メインメニューを開く

中国ダービー(ちゅうごくダービー)とは、中国地方におけるローカルダービーマッチである。

目次

概要編集

それまで中国ダービーの名は、メディアが過去に数例[1][2] 用いたことがあったが、中国地方を拠点とするクラブチームが公式に用いたことがなかった。メディアとクラブチームが共に中国ダービーの名称を用いたのは2016年のB.LEAGUE島根スサノオマジック広島ドラゴンフライズからになる[3][4][5]。ただし、両チームが揃ってこの呼称を用いると公式発表したわけではなく、メディア先行である。

Jリーグチーム間でのダービーマッチは、中国ダービーではなく「PRIDE OF 中四国」あるいは「陰陽ダービー」と銘打って行われている。なお、同県内のチームが対戦する場合は、「県名+ダービー」の呼称で一般化している[6][7][8]

その他スポーツは以下の通り。

対象編集

太字は現在活動しているチーム。順番は全国地方公共団体コード、および全国リーグ加盟順。

バスケットボール編集

男子バスケットボール

B.LEAGUEチーム間の対戦のみ扱う。対象公式戦はB.LEAGUEとオールジャパン。また参考記録として2015/16年のみ実現したbjリーグ公式戦も記載している。

チーム B1 B2 備考
島根スサノオマジック 島根県 - 2016-現在 2010年bjリーグ加盟
広島ドラゴンフライズ 広島県 - 2016-現在 2013年NBL加盟
広島ライトニング - - 2013年bjリーグ加盟

サッカー編集

男子サッカー編集

本項で対象とする試合は以下のものとする。現在Jリーグに所属するチーム間の対戦についてはPRIDE OF 中四国を参照。

  1. 日本サッカーのリーグ構成において3部リーグにあたる日本フットボールリーグ(JFL)に所属するチーム間での対戦(JFL、天皇杯
  2. 片方が全国リーグ(J1/J2/J3/JFL)に所属し、もう片方がJFL以下(JFL/中国リーグ/各県リーグ)に所属するチーム間での対戦(天皇杯のみ)
  3. Jリーグ前身の日本サッカーリーグ(JSL)に所属するチーム間での対戦(JSL、JSLカップ、天皇杯)
チーム (トップカテゴリ) JFL 備考
J1/J2/J3 JSL JFL 旧JFL
ガイナーレ鳥取 鳥取県 2011-現在 - 2001-2010 - SC鳥取
デッツォーラ島根 島根県 - - - - 下記歴史参照
川崎製鉄水島サッカー部 岡山県 - 1986-1992 - 1992-1996 ヴィッセル神戸
三菱水島FC - - 2005-2009 -
ファジアーノ岡山FC 2009-現在 - 2008 -
ファジアーノ岡山ネクスト - - 2014-2016 -
サンフレッチェ広島F.C 広島県 1993-現在 1965-1992 - - マツダ/東洋工業
マツダオート広島サッカー部 - 1987-1988
1989-1990
- -
永大産業サッカー部 山口県 - 1973-1976 - -
レノファ山口FC 2015-現在 - 2014 -

女子サッカー編集

2014年現在、岡山県内のチーム間での対戦しかなく、この場合岡山ダービー呼称。 他県のチーム間での対戦がないため名称等不明。

チーム なでしこ(1部) チャレンジ(2部) 備考
岡山湯郷Belle 岡山県 2003
2005-2016
2004
2017-現在
FC吉備国際大学Charme 2013-2014 2011-2012
2015-2017
アンジュヴィオレ広島 広島県 - 2014-2016

ラグビー編集

2017年現在、広島県内のチーム間での対戦しかなく、この場合広島ダービー呼称。

チーム トップリーグ(1部) トップチャレンジ(2部) 備考
マツダブルーズーマーズ 広島県 - 2017-現在
中国電力レッドレグリオンズ - 2017-現在
三菱自動車水島ラグビー部 岡山県 - - トップチャレンジ不参加

