中原理恵

日本の歌手、女優、タレント (1958-)

中原理恵(なかはら りえ、1958年6月17日 - )は、日本の元歌手女優タレント司会者。身長:160cm、 血液型はO型。かつて田辺エージェンシーに所属していた。本名は目加田 貴美恵(めかた きみえ)。

なかはら りえ
中原 理恵
本名 目加田 貴美恵
生年月日 (1958-06-17) 1958年6月17日(62歳)
出生地 北海道函館市
国籍 日本の旗 日本
職業 歌手タレント司会者
活動期間 1978年 - 2000年代
主な作品
歌手としての代表曲
東京ららばい
代表されるテレビ番組
欽ドン!良い子悪い子普通の子
ミュージックステーション(初代司会)
出演映画
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎
備考
1980年代欽ちゃんファミリーの一員として活躍。
テンプレートを表示

来歴・人物編集

北海道函館市出身。函館市立潮見中学校遺愛女子高校卒業。1978年CBS・ソニーからアルバム『TOUCH ME』で歌手デビュー。アルバム発売後にリリースされた1stシングルの「東京ららばい」が大ヒット。デビュー当時19歳だったが、大人っぽい曲調に合わせるためなのか、年齢を2歳上に偽っていた[1]。年末には、第20回日本レコード大賞新人賞など数々の新人賞を受賞し、第29回NHK紅白歌合戦にも「東京ららばい」で出場。第二弾「ディスコ・レディー」もヒットとなる。

1981年から1982年にかけて、フジテレビ系列欽ドン!良い子悪い子普通の子』の人気コーナー「良い妻、悪い妻、普通の妻」で「よし子」「わる子」「ふつ子」の三役を演じ、それまでのシリアスなイメージを打ち破る弾けたコメディエンヌぶりで人気が爆発。演技力、カンの良さ、トークの切れが高く評価されることになる。『ドリフ大爆笑』でもセミレギュラーに近い扱いでたびたび出演しオチを任されることも多かった(『欽ドン!』を途中降板となったのは不倫騒動ゆえと話題にもなったが、実際は彼女が歌手としてもうひと花咲かせたいと訴え、萩本欽一がコメディエンヌとしての充電も必要、とその意を汲んだため[2][3])。これを受け、映画監督の市川崑エド・マクベインの『クレアが死んでいる』翻案に挑んだミステリ映画『幸福』で抜擢を受ける。その後は、人気映画『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』のマドンナ役やサスペンスドラマの主演など、歌手・コメディエンヌ・女優とマルチに活躍するようになる。

1983年テレビ朝日日曜洋画劇場』で放映された映画『スーパーマン』の吹き替えを行っている(ロイス・レイン役)。第2作でも同じ役柄を担当した。声優としてはFMラジオドラマへの出演も有った。一方で、同じく1983年には映画『プロ野球を10倍楽しく見る方法』においてギャグアドバイザーという形で製作にかかわった。

1986年10月放送開始の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に、初代メイン司会者の関口宏と共にパートナーとして、司会進行役を務めた。その半年後の1987年4月からは、二代目メイン司会者がタモリとなり、タモリのパートナーとして務めていたが、同年12月末で降板。

その後は女優業(ドラマ出演等)を主に活動。また、1997年にはfaceというユニットを組み、一時歌手活動を再開した。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
CBS・ソニー
1977年9月21日 06SP-178 A ロックンロール・ランデブーのテーマ Too Fast To Live (Too Young To Die)[4] ジョニー大倉

内海利勝

B 愛の通り雨 Love Is Just Like Rain[4]
1978年3月21日 06SH-259 A 東京ららばい 松本隆 筒美京平
B TOUCH ME 竜真知子
1978年8月1日 06SH-366 A ディスコ・レディー[5] 松本隆 筒美京平
B SENTIMENTAL HOTEL
1978年12月5日 06SH-420 A マギーへの手紙 Letter To Maggie 松本隆 筒美京平 鈴木茂

梅垣達志

萩田光雄

B BOY HUNT 筒美京平
1979年3月21日 06SH-484 A 枕詞(ピロー・トーク)[5] 松本隆 筒美京平 矢野誠
B 卍BLUES
1979年8月1日 06SH-551 A SHOW BOAT 松本隆 筒美京平 佐藤準
B 聖三角形 矢野誠
1979年11月21日 06SH-657 A 寒い国から来た女 松本隆 筒美京平 萩田光雄
B やさしさの証明
1980年3月21日 06SH-735 A 懐しのジョージ・タウン 松本隆 筒美京平 船山基紀
B 螺旋階段
1980年7月21日 06SH-811 A 抱きしめたい 松本隆 筒美京平 筒美京平

