中国の妖怪一覧

ウィキメディアの一覧記事

中国の妖怪一覧(ちゅうごくのようかいいちらん)は、中国妖怪の一覧である。ここでは志怪伝奇・神怪小説、説話、民間伝承の怪異・妖物だけでなく、場合によっては神話上の怪物、神獣、霊鳥、瑞獣、神格化された神話的人物や神仙なども含めている。


目次

あ行編集

編集

名前 読み 備考
悪魔虫 あくまむし[1] 中国語では「悪魔蠕虫(エモ・ルーチョン)」という。粥と共に人体に入り、病をもたらす。
窫窳 あつゆ 人面馬脚で赤い身をし、嬰児のような声を上げ人を喰らうという。

編集

名前 読み 備考
委蛇 いい 2つの頭を持つ蛇。見ただけで死ぬ。
縊鬼 いき
一目五先生 いちもくごせんせい 5人で1組の疫鬼。4人は目を持たず1人だけ1つの目を持つ。善人でも悪人でもない普通の人を病死させる。

編集

名前 読み 備考
鄔文化 うぶんか 封神演義に登場する大男。24万人を殺す。
羽民 うみん

編集

名前 読み 備考
疫鬼 えきき
炎駒 えんく 赤い麒麟
炎帝神農氏 えんていしんのうし

編集

名前 読み 備考
黄虎 おうこ
応龍 おうりゅう
陰摩羅鬼陰魔羅鬼 おんもらき

か行編集

編集

名前 読み 備考
睚眦 がいし 龍生九子の1つ。
獬豸 かいち 正義を象徴する瑞獣の1つ。
開明獣 かいめいじゅう
火烏 かう
玃猿 かくえん
岳神 がくしん
花神 かしん
角端 かくたん 黒い麒麟
火星 かせい 三国時代に予言をした子供。布になって飛び去った。
火鼠 かそ
化蛇 かだ
禍斗 かと
花魄 かはく
壁神 かべがみ[1][疑問点 ] 古壁に住む妖怪。人にとり憑き病をもたらす。
かん
かん
貫匈人 かんきょうじん

編集

名前 読み 備考
鬼市 きし 幽霊の市場。
鬼車 きしゃ
跂踵 きしょう 足が1本で猪の尾を持つ梟。疫病をもたらす。
鬼打牆 きだしょう
吉弔 きっちょう
吉量 きつりょう
瘧鬼 ぎゃくき
九嬰 きゅうえい
窮奇 きゅうき 四凶の1つ。
吸血巨人 きゅうけつきょじん
九頭駙馬 きゅうとうふば
牛魔王 ぎゅうまおう
九霊元聖 きゅうれいげんせい
ぎょう
共工 きょうこう
魚頭 ぎょとう
僵尸 きょうし キョンシー。
夔龍 きりゅう 龍神の1種。
麒麟 きりん 四霊の1つ。
金烏 きんう
金角・銀角 きんかく・ぎんかく
金華猫 きんかびょう
欽原 きんげん
九尾狐 きゅうびこ

編集

名前 読み 備考
衢州三怪 くしゅうさんかい
狗頭鰻 くとううなぎ[1] 船を襲う巨大な鰻。

編集

名前 読み 備考
刑天 けいてん
渓嚢 けいのう 小さな子供のような姿で、袖を引っ張りそのまま引っ張られると死んでしまうという。しかし引っ張り返せば渓嚢が死んでしまうという。日本の妖怪袖もぎさんと通じる部分がある。
計蒙 けいもう
げき
絜鉤 けっこう
玄武 げんぶ 四神の1つ。

編集

名前 読み 備考
こう
こう
紅孩児 こうがいじ
後眼人 こうがんじん
咬鬼 こうき
鮫人 こうじん
江豚 こうとん
虹蜺 こうに
黄眉大王 こうびだいおう
黄風大王 こうふうだいおう
黄父鬼 こうふき
蚣蝮 こうふく 龍生九子の1つ。
黄袍怪 こうほうかい
合踰 ごうゆ
黄龍 こうりゅう →おうりゅう
蛟竜 こうりょう
姑獲鳥 こかくちょう
黒虎 こくこ
黒龍 こくりゅう
虎神 こしん
虎人 こじん
牛頭 ごず
蠱雕 こちょう
五通神 ごつうしん
夸父 こほ
混世魔王 こんせいまおう
渾沌 こんとん 四凶の1つ。
胡媚娘 こびじょう

