中国人民解放軍総参謀部第二部

中国人民解放軍総参謀部第二部とは、中国人民解放軍総参謀部の軍事情報機関。総参謀部情報部とも称される。

情報参謀系統を通した情報活動の外、スパイ活動、公開資料源の分析、駐在武官の管理を行う。シギントについては、総参謀部第三部が管掌する。

歴史編集

機構編集

第二部長は、正軍級が就任する。

第二部は、毎朝7時、24時間以内に発生した軍事活動について、中国共産党中央軍事委員会委員、政治局と各総部主任に報告する。

  • 第一処:HUMINTを担当し、地域毎に5個分区に分かれる。
    • 北京分区 – 北京在住外国人の監視。瀋陽分区の支援
      • 黄龍賓館 – 第二部の情報要員が利用
    • 瀋陽分区 – ロシア東欧日本の情報収集。ロシア、東欧情報の収集のために、シベリア鉄道が利用される。
    • 上海分区 – 西欧
    • 広州分区 – 香港澳門台湾の情報収集。主として民間企業をカバーとして活動する。
    • 南京分区 – アメリカとの学術交流を通した情報活動
  • 第二処
  • 第三処(特使処):400人以上の職員を有し、世界各国でスパイ活動を行う。
  • 第四処:CISと東欧の政治・軍事政策の分析
  • 第五処;公開資料源を利用した政治・経済の分析
  • 第六処:中国に隣接するアジア諸国情報の分析
  • 第七処(科技処):技術の研究・設計・開発。以下の6研究機関を管理する。
    • 海鴎電子設備廠 – 設備生産技術の援助
    • 北京電子廠
    • 第57研究所
    • 第58研究所 – 諜報設備の開発
    • 北方交通大学計算機中心
    • 第二部の計算機中心
  • 档案局:海外の公開出版物の所蔵
  • 機要局:秘密文書の処理・伝達・保管
  • 総合局:第二部職員の福利厚生
  • 警衛局:中央軍事委員会委員と各総部指導者の警護。司法警察権を有する。

第二部の情報要員は、人民解放軍国際関係学院(旧南京外交学院)で教育される。研究・分析と海外交流のための機関として、国際戦略研究学会を有する。

駐在武官は、アメリカが最高で正軍級(少将)、重要国家は正軍又は副軍級、その他の国は正師級(大校)が任命される。

七大軍区には情報部が設置され、正師級(大校)が情報部長に任命される。

歴代部長編集

参考文献編集

関連項目編集