梅垣達志

B ダイアン・キートン 鈴木茂
1981年1月21日 07SH-912 A シェイク シェイク・・・ ちあき哲也 鈴木キサブロー 船山基紀
B 時の片隅 吉田美奈子 林哲司
1981年5月21日 07SH-999 A 横浜ブギウギ娘 ちあき哲也 鈴木キサブロー 小泉宏
B ミッドナイト・プレイタウン・東京 杉本真人 飛沢宏元
1981年9月21日 07SH-1054 A 死ぬほど逢いたい 松本隆 松宮恭子 大村雅朗
B Eマイナーのラブソング
1982年3月5日 07SH-1107 A 愛してクレイジー 麻木かおる 井上堯之 甲斐正人
B やさしさの香り
1982年7月21日 07SH-1177 A 頬たたかれて 橋本淳糸井重里 井上堯之 甲斐正人
B い・じ・わ・る 麻木かおる
1982年9月22日 07SH-1215 A 風が吹いたら恋もうけ 伊藤アキラ 大瀧詠一 矢野誠

飛沢宏元

B 乱反射 麻木かおる 井上堯之 甲斐正人
1983年4月1日 07SH-1265 A さみしさ裏がえし 下田逸郎 村下孝蔵 甲斐正人
B 星のため息 康珍化 安部恭弘 水谷公生
1983年9月1日 07SH-1390 A 銀河系まで飛んで行け![6] 喜多條忠 吉田拓郎 瀬尾一三
B 涙のカクテル 松本隆 筒美京平 大村雅朗
1984年2月1日 07SH-1459 A さよなら冷たいひと 糸井重里 高橋幸宏
B 誘惑は忍び足で 實川翔 木下伸司 甲斐正人
1984年7月21日 07SH-1536 A 千年接吻[7] 売野雅勇 井上大輔 船山基紀
B SINGAPORE SLING
1985年9月1日 07SH-1683 A 私小説 かしぶち哲郎 矢野誠
B 生意気娘 中原理恵 高橋幸宏
Mash-U Recording
1997年10月29日 PODH-5004 1 吐息のオペラ[8][9] 森雪之丞 OGAWA 森岡賢
2 嵐(アンプラグド・ピアノ・ミックス)[8] 西尾佐栄子 OGAWA
3 吐息のオペラ(オフ・ヴォーカル・ヴァージョン) - 森岡賢

アルバム編集

※ すべてCBS・ソニー(Sony Records)より発売。

発売日 規格 規格品番 アルバム
1978年2月25日 LP 25AH-404 TOUCH ME
1978年12月5日 LP 25AH-652 KILLING ME
1979年8月1日 LP 25AH-772 夢つれづれ
1979年12月21日 LP 25AH-905 VIVID
1980年7月21日 LP 27AH-1017 Heart of Gold
1981年1月21日 LP 27AH-1159 夢合わせ
1982年4月1日 LP 28AH-1399 インスピレーション
1982年 LP 25AH-1477 The Best '83
1984年2月25日 LP 28AH-1689 LADY麗(REI)
1985年9月1日 LP 28AH-1903 UN ART DE VIVRE
2003年7月16日 CD MHCL-305 GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singles

出演編集

映画編集

ドラマ編集

テレビ編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1978年(昭和53年)/第29回 東京ららばい 11/24 新沼謙治
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ編集

CM編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ EP「東京ららばい」ジャケット記載のプロフィールには 1956年6月15日生まれ、とされている。
  2. ^ 日刊ゲンダイ プレイバック芸能スキャンダル史 中原理恵 人気の「欽ドン」をわずか1年で降板
  3. ^ 実際、制裁降板ではなかったことを裏付けるかのように1994年1月4日に放送された『新春オールスター 欽ドン! 同窓会スペシャル』には元レギュラーとして出演し、萩本とも普通に会話している。
  4. ^ a b RIE名義:プレデビュー盤。
  5. ^ a b サントリー「デリカワイン」CMソング。
  6. ^ キャンディーズが1977年に発売した5枚組アルバムBOX収録の同曲のカバー。梓みちよもその前にカバーしている。
  7. ^ 松竹映画『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』挿入歌。
  8. ^ a b Face名義。
  9. ^ フジテレビ系「ShimuraXYZ(志村X)」エンディングテーマ。

関連項目編集

外部リンク編集