メインメニューを開く

中南米の競馬(ちゅうなんべいのけいば)では、中南米の競馬について包括的に概説する。

目次

各国の様子編集

国際セリ名簿基準委員会(ICSC)は、世界の競馬開催国をパート1からパート3までのカテゴリに分類している。

パート1国編集

パート1国については下記の各記事を参照。

パート2国編集

中南米のパート2国には、ウルグアイパナマプエルトリコベネズエラが認定されている。

プエルトリコ編集

  • プエルトリコフューチュリティ(Puerto Rico Futurity) - カノバナスにあるカマレロ競馬場で行われる、内国産2歳馬の主要競走。現在は1400メートルで施行されている。過去の勝馬にはプエルトリコの三冠馬en:Vuelve Candy B.などがいる[1]

ベネズエラ編集

  • シモン・ボリバル国際大賞(Clásico Simón Bolívar) - 1946年創設。3歳以上の馬齢重量戦で、1.5マイル(約2400メートル)で行われる[2]

パート3国編集

中南米のパート3国には、エクアドルコロンビアジャマイカトリニダード・トバゴドミニカ国メキシコが認定されている。

メキシコ編集

  • アメリカハンデキャップ(Handicap de las Américas) - 1942年に創設されたメキシコの主要競走。メキシコシティで開催され、3歳以上の競走。現在は9.5ハロン(約1900メートル)で行なわれている[4]

認定を受けていない国・地域編集

ICSCの認定を受けていない国・地域の競馬については下記に記す。

参考文献・出典編集

  • 『競馬の世界史』ロジャー・ロングリグ・著、原田俊治・訳、日本中央競馬会弘済会・刊、1976
  • 『競馬百科』日本中央競馬会・編、みんと・刊、1976
  • 『海外競馬完全読本』海外競馬編集部・編、東邦出版・刊、2006

注釈編集

関連項目編集