン

世界デザイン博覧会開催

市制百周年

  • 平成2年(1990) 名古屋国際会議場開場

第1回中区区民まつり(中区なかよしまつり)実施

平成3年(1991) 名古屋都市センター発足

中区役所朝日生命共同ビル業務開始

  • 平成4年(1992) 市総合体育館開館
  • 平成5年(1993) 市リサイクル推進センターの開設
  • 平成6年(1994) 「わかしゃち国体」を開催
  • 平成7年(1995) 阪神・淡路大震災

伏見ライフプラザを開設

  • 平成8年(1996) 平成8年8月8日を「まるはちの日」として市内各所で記念イベントの開催を決定

ナディアパーク完成

  • 平成9年(1997) 名古屋能楽堂開館
  • 平成10年(1998) ランの館開館
  • 平成11年(1999) ごみ非常事態宣言

金山南ビル・名古屋ボストン美術館開館

にっぽんど真ん中祭りを開催

  • 平成12年(2000) 介護保険制度開始

東海豪雨 東海地方に集中豪雨 全市に甚大な被害

名古屋市新世紀計画2010公表

  • 平成13年(2001) 中スポーツセンター開館

ガイドウェイバスシステム「ゆとりーとライン」運行開始

  • 平成14年(2002) 名古屋市が東海大地震にかかる地震防災対策強化地域に指定

オアシス21オープン

藤前干潟がラムサール条約の登録湿地として認定

  • 平成15年(2003) 市男女平等参画推進センター(つながれっとNAGOYA)オープン
  • 平成16年(2004) 「あおなみ線」開業(名古屋駅―金城ふ頭)

「安心・安全で快適なまちづくり条例」施行

  • 平成17年(2005) 中部国際空港「セントレア」開港

日本国際博覧会「愛・地球博」開催

「新世紀・名古屋城博」開催

金山総合駅北にアスナル金山オープン

  • 平成19年(2007) 市が「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」国内開催地に決定

名古屋港開港100周年

  • 平成20年(2008) 中区制100周年

区政運営方針策定(以降毎年度策定) 大井プール閉鎖

  • 平成22年(2010) 名古屋開府400年

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)開催

栄市税事務所、ささしま市税事務所、金山市税事務所開設

  • 平成23年(2011) 名古屋市科学館リニューアルオープン

東日本大震災

  • 平成24年(2012) 第1回中区安心・安全・快適なまちづくり大会開催
  • 平成25年(2013) 中保健所が中区役所内に移転

名古屋都市高速道路全面開通

  • 平成26年(2014) ランの館閉館

久屋大通庭園フラリエ開館

名古屋市生涯学習推進センター閉館

イーブルなごや(男女平等参画推進センター・女性会館)開館

なごや人権啓発センターソレイユプラザなごや開館

持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議開催

  • 平成28年(2016) 中区区民会議がスタート
  • 平成29年(2017) 中区広報大使を設置
  • 平成30年(2018) 金シャチ横丁オープン

中区制110周年

中保健所を中保健センターに名称変更

御園座リニューアルオープン

施設編集

警察署編集

 
NTT西日本東海病院

本部

交番

  • 大津橋交番(丸の内三丁目)
  • 南久屋交番(新栄町2丁目)
  • 池田交番(栄四丁目)
  • 新栄交番(新栄三丁目)
  • 公園前交番(千代田五丁目)
  • 大須交番(大須二丁目)
  • 広小路交番(栄一丁目)
  • 栄交番(錦三丁目
  • 矢場交番(栄三丁目)
  • 松元交番(千代田一丁目)
  • 橘交番(富士見町)
  • 金山駅前交番(金山1丁目)

消防編集

本部

消防署

出張所

  • 老松(中区新栄1-46-12)
  • 橘(中区橘1-22-15)

医療編集

主な病院

図書館編集

郵便局編集

主な郵便局

郵便局編集

主な郵便局

劇場・ホール編集

文化施設編集

運動施設編集

主なスポーツ施設

経済編集

名古屋市愛知県中部地方の経済の中枢機能が集積していることもあり、多くの企業が本社を構えている。また、中日本最大の繁華街であるを中心に商業などの第三次産業が発展している。また、区内に日本三大証券取引所の一角である名古屋証券取引所名古屋商工会議所などの金融商品取引所や経済団体などが存在する。

商業編集

百貨店

主な商業施設

本社を置く企業編集

上場企業

その他の主な企業

金融機関編集

マスメディア編集

教育編集

 
中部大学 名古屋キャンパス
 
名古屋商科大学
名古屋伏見キャンパス
 
日本福祉大学
名古屋千代田キャンパス

大学編集

私立

専修学校編集

私立

高等学校編集

市立

私立

中学校編集

市立

小学校編集

市立

  • 名古屋市立老松小学校
  • 名古屋市立大須小学校
  • 名古屋市立栄小学校
  • 名古屋市立新栄小学校
  • 名古屋市立橘小学校
  • 名古屋市立千早小学校
  • 名古屋市立平和小学校
  • 名古屋市立正木小学校
  • 名古屋市立松原小学校
  • 名古屋市立御園小学校
  • 名古屋市立名城小学校

その他の学校編集

交通編集

鉄道編集

 東海旅客鉄道(JR東海)

 名古屋鉄道(名鉄)

名鉄金山駅は熱田区金山町がそれぞれ所在地であり、中区との区境である。
名鉄公式サイトにおいては、栄町駅住所は「東区東桜一丁目12番先」とされている。駅自体は中区森の地下街のさらに地下に所在する。
東山線新栄町駅は駅名の由来は中区新栄町だが、駅は区境を越えた東区にある。

  名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)

一般路線バス編集

道路編集

高速道路

国道

県道

幹線道路の道路通称名編集

<南北の道路>

<東西の道路>

中心部の道路通称名編集

<南北の道路>

  • 木挽町通
  • 竪三蔵通
  • 中ノ町通
  • 御園通
  • 堀川東通
  • 西大須通
  • 常盤通
  • 桑名町通
  • 長島町通
  • 長者町通
  • 本町通
  • 七間町通
  • 呉服町通
  • 伊勢町通
  • 裏門前町通
  • 新天地通
  • 前津通
  • 武平通
  • 東栄通
  • 西川端通
  • 東川端通
  • 千代田通
  • 七本松通
  • 中央線西通

<東西の道路>

  • 京町通
  • 上中通
  • 魚ノ棚通
  • 杉ノ町通
  • 伝馬町通
  • 袋町通
  • 本重町通
  • 入江町通
  • 三蔵通
  • 白川通
  • 矢場町通
  • 瓦通
  • 東陽通
  • 花園通
  • 大須観音西通
  • 赤門通
  • 万松寺通
  • 仁王門通
  • 松元通
  • 松ヶ枝通
  • 宇津木橋通

観光編集

祭事・催事編集

主なイベント編集

出身有名人編集

名物・名産編集

主な名産

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋市:区章 区の花 区の木(中区)”. 中区役所区民生活部まちづくり推進室まちづくり推進係 (2009年1月21日). 2015年1月11日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、中区に関するカテゴリがあります。