メインメニューを開く

中台運動公園(なかだいうんどうこうえん)は、千葉県成田市にある市営の総合運動公園である。

中台運動公園
陸上競技場
中台運動公園の位置(千葉県内)
中台運動公園
所在地
千葉県成田市中台5丁目2番地
座標 北緯35度46分50.1秒 東経140度18分24.7秒 / 北緯35.780583度 東経140.306861度 / 35.780583; 140.306861座標: 北緯35度46分50.1秒 東経140度18分24.7秒 / 北緯35.780583度 東経140.306861度 / 35.780583; 140.306861
面積 19.94ha
設備・遊具 陸上競技場軟式野球場球技場体育館テニスコート相撲場プール
駐車場 無料
告示 1973年(昭和48年)
球技場

目次

概要編集

1973年にオープンし、中台球場が開場した。また、同年開催の国民体育大会若潮国体)の秋季会場として利用された。成田駅から徒歩10分圏内と好立地に位置し、全国大会などの会場となることも多い。2002 FIFAワールドカップでは、ナイジェリアドイツ代表の公式練習会場としても利用された。道路網などの交通の便にも恵まれているため、「アメトーーク」(テレビ朝日系列)の「運動神経悪い芸人」「芸人体当たりシミュレーション」や、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系列)の「スポーツテスト」などといった、バラエティー番組の体力系企画のロケ地としても度々使用されている。

2009年4月1日、2014年3月31日までの年間700万円で5年契約で、楽器や業務用音響機器を販売する地元企業のサウンドハウス命名権を取得した。これにより、本施設の呼称は中台運動公園から「サウンドハウス・スポーツセンター」に変更された。また、同時に公園内の各施設の呼称も変更[広報 1](球技場とテニスコートは除く)。

しかし、2010年11月開催の市民マラソンイベントに参加したサウンドハウスの社員から、同イベントのパンフレットでの施設名の表記が契約に反する(本来であれば「サウンドハウススポーツセンター」の表記のみを使うべきを、誤って命名権名称と正式名の「中台運動公園」と併記して掲載した)との指摘があり、サウンドハウスからの申し入れにより、契約期間を3年残して2011年3月31日をもって契約が解除(更新打ち切り)されることとなった[1]。このため、2011年4月1日から元の正式名「中台運動公園」に戻している。命名権の再募集めどは現段階では立っていない。

施設概要編集

「」内は命名権によって導入された愛称であるが、上述のとおり2011年3月で契約更新を打ち切り、現在はそれぞれ正式名称に戻っている。

  • 陸上競技場「プレイテック・スタジアム」(日本陸上競技連盟第2種公認陸上競技場、ナイター設備有)
  • 野球場「ネットハウス・ボールパーク」(ナイター設備有、硬式野球不可)
  • 体育館「フィットネスハウス・アリーナ」
    • 卓球室
    • トレーニング室
    • 柔道場
    • 剣道場
    • 弓道場
    • 会議室
  • 球技場
  • テニスコート(ナイター設備有、全天候型)
  • プール「ファニチャーハウス・ウォーターパーク」(全天候型)
  • 相撲場「大和相撲道場」

沿革編集

  • 1968年(昭和43年) - 都市計画決定。
  • 1973年(昭和48年) - 中台運動公園オープン。中台球場開場。
  • 1983年(昭和58年) - 陸上競技場開場。
  • 1984年(昭和59年) - 成田市体育館開館。
  • 1988年(昭和63年)12月 - 相撲場完成[2]
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 命名権を導入。「サウンドハウス・スポーツセンター」に名称変更。期間は5年間。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 前述の命名権解除の為、再び「中台運動公園」に名称が戻される。

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 中台運動公園:命名権を解除へ 成田市側が契約違反 収入2100万円失う /千葉 - 毎日jp(毎日新聞)、2011年2月15日[リンク切れ]
  2. ^ “成田市中台運動公園 県内一の相撲場完成 外観はミニ国技館”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 22. (1988年12月22日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料編集

  1. ^ 中台運動公園命名権 - 成田市 Archived 2009年3月14日, at the Wayback Machine.

関連項目編集

外部リンク編集