メインメニューを開く

中原電車区

中原電車区(なかはらでんしゃく)は、神奈川県川崎市中原区上小田中5丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜支社車両基地である。運転士も所属する。

中原電車区
車両展示会で賑わう中原電車区。電車区のすぐ側を南武線本線の高架が通る。
車両展示会で賑わう中原電車区。電車区のすぐ側を南武線本線の高架が通る。
基本情報
日本の旗 日本
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
帰属組織 横浜支社
所属略号 横ナハ
配置両数
電車 250両
合計 250両
備考 2018年4月1日現在のデータ
テンプレートを表示

南武線武蔵中原 - 武蔵新城間に並行しており、電車の出入区は武蔵中原駅から行われる。

目次

配置車両の車体に記される略号編集

横ナハ」…横浜支社を意味する「横」と、中原を意味する「ナハ」から構成される。

 
中原電車区 所属略号

歴史編集

南武線の前身である南武鉄道の開業以来、矢向駅構内に矢向電車区があったが手狭になったために、1960年4月25日に開設され車両を移管した。登戸駅構内に電留線を作る案もあったが[要出典]、現在のところ実現していない。なお、矢向駅には中原電車区矢向派出所を設置、電車区であった線路は留置線とした。

国鉄分割民営化後の1988年には、鶴見線の車両も担当することになり弁天橋電車区から移管された。なお、鶴見線用車両は鶴見線営業所(旧弁天橋電車区敷地に新設)に常駐している。

略号は日本国有鉄道(国鉄)時代の当初は東京鉄道管理局管轄であったことから「東ナハ」であったが、1969年武蔵小杉以北が東京西鉄道管理局管轄とされたため、「西ナハ」とされた。民営化後は東京圏運行本部→東京地域本社の管轄となったため再び「東ナハ」となったが、1996年10月の横浜支社発足に伴う管轄の変更で「横ナハ」となった。

2015年3月に浦和電車区の検修部門がさいたま車両センターに独立してからは、JR東日本で唯一検修部門と運転士が所属する電車区となった。

配置車両と運用編集

南武線・鶴見線用の電車が配置されている。2018年4月1日時点の配置車両は以下の通り[1][2]

 
南武線の車両。左から 205系1000番台同0番台209系205系1200番台
 
鶴見線の205系1100番台
電車 気動車 機関車 客車 貨車 合計
250両 0両 0両 0両 0両 250両
  • E233系8000番台・8500番台(216両)
    • 南武線用の8000番台6両編成35本(N1 - 35編成)と8500番台6両編成1本(N36編成)が配置される。
    • 205系と209系の置き換え用として投入され、2014年10月4日より営業運転を開始した[3][2]
    • 8500番台は、2017年2月に豊田車両センターから元青梅五日市線用の0番台青670編成が改番して転入したもの。同年3月15日より営業運転を開始している[4]
  • 205系電車(33両)
    • 3両編成9本(T編成)、2両編成3本(ワ編成)の計12本が配置されている。3両編成は鶴見線用、2両編成は南武支線(尻手 - 浜川崎間)用で、3両編成は鶴見線営業所に常駐する。2両編成は、クモヤ145形の廃車後、電車区内の構内入換をする牽引車代用の役目を担っている[5]
    • 山手線中央・総武緩行線埼京線からの転入車のうち、先頭改造車(1000・1100・1200番台)が18本、落成時点から先頭車である編成は11本であった。なお、南武支線用と鶴見線用はすべての編成が先頭改造車である。
    • 先頭車前面の編成番号表記は、新製時より所属している編成がプレート式、転属車がテープ式になっている(ナハ15編成のクハ204-138・ナハ35編成のクハ205-19を除く)。
    • 先頭改造車のうちナハ48編成は2009年7月に、209系2200番台投入による捻出とナハ4編成復旧のため、モハユニット2両を抜いた4両編成に組み換えて仙台車両センター宮城野派出所に転出、これにより103系が置き換えられた。ナハ4編成は抜かれたモハユニット2両を組み込んで営業運転に復帰し、故障当該車のモハユニットは廃車された。
    • 鶴見線用3両編成は全編成で大窓小窓車が混在しており、クモハ・モハが元山手線車でクハが元埼京線車である。南武支線用2両編成はワ4編成が元山手線車で小窓、ワ1・2編成が元中央・総武緩行線車で大窓であるが、もとは京浜東北線で使用された中間車であった。
    • ナハ4編成は前述の組換えを行ったため大窓小窓車が混在している。
    • 2014年2月25日[6]には、元鎌倉車両センターのH26編成が転入し、3月6日からナハ17編成として営業運転を開始した[7]。大窓車であり、編成番号も大窓車の続番だが、番号札は両先頭車ともにテープ式であるほか、前面のLED行先表示機は存置され、号車札は鎌倉車両センター時代と同様に白地に青文字となっていた。2015年1月に廃車されている。
    • 南武線用6両編成は、2014年10月1日には32本配置されていたが、順次廃車され、2016年1月9日のナハ46編成によるありがとう運転をもって営業運転を終了、同年1月15日に全廃となった。
  • 31系(1両)
    • 書類上、1両のみ(クモハ12052)が保留車として当区に配置されているが、現車は車体を整備の上東京総合車両センター西エリアにて保管されている。
    • 1996年3月まで、鶴見線大川支線で運用された。
    • 1980年までは南武線浜川崎支線用の31系由来のクモハ11形・クハ16形が多数配置されていた。

