メインメニューを開く

中原 佑介(なかはら ゆうすけ、1931年8月22日 - 2011年3月3日[1])は、日本の美術評論家。京都精華大学学長、同大学名誉教授。

中原 佑介
Yusuke Nakahara bijutsu-techo Boken-ha 1961-192.jpg
1961年の中原
生誕 江戸頌昌
(1931-08-22) 1931年8月22日
兵庫県神戸市
死没 2011年3月3日(2011-03-03)(79歳)
国籍 日本の旗 日本
教育 京都大学
著名な実績 美術評論家

経歴編集

兵庫県神戸市生まれ。本名・江戸頌昌(えどのぶよし)。京都大学理学部卒、京都大学大学院中退。湯川秀樹研究室で理論物理学を専攻していたが、在学中の1955年美術評論が雑誌に掲載されたのを機に、美術批評家となる。1970年に国際美術展「東京ビエンナーレ」のコミッショナー、1976年と1978年にベネチア・ビエンナーレのコミッショナーを務めた。1990年3月から9月まで水戸芸術館美術部門芸術総監督を務めた。その後京都精華大学教授となり、2002年に退任して京都精華大学名誉教授となった。2006年4月から2010年3月まで兵庫県立美術館長を務め、2008年1月には国際美術評論家連盟会長に就任した。東野芳明針生一郎と並んで「美術評論の御三家」と呼ばれた。2011年3月3日、79歳で死去[1]

著書編集

  • 『ナンセンスの美学』 現代思潮社, 1962
  • 『現代彫刻』 角川書店<角川新書>, 1965
  • 『見ることの神話』 フィルムアート社, 1972
  • 『人間と物質のあいだ 現代美術の状況』 田畑書店, 1972
  • 『ナンセンス芸術論』 フィルムアート社, 1972
  • 『大発明物語』 美術出版社, 1975
  • 『現代芸術入門』 美術出版社, 1979
  • 『ブランクーシ Endless beginning』 美術出版社, 1986
  • 『80年代美術100のかたち INAXギャラリー+中原佑介』 INAX, 1991
  • 『兵士の物語』 山本容子絵, 評論社, 1992
  • 『一九三〇年代のメキシコ メタローグ』 1994
  • 『関係と無関係 河口龍夫論』 現代企画室, 2003
  • 『中原佑介美術批評選集』(全12巻) 現代企画室, 2011から刊行中

共編著編集

  • 高階秀爾(共編)『現代の美術 1 先駆者たち』講談社 1971
  • 『現代の美術 5 つくられた自然』 講談社 1971
  • 高階秀爾(共編)『現代の美術 別巻 現代美術の思想』講談社 1972
  • 中村真一郎、高階秀爾(共著)『世界の名画 24 モンドリアンと抽象絵画』中央公論社 1974
  • 『グランド世界美術 23 ピカソとマチス 立体派と野獣派』 講談社 1974
  • クリスト Christo works 1958-1983』草月出版 1984
  • 『現代世界の美術 19 デルヴォー』集英社 1986
  • 『ヒトはなぜ絵を描くのか』フィルムアート社 2001
  • 秋元雄史、笠原美智子、増田玲共(著)神戸芸術工科大学デザイン教育研究センター(編)『美術と展示の現場』新宿書房 2008

翻訳編集

  • 『花嫁と独身者たち 現代芸術五人の巨匠』 カルヴィン・トムキンズ 高取利尚共訳 美術出版社 1972
  • 『現代の絵画 20 現代のイギリス絵画』 エンリコ・クリスポルティ 川名公平共訳 平凡社 1973
  • 『パフォーマンス 未来派から現在まで』 ローズリー・ゴールドバーグ リブロポート・アール・ヴィヴァン選書 1982.11
  • 『コンスタンチン・ブランクーシ』 エリック・シェインズ 水沢勉共訳 美術出版社 (モダン・マスターズ・シリーズ) 1991.2
  • ウォーホル日記』 パット・ハケット編 野中邦子共訳 文藝春秋 1995.12 / 文春文庫(上下) 1997.1

脚注編集

外部リンク編集