メインメニューを開く
画像提供依頼:中国南方航空大阪事務所 - 大阪府大阪市西区靱本町1-11-7 信濃橋三井ビル1F - 地図、中国南方航空福岡市事務所 - 福岡県福岡市博多区博多駅前4-4-21 グリーンビル1F - 地図画像提供をお願いします。2012年10月

中国南方航空(ちゅうごくなんぽうこうくう、中国語: 中国南方航空 英語: China Southern Airlines SEHK1055SSE: 600029NYSEZNH)は、中華人民共和国航空会社。英文表記を読んでチャイナ・サザンとも呼ばれるほか、中国では略して南航と呼ばれる。中国国内での規模が最大の航空会社である。赤いロゴマークは、東南アジアに植生するカポックの木をモチーフにしている。

中国南方航空
China Southern Airlines
B-6136 - A380-841 - China Southern Airlines - HKG (9738813669).jpg
IATA
CZ
ICAO
CSN
コールサイン
CHINA SOUTHERN
設立 1991年
ハブ空港 北京首都国際空港
広州白雲国際空港
ウルムチ地窩堡国際空港
重慶江北国際空港
焦点空港 上海瀋陽厦門ウルムチ長春深圳武漢鄭州大連
マイレージサービス 南航明珠俱楽部(Sky Pearl Club)
会員ラウンジ Sky Pearl Lounge
航空連合 なし
保有機材数 616機(147機発注中)
就航地 193都市
本拠地 中国広東省広州市
テンプレートを表示
中国南方航空股份有限公司
China Southern Airlines Co. Ltd.
本社ビル
本社ビル
種類 株式会社
市場情報
略称 南方航空
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
広東省広州市白雲区機場路278号
設立 1992年12月20日
業種 空運業
事業内容 航空運送事業
旅行事業
代表者 王昌順 (会長)
資本金 27億94百万人民元
売上高 872億52百万人民元
総資産 1,294億12百万人民元(2011年12月期)
決算期 12月末日
主要株主 China Southern Air Holding Company42.27%
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

1991年に、旧・中国民用航空総局 (CAAC)の広州管理局を引き継いで広州を拠点に設立。

中国における国際線及び主要国内線を運航し、旧民航系航空会社の中でも最大規模で、旅客数・便数・飛行時間・売上高・定期便旅客キロ数等で中国最大を誇っている[1][2]

中国南方航空グループ傘下に、廈門航空汕頭航空中国語版広西航空珠海航空などがある。

2007年11月15日にスカイチームに加盟したが、2018年12月31日をもって脱退した[3]。この脱退はカタール航空が手引きしていた可能性が高いとする意見もある[4]

2017年にアメリカン航空から、2019年にカタール航空からとワンワールド加盟会社の出資を受けたことから「ワンワールド」に加わるとの見方も出ているが[4][3]、ワンワールド加盟に関して一定の影響力を持つといわれる[5]カタール航空がワンワールド脱退を示唆したり[4]、ワンワールドCEOが加盟予定はないと断言したりと今後の見通しは立っていない[5]

日本には1995年9月より乗り入れを開始し、JASとコードシェアを開始したが、2003年3月30日よりJALとのコードシェアに変更となった[6]

来歴編集

  • 1991年:1988年に分割解体された旧・中国民用航空総局 (CAAC)の広州管理局を引き継いで設立される。
  • 2002年10月、旧民航系の航空会社の集約政策により、中国北方航空新疆航空を併合する。
  • 2004年8月 : 航空連合スカイチーム」に加盟することを発表。
  • 2005年1月 : エアバスA380型機を5機発注、北京支社に配属。
  • 2007年11月15日 : 航空連合「スカイチーム」に加盟[7]
  • 2011年10月18日 : エアバスA380型機が中国の航空会社として初めて運航(北京/首都-広州線)。世界で初めて国内線でエアバスA380型機を運用。
  • 2016年1月6日:国際的領有権係争のある南シナ海スプラトリー諸島向け海口国際空港よりA319海南航空機とともに運航し、約2時間飛行後ファイアリー・クロス礁の飛行場へ着陸し、試験飛行を行った[8]
  • 2016年7月13日:前日に裁定された国際仲裁法廷のオランダ・ハーグにある常設仲裁裁判所の判断に反発し、中国政府に徴用されたA319を海口国際空港より南シナ海スプラトリー諸島向けに運航。約2時間飛行後、ミスチーフ礁の飛行場へ着陸し、試験飛行をCCTVが中継して、民間利用による領有権を主張した[9]
  • 2017年3月28日:アメリカン航空との戦略的提携に合意したと発表[10]。提携にあたり、アメリカン航空が中国南方航空に2億ドル(日本円で約222億円)出資。提携は2017年後半から、コードシェア提携とインターライン契約を開始し、中国、または北米や南米のネットワークを相互の顧客に提供する。コードシェアを実施する路線ではマイレージの獲得やスルーバゲージなどのサービスを提供することになる見込み。
  • 2018年11月15日 100%子会社の「中国南方航空雄安航空」を設立[3]北京大興国際空港を拠点にエアバスA320を用いて国内線を運行予定。2レターコードは親会社と同じCZを使用予定。
  • 2018年12月31日:この日を最後にスカイチームを脱退[3][7]
  • 2019年1月2日 カタール航空が中国南方航空の株を5%取得[4]

保有機材編集

リスト編集

2019年9月現在、中国南方航空の機材は以下の通りである。

中国南方航空 運航機材一覧[11]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
F C PY Y Total
エアバスA319-100 15 8 30 90 128 うち1機はカンボジア空軍にリース中
エアバスA320-200 117 8 24 120 152 うち2機はスカイチーム特別塗装機

うち1機は三菱・アウトランダー特別塗装機

4 18 138 160
4 24 138 166
24 144 168
エアバスA320neo