さ行編集

編集

名前 読み 備考
犀犬 さいけん
賽太歳 さいたいさい
鑿歯 さくし
索冥 さくめい
酒甕 さけがめ 大酒飲みの男。正体は古い酒甕。
沙悟浄 さごじょう
蠍の精 さそりのせい
山𤟤 さんき
産鬼 さんき 難産で死んだ女が成る鬼。産婦の出産を妨げたり殺したりする。
狻猊支麑 さんげい 龍生九子の一つ。
三尸 さんし
三首人 さんしゅじん
山魈 さんしょう
山精 さんせい
山𤢖 さんそう
三大仙 さんたいせん
三虫 さんちゅう 三尸
酸與 さんよ

編集

名前 読み 備考
水牛似にて、鎧が作れるほど丈夫な皮膚、一角あり。その角で酒器を作る。一説にサイのことだとも。
四凶 しきょう
四神 しじん
四霊 しれい
邪魅 じゃみ
蚩尤 しゆう
囚牛 しゅうぎゅう 龍生九子の1つ。
修蛇 しゅうだ
朱厭 しゅえん
酒虫 しゅちゅう
嫦娥 じょうが
聳弧 しょうこ
竦斯 しょうし 山海経に記載。人面鳥身で体はメスの。人を見ると歌って踊り出す
聶耳人 じょうじじん
猩猩 しょうじょう
聶小倩 しょうしょうせい チャイニーズ・ゴースト・ストーリーの原作。
椒図 しょうず 龍生九子の1つ。
商羊 しょうよう
燭陰 しょくいん
しん
人虎 じんこ
秦の毛人 しんのけ[疑問点 ]じん

編集

名前 読み 備考
水虎 すいこ
水母娘娘 すいぼにゃんにゃん
騶虞 すうぐ
四不像 しふぞう
朱雀 すざく 四神の1つ。
水落鬼 すいらくき 溺死人がなるという水中に住む妖怪。

編集

名前 読み 備考
青蛙神 せいあしん
青娥 せいが
青虎 せいこ
青鳳 せいほう
青龍 せいりゅう 四神の1つ。
赤虎 せきこ
赤龍 せきりゅう
銭塘君 せんとうくん
仙狸 せんり

編集

名前 読み 備考
そう 1本の角と5本の尾を持つ豹のような獣。
藻居 そうきょ
双睛 そうせい
相柳 そうりゅう
息壌 そくじょう
狙如 そじょ
孫悟空 そんごくう 西遊記』の主人公

た行編集

編集

名前 読み 備考
太歳星君 たいさいせいくん
大風 たいふう
大鵬 たいほう 鵬の別名。
丹亀 たんき
担生 たんせい

編集

名前 読み 備考
チー[要説明] [要説明] ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター
倀鬼 ちょうき
長股人 ちょうこじん
跳神 ちょうしん
長人 ちょうじん
長臂人 ちょうひじん
嘲風 ちょうほう 龍生九子の1つ。
螭首 ちしょう
長右 ちょうゆう
猪豚蛇 ちょとんだ
猪八戒 ちょはっかい
猪婆龍 ちょばりゅう
ちん

編集

名前 読み 備考

編集

名前 読み 備考
泥鬼 でいき
帝鴻 ていこう
天鶏 てんけい
鉄扇公主 てっせんこうしゅ

編集

名前 読み 備考
檮杌 とうこつ 四凶の1つ。
倒壽 とうじゅ
饕餮 とうてつ 四凶龍生九子の1つ。
刀労鬼 とうろうき
毒蛇龍 どくじゃりゅう
独足鬼 どくそくき
毒龍 どくりゅう
獨角兕大王 どっかくじだいおう
土螻 どろう
呑口 どんこう

な行編集

編集

名前 読み 備考

編集

名前 読み 備考
如意真仙 にょいしんせん

編集

名前 読み 備考

編集

名前 読み 備考
猫将軍 ねこしょうぐん

編集

名前 読み 備考

は行編集

編集

名前 読み 備考
はく
ばく
白猿 はくえん
薄魚 はくぎょ
白娘子 はくじょうし
白澤 はくたく
白龍 はくりゅう
巴蛇 はだ 大蛇
ばつ 中国の日照り神。
白骨夫人 はっこつふじん
馬絆蛇 ばはんだ
馬腹 ばふく
盤古 ばんこ
蠻蠻 ばんばん

編集

名前 読み 備考
肥遺 ひい
贔屓 ひいき 龍生九子の1つ。
貔貅 ひきゅう
飛鼠 ひそ
畢方 ひっぽう 1本足の鶴のような鳥。火災をもたらす。
飛頭蛮 ひとうばん
白虎 びゃっこ 四神の1つ。
廟鬼 びょうき
病猫鬼 びょうびょうき

編集

名前 読み 備考
風狸 ふうり
負屓 ふき 龍生九子の1つ。
鳧徯 ふけい
不死人 ふしじん
夫諸 ふしょ
伏羲 ふっき
賁羊 ふんよう

編集

名前 読み 備考
狴犴 へいかん 龍生九子の1つ。
并封 へいほう 前と後ろに頭がある豚。毒気を持つ。

編集

名前 読み 備考
ほう
鳳凰 ほうおう 四霊の1つ。
咆鴞 ほうきょう
彭侯 ほうこう
鳳仙 ほうせん
封豨 ほうき
望天吼 ぼうてんこう 龍生九子の1つ。
穆王八駿 ぼくおうはっしゅん
樸父 ぼくふ
蒲牢 ほろう 龍生九子の1つ。
奔□[要説明] ほんふ

ま行編集

編集

名前 読み 備考

編集

名前 読み 備考
みずち

編集

名前 読み 備考
無支祁 むしき

編集

名前 読み 備考
命命鳥 めいめいちょう
馬頭 めず

編集

名前 読み 備考
孟極 もうきょく 山海経に記載。額に斑のある白い豹に似る。狩りでは伏せるのが上手く、または人によく懐く。

や行編集

編集

名前 読み 備考
野狗子 やくし
山和尚 やまおしょう

編集

名前 読み 備考

編集

名前 読み 備考
雍和 ようわ

ら行編集

編集

名前 読み 備考
雷公 らいこう
落頭民 らくとうみん 首を飛ばすことができる部族。
羅刹鳥 らせつちょう 袁枚の『子不語』に登場する怪鳥の一種。鶴のような姿をしている。身体の色は灰色、鉤のような嘴と白い大きな爪が特徴的な想像上の鳥。墓地の死体の陰の気が積もって妖怪となったもので、人を襲っては目玉をえぐったり斬りつけるといわれる。人に化ける事もあると恐れられている魔物。[2]
羅祖 らそ 羅教の開祖。
らん

編集

名前 読み 備考
螭吻 りふん 龍生九子の1つ。
りゅう
龍生九子 りゅうせいきゅうし
龍伯 りゅうはく
龍馬 りゅうま
陵魚 りょうぎょ
蠪姪 りょうしつ
緑郎 りょくろう
貍力 りりょく

編集

名前 読み 備考

編集

名前 読み 備考
霊亀 れいき 四霊の1つ。
霊感大王 れいかんだいおう
霊爽式憑 れいそうしきひょう 葬式に現れる妖怪。死者の魂を食う。

編集

名前 読み 備考
六耳獼猴 ろくじびこう
驢鼠 ろそ

わ行編集

 わ 編集

名前 読み 備考

編集

  1. ^ a b c 水木しげるの中国妖怪事典』での読み。
  2. ^ 劇画「ゴルゴ13 復活・羅刹鳥」より

関連項目編集