中区 (名古屋市)

名古屋市16行政区のひとつ

中区(なかく)は、名古屋市を構成する16区のうちのひとつ。

なかく
中区
Nagoyajo1.JPG
Emblem of Naka, Nagoya, Aichi.svg
中区章(1987年11月制定)[1]
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
名古屋市
団体コード 23106-1
面積 9.38km²
総人口 86,561
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 9,230人/km²
隣接自治体
隣接行政区
名古屋市千種区東区北区西区
中村区昭和区熱田区中川区
区の木 イチョウ
区の花 パンジー
中区役所
所在地 460-8447
愛知県名古屋市中区栄四丁目1番8号
北緯35度10分7.3秒東経136度54分37.2秒座標: 北緯35度10分7.3秒 東経136度54分37.2秒
中区役所
(中区役所が入居する栄サンシティビル
外部リンク 名古屋市中区
中区の県内位置

中区 (名古屋市)位置図

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

1908年(明治41年)4月1日に4区制施行した時から存在する。1937年10月1日に一部が中村区となる。1944年(昭和19年)2月1日に栄区(さかえく)を分区したが、翌年11月3日に編入されている。

名古屋市の中核に位置する区で、三丁目周辺には3つのデパート三越丸栄松坂屋)など商業施設が集中し、その南には電気街として有名な大須がある。また、名古屋城三の丸には、国の出先機関、愛知県庁名古屋市役所などの行政機関が集中している。また、伏見駅から栄駅の間、または丸の内駅から久屋大通駅にかけての桜通、錦通、広小路通では金融機関が林立しており、名古屋における都市銀行や地方銀行の拠点がこれらの通りに面している所に集中している。

地理編集

経済編集

名古屋市愛知県中部地方の経済の中枢機能が集積していることもあり、多くの企業が本社を構えている。また、中日本最大の繁華街であるを中心に商業などの第三次産業が発展している。また、区内に日本三大証券取引所の一角である名古屋証券取引所名古屋商工会議所などの金融商品取引所や経済団体などが存在する。

商業編集

百貨店
主な商業施設

本社を置く企業編集

上場企業
その他の主な企業

金融機関編集

郵便局編集

マスメディア編集

教育編集

大学編集

専門学校編集

高等学校編集

中学校編集

小学校編集

  • 名古屋市立老松小学校
  • 名古屋市立大須小学校
  • 名古屋市立栄小学校
  • 名古屋市立新栄小学校
  • 名古屋市立橘小学校
  • 名古屋市立千早小学校
  • 名古屋市立平和小学校
  • 名古屋市立正木小学校
  • 名古屋市立松原小学校
  • 名古屋市立御園小学校
  • 名古屋市立名城小学校

交通編集

鉄道編集

 東海旅客鉄道(JR東海)
 名古屋鉄道(名鉄)
名鉄金山駅は熱田区金山町がそれぞれ所在地であり、中区との区境である。
名鉄公式サイトにおいては、栄町駅住所は「東区東桜一丁目12番先」とされている。駅自体は中区森の地下街のさらに地下に所在する。
東山線新栄町駅は駅名の由来は中区新栄町だが、駅は区境を越えた東区にある。
  名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)

一般路線バス編集

道路編集

高速道路
国道
県道

幹線道路の道路通称名編集

<南北の道路>
<東西の道路>

中心部の道路通称名編集

<南北の道路>
  • 木挽町通
  • 竪三蔵通
  • 中ノ町通
  • 御園通
  • 堀川東通
  • 西大須通
  • 常盤通
  • 桑名町通
  • 長島町通
  • 長者町通
  • 本町通
  • 七間町通
  • 呉服町通
  • 伊勢町通
  • 裏門前町通
  • 新天地通
  • 前津通
  • 武平通
  • 東栄通
  • 西川端通
  • 東川端通
  • 千代田通
  • 七本松通
  • 中央線西通
<東西の道路>
  • 京町通
  • 上中通
  • 魚ノ棚通
  • 杉ノ町通
  • 伝馬町通
  • 袋町通
  • 本重町通
  • 入江町通
  • 三蔵通
  • 白川通
  • 矢場町通
  • 瓦通
  • 東陽通
  • 花園通
  • 大須観音西通
  • 赤門通
  • 万松寺通
  • 仁王門通
  • 松元通
  • 松ヶ枝通
  • 宇津木橋通

名所・旧跡・観光スポット編集

祭事・催事編集

出身有名人編集

栄区編集

  • 栄区(さかえく)は、1944年2月11日にそれ以前の中区・東区西区から分区したが、1945年11月3日に中区に編入され、消滅した名古屋市の行政区のひとつ。太平洋戦争で人口が激減してしまったため、中区と合併するに至った。

脚注編集

  1. ^ 名古屋市:区章 区の花 区の木(中区)”. 中区役所区民生活部まちづくり推進室まちづくり推進係 (2009年1月21日). 2015年1月11日閲覧。