沿革編集

  • 1974年 - 全国的な大会において、中国地方にホームタウンを置くサッカーチーム同士の対戦が最初に実現したのは、1973年第53回天皇杯での東洋工業対永大産業戦である。一方で全国リーグで最初に実現したのは、1974年のJSLでの同カードである。ただ、1977年に永大産業が休部したため、わずか3年で終了した。
  • 1980年代 - 1980年代にはJSL1部にマツダ、JSL2部に川製水島とマツダオートが参入していた。その後マツダのJSL2部降格に伴い、3チームの対戦は実現した。なお、マツダオートはマツダのディーラーということから、マツダ対マツダオート戦をマスコミは「親子対決」あるいは「兄弟対決」と銘打った[9]。その後1991年マツダがJSL1部に昇格して以降しばらく実現しなかった。
  • 1993年 - Jリーグ開幕後、上記の3チームのうちマツダは広島としてJリーグに参入、川鉄水島は旧JFLに参入後1997年に関西地方神戸市に移転しヴィッセル神戸としてJリーグ参入を目指し、マツダオートはバブル崩壊の影響で廃部し、それぞれの道を歩む。
  • 2005年 - 中国地方のローカルダービーとして2005年のJFLで水島対鳥取戦が実現。
  • 2008年 - 2008年のJFLでの共にJリーグ昇格を目指していた鳥取対岡山戦が実現。なお2009年に岡山が、2011年には鳥取がJ2に昇格した。
  • 2010年 - 2010年の天皇杯において、シードチームを優遇するレギュレーションの変更に伴い、J1の広島と中国リーグ所属の島根の対戦が実現。
  • 2011年 - 2011年のJリーグにおいて四国地方Jリーグチームの徳島ヴォルティスおよび愛媛FCとともにJ2の4チームで「PRIDE OF 中四国」を開始した。更に、ガイナーレ鳥取ファジアーノ岡山の両クラブによる対戦について、2011年8月に両クラブ関係者出席の下に行われた記者会見にて、「陰陽ダービー」と銘打たれることが発表された[10][11][12]。ここではただの対決にとどまらない交流イベントなども行われる計画があるという。
  • 2013年 - FC高梁吉備国際大学Charmeがチャレンジリーグからなでしこリーグに昇格したことにより、なでしこリーグに所属する岡山湯郷Belleとの女子サッカーのダービーマッチが実現。
  • 2014年 - ファジアーノ岡山ネクストレノファ山口FCがJFLに昇格したことから、岡山対山口の対戦が実現。なお2015年には山口がJ3に昇格、岡山ネクストは2016年シーズン終了後に活動終了となった。
  • 2015年 - なでしこ・チャレンジリーグの再編でなでしこ2部となったアンジュヴィオレ広島と、なでしこ2部に降格したFC高梁吉備国際大学Charmeがリーグ戦で初めて対戦する。全国リーグでの女子サッカーでは初めての「広島-岡山」の顔合わせとなる。
  • 2016年 - 男子バスケットボールリーグがB.LEAGUEに再編されたことにより、島根対広島の対戦が実現。
  • 2017年 - ラグビーリーグ再編に伴いジャパンラグビートップチャレンジリーグが開幕、広島ダービーが全国リーグでの開催となった。

戦績編集

バスケットボール編集

開催日 時期 会場 ホーム 得点 アウェー 観客数
2016年10月15日 B2 周南 広島 85-87 島根 864
2016年10月16日 B2 周南 広島 77-55 島根 1072

サッカー編集

鳥取対岡山
月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2008年 5月6日 JFL 前期第10節 とりスタ 鳥取 2 - 3 岡山 3,118
8月2日 後期第6節 岡山 岡山 0 - 1 鳥取 3,078
2009年から2010年は、鳥取がJFL、岡山がJ2所属のため開催なし。
ガイナーレ鳥取:1勝1敗0分
ファジアーノ岡山:1勝1敗0分
開催日 時期 会場 ホーム 得点 アウェー 観客数
2016年8月27日 第96回天皇杯 1回戦 とりスタ 鳥取 5 - 0 岡山N 1,103
水島対鳥取
開催日 時期 会場 ホーム 得点 アウェー 観客数
2005年5月4日 JFL前期第7節 笠岡 水島 1 - 1 鳥取 650
2005年7月16日 JFL後期第3節 鳥取バード 鳥取 4 - 1 水島 572
2006年5月21日 JFL前期第11節 津山 水島 2 - 2 鳥取 500
2006年8月26日 JFL後期第7節 鳥取バード 鳥取 3 - 0 水島 943
2007年5月13日 JFL前期第11節 笠岡 水島 0 - 2 鳥取 413
2007年8月12日 JFL後期第7節 米子 鳥取 0 - 1 水島 2,369
2008年6月1日 JFL前期第14節 とりぎんバード 鳥取 2 - 1 水島 2,232
2008年10月5日 JFL後期第10節 笠岡 水島 0 - 2 鳥取 379
2009年3月29日 JFL前期第3節 どらドラパーク米子 鳥取 4 - 1 水島 3,040
2009年11月3日 JFL後期第14節 笠岡 水島 0 - 3 鳥取 953
水島:1勝7敗2分
鳥取:7勝1敗2分
岡山拠点チーム

対象チーム

岡山対山口
月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2014年 5月25日 JFL 1st第11節 維新 山口 4 - 0 岡山N 2,105
11月5日 2nd第4節 kanko 岡山N 0 - 0 山口 455
島根対広島
開催日 時期 会場 ホーム 得点 アウェー 観客数 備考
2010年9月5日 第90回天皇杯 2回戦 竹ヶ端 広島 4-0 島根 4,573 島根は当時中国リーグ所属

