メインメニューを開く

中国・アフリカ協力フォーラム

中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)の加盟国図。

中国・アフリカ協力フォーラム(ちゅうごく・アフリカきょうりょくフォーラム、中国語:中非合作论坛、英文:Forum on China–Africa Cooperation, FOCAC)は、中華人民共和国アフリカ諸国との公式フォーラムである。3年おきに開催している。

目次

2000年, 北京編集

第1回目の開催地は北京で2000年10月10日から12日まで開かれた。アフリカ諸国からは44カ国の参加があり、アフリカ統一機構の事務総長も出席した[1]

2003年, エチオピア編集

2回目の開催地はエチオピアの首都アジス・アベバで、2003年12月15日から16日まで開かれた。中国側からは70名以上の大臣や高級官僚、アフリカ諸国からは44カ国の参加があった。会議ではアジスアベバ行動計画が採択された。

2006年, 北京編集

2回目の開催地は北京で、2006年11月3日から5日まで開かれた。同会議はエチオピアのメレス・ゼナウィエジプトホスニー・ムバーラク南アフリカ共和国ターボ・ムベキなどアフリカ諸国から約40カ国の首脳が集まる大規模なものとなり[2]、中国の胡錦涛国家主席からはアフリカ連合本部の建設が表明され[3]、新たに創設された中国・アフリカ発展基金に10億ドルが中国政府から拠出された。

2009年, エジプト編集

4回目の開催地はエジプトのリゾート地シャルム・エル・シェイクで、2009年11月8日と9日まで開かれた。同会議ではシャルム・エル・シェイク宣言が採択され、2010年から2012までの行動計画が発表された。

2012年, 北京編集

5回目の開催地は北京で2012年7月19日から20日まで開かれた。

2015年, ヨハネスブルグ編集

6回目の開催地は南アフリカ共和国最大の都市ヨハネスブルグで、2015年12月4日から5日まで開かれた。

2018年, 北京編集

7回目の開催地は北京で、2018年9月3日から4日まで開かれた。同会議はアフリカで台湾中華民国)と唯一国交を結ぶエスワティニ(旧スワジランド)を除く53か国[4]の首脳とアフリカ連合委員長や国連事務総長[5]などが集まり、中国の習近平国家主席からは600億ドルの拠出と一部の国の債務免除や[6]アフリカ待機軍への軍事援助[7]と積極的な国連平和維持活動や中国・アフリカ平和安全保障基金を新たに創設することが表明され[8]、2019年から2021までの行動計画が発表された[9]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集