過去の配置車両編集

  • 209系電車( - 2017年4月)
    • 2017年4月1日時点で南武線用の6両編成1本(2200番台)が配置されていた。
    • もとは京浜東北線用0番台からの改造で、京浜東北線時代に固定窓の一部を開閉可能にする工事が施工されている。
    • 2200番台はE233系投入前は3編成が配置されていたが、うちナハ52編成・ナハ54編成は2015年度までにE233系に置き換えられ廃車となった。
    • E233系投入後も残留していたナハ53編成も、E233系8500番台の投入により置き換えられ[8]、2017年4月13日付で幕張車両センターに転属し[9]J1編成「BOSO BICYCLE BASE」となった。
    • 0番台は、E233系8000番台に置き換えられて2015年に廃車された。
  • クモヤ145形( - 2013年)
    • 牽引車。116号の1両が配置されていた。2013年2月14日に長野総合車両センターへ回送され[10]、2月18日付けで廃車となった[11]
    • 新型入換作業システムの導入に伴い、運転台以外での無線操縦が可能で、誘導係員を必要としない入換運転が可能であった。
  • 国鉄103系電車(1982年6月 - 2006年4月)
    • 2005年12月に鶴見線用として最後の1本となっていたT1編成が運用を離脱。2006年4月26日に廃車回送された。
    • 南武線用の編成は当初クモハ103形を含む両端低運転台だったが、ATS-P形の使用開始に伴い1993年以降は浦和電車区(現・さいたま車両センター)などから転入のクハ103形高運転台車を両端に配した編成に統一されていた。これは比較的経年の浅いクハ103形高運転台車にATS-P形を設置することが投資効果上有効であるという判断からであった。国鉄末期には浦和電車区や山手電車区(現・東京総合車両センター)、松戸電車区(現・松戸車両センター)などからの転入車による混色編成や、さらに浦和電車区や豊田電車区(現・豊田車両センター)、奈良電車区(現・吹田総合車両所奈良支所)からの転入車による非冷房車の編成も出現していた。このうち奈良電車区から転入の非冷房モハユニットは新製配置が明石電車区(現・網干総合車両所明石支所)で、近畿地区の車両基地に新製配置された車両は南武線では唯一の存在だった。
  • 国鉄101系電車(1972年 - 2003年12月)
    • 南武線用として試作車を含む編成が転入したのが最初で、鶴見線には弁天橋電車区時代の1980年に投入された。その後南武線からは1991年1月に、鶴見線からも1992年5月に撤退し、残った南武支線用のワンマン編成も2003年12月に運用を終了した。南武線で使用されていた試作車のうちクモハ101-902は東京総合車両センター西エリアを経て現在は鉄道博物館で保存されている。

配置車両のほか、南武線に乗り入れた修学旅行列車などの臨時列車が一時留置されることがある。修学旅行列車は現在は185系大宮総合車両センター配置)だが、過去には167系183・189系などの実績がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 交友社鉄道ファン』2018年7月号付録 「JR旅客会社の車両配置表」
  2. ^ a b ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2018夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年、p.91-92。ISBN 9784330884189
  3. ^ 2014年7月31日より順次、中原電車区に配置されている(鉄道ジャーナル社「鉄道ジャーナル」2014年11月号「車両基地」記事より)。
  4. ^ 南武線でE233系N36編成が営業運転を開始 - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp 鉄道ニュース、2017年3月16日
  5. ^ 交通新聞社『鉄道ダイヤ情報』2014年8月号(通巻364号)pp.49 - 50
  6. ^ 交友社「鉄道ファン」2014年7月号付録「JRグループ車両のデータバンク2013/2014」41頁。
  7. ^ もと横浜線用205系が南武線で営業運転を開始 - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp 鉄道ニュース、2014年3月11日
  8. ^ 南武線(川崎~立川間)E233系車両導入完了について - JR東日本
  9. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2018冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2017年、p.358。ISBN 9784330841175
  10. ^ クモヤ145-116が長野総合車両センターへ
  11. ^ 交友社『鉄道ファン』2013年7月号 「JR旅客会社の車両配置表」

関連項目編集