メインメニューを開く

中国中央電視台3・15晚会または315晚会とは、中華人民共和国中国中央電視台が、世界消費者権利デーである毎年3月15日に放送する生放送テレビ番組である。

概要編集

日本では『315晚会』と紹介されるケースがある。

1991年3月15日に、第1回が放送された。番組は消費者の権利を高く掲げ、中国の政府機関と協力して[1]、消費者の権利を侵す事例や企業を取り上げる。

取り上げられる事例は、中国企業に関連した事件だけではなく、過去にはアップルフォルクスワーゲンニコンなど、外国資本の企業も同番組で取り上げられている[2]マクドナルドは、番組終了30分後に謝罪声明を発表して、批判の拡大を防いだ[2]

中華人民共和国の市場で事業展開を行う企業にとって、自社の商品やサービスのイメージに多大な影響を与える同番組は、無視できないものとなっている[3]

脚註編集

関連項目編集

外部リンク編集