参考資料編集

Jリーグ以前編集

リーグ戦

開催日 時期 会場 ホーム 得点 アウェー 観客数
1974年5月27日 第10回JSL1部 前期第8節 広島県営 東洋工業 0-0 永大産業
1974年11月24日 後期第16節 平生・永大グラウンド 永大産業 2-2 東洋工業
1975年4月13日 第11回JSL1部 前期第2節 広島県営 東洋工業 0-3 永大産業
1975年10月19日 後期第10節 福井運動公園 永大産業 1-0 東洋工業
1976年9月25日 第12回JSL1部 前期第5節 広島県営 東洋工業 1-0 永大
1977年1月16日 後期第15節 平生・永大グラウンド 永大 1-0 東洋工業
1987年9月5日 第16回JSL2部 前期第3節西ブロック 川鉄水島 5-0 マツダオート
1987年10月24日 前期第10節西ブロック マツダオート 0-1 川鉄水島
1988年10月8日 第17回JSL2部 前期第6節西ブロック 愛媛県総合運動公園球技場 川崎製鉄 0-2 マツダ 100
1988年10月29日 前期第10節西ブロック 広島県営 マツダ 0-0 川崎製鉄 150
1989年8月16日 第18回JSL2部 第3節 マツダ郷原 マツダ 6-0 マツダオート 400
1989年9月24日 第8節 マツダ鯛尾 マツダオート 0-8 川崎製鉄 150
1989年10月15日 第13節 川鉄広江 川崎製鉄 0-1 マツダ 250
1989年10月22日 第14節 マツダ郷原 マツダ 0-0 川崎製鉄 300
1989年11月26日 第18節 マツダ郷原 マツダオート 0-5 マツダ 120
1990年2月25日 第25節 川鉄広江 川崎製鉄 5-1 マツダオート 100
1990年10月6日 第19回JSL2部 第9節 川鉄広江 川崎製鉄 1-0 マツダ 100
1991年2月24日 第25節 マツダ郷原 マツダ 3-0 川崎製鉄 300

カップ戦

開催日 時期 会場 ホーム 得点 アウェー 観客数
1973年12月16日 第53回天皇杯3回戦 永大産業 0-1 東洋工業
1979年12月23日 第59回天皇杯2回戦 マツダオート 0-5 東洋工業
1989年8月30日 第14回JSLカップ1回戦 川鉄広江 川崎製鉄 3-2 マツダオート 15
1991年12月15日 第71回天皇杯2回戦 岡山 川崎製鉄 1 (PK4-2) 1 マツダ

bjリーグ編集

ここでの広島は広島ライトニング

開催日 時期 会場 ホーム 得点 アウェー 観客数
2015年11月20日 TKbjリーグ 安佐南区 広島 62-115 島根 381
2015年11月21日 TKbjリーグ 安佐南区 広島 76-123 島根 531
2016年2月6日 TKbjリーグ 浜山 島根 139-63 広島 1452
2016年2月7日 TKbjリーグ 浜山 島根 128-43 広島 1785

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 第85回全国高校サッカー選手権大会”. ストライカーデラックス (2007年1月4日). 2010年10月9日閲覧。
  2. ^ 広島皆実が3年連続の8強/高校サッカー”. 日刊スポーツ (2009年1月4日). 2010年10月9日閲覧。
  3. ^ 中国ダービー プレシーズンマッチ vs広島ドラゴンフライズ 開催のお知らせ”. 島根スサノオマジック (2016年7月2日). 2016年10月13日閲覧。
  4. ^ 【バスケ】西地区2位の広島、いざ首位攻防 B2初の中国ダービー、島根と15・16日対戦”. 中国新聞 (2016年7月2日). 2016年10月13日閲覧。
  5. ^ susanoo_mのツイート(787459016184041473)
  6. ^ 第4戦(VS マツダ) 広島ダービー マツダに惜敗”. 中国電力ラグビー部公式 (2008年). 2010年10月9日閲覧。
  7. ^ 3日 初めての岡山ダービー開催”. 山陽放送 (2008年5月13日). 2010年10月9日閲覧。
  8. ^ 「山口ダービー」はレノファ山口が勝利、中国サッカーリーグ”. 山口宇部経済新聞 (2010年5月2日). 2010年10月9日閲覧。
  9. ^ サッカーマガジン』1980年2月25日号
  10. ^ ”陰陽ダービー”に決定 ガイナーレ-岡山戦”. 日本海新聞 (2011年8月30日). 2011年9月9日閲覧。
  11. ^ 9/10(土) 19:00 陰陽ダービー vsファジアーノ岡山”. ガイナーレ鳥取 (2011年8月29日). 2011年9月16日閲覧。
  12. ^ PRIDE OF 中四国 〜陰陽ダービー〜 記者会見を行ないました。”. ファジアーノ岡山 (2011年8月29日). 2011年9月16日閲覧。

関連項目編集