中原師守
時代 南北朝時代
生誕 不明(正和元年(1312年)もしくはそれ以後)
死没 不明(建徳元年/応安3年(1370年)もしくはそれ以前)
官位

建武政権およびそれ以前:大炊頭、権少外記

北朝:権少外記、雅楽頭、少外記、主計権助、記録所寄人(、院上北面?、明経道直講?、助教?、明経博士?、正五位上?)
主君 後醍醐天皇光明天皇崇光天皇後光厳天皇
氏族 明経道中原氏師重流
父母 中原師右
兄弟 師茂師守
師豊
テンプレートを表示

中原 師守(なかはら の もろもり)は、南北朝時代北朝に仕えた官人。南北朝時代の最重要史料の一つである日記師守記』(重要文化財)の著者。

略歴編集

大外記中原師右の子として誕生[1]。兄の大外記中原師茂は、外記(朝廷の事務方・書記方)の首位である局務を務めた[1]。正確な生年は不明だが、兄の生年が正和元年(1312年[2]であるから、それ以後である。中原氏は10世紀の明経博士中原有象を氏祖とする学者の名門で、本流が明経道(儒学)を家学とし、傍流が明法道(法学)を家学とした[3]。本流明経道の系統は、(有象を初代として)第7代当主の中原師尚の子の代で、第8代当主師綱とその弟師重の流に分かれたが、師守は師重の玄孫(孫の孫)に当たる[3]

外記補任』によれば、大炊頭を経て、建武政権では建武2年(1335年)権少外記となる[1]南北朝の内乱では北朝に属し、延元2年/建武4年(1337年)に雅楽頭を兼任、延元3年/暦応元年(1338年)に少外記に転じ、雅楽頭を辞し、主計権助を兼任[1]。これ以降『外記補任』には記載されない[1]。のち、記録所寄人[1]。また、後世の系図である『系図纂要』所収『中原系図』では、院上北面、明経道の直講、助教、明経博士に登り正五位上となったと伝承されている[1]

官人としては、局務である兄の師茂の補佐に努めた[1]

没年も不明だが、『外記補任』建徳元年/応安3年(1370年)の嫡子の師豊について「故主税頭師守男」と注されているため、この時までには没していたと考えられる[1]

その日記師守記』は、北朝の朝儀・公事のみならず、南北朝時代の朝廷・武家の政治や軍事、また社会一般の出来事を広く記録しており、同時代における第一級史料の一つである[1]平成16年(2004年6月8日重要文化財に指定された[4]

師守の後裔は押小路家を称し[1][5]、子孫数代は大外記に任じられたが[5]室町時代末期に絶えた[1]。なお、中原氏宗家も後に押小路家を名乗るが、それとは同名別家である[5]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 飯倉晴武 「中原師守」 『国史大辞典吉川弘文館、1997年。 
  • 飯倉晴武 「中原師茂」 『国史大辞典』 吉川弘文館、1997b。 
  • 飯倉晴武 「師守記(一)」 『国史大辞典』 吉川弘文館、1997b。 
  • 武部敏夫 「押小路家(一)」 『国史大辞典』 吉川弘文館、1997年。 
  • 吉岡真之 「中原氏」 『国史大辞典』 吉川弘文館、1997年。 

関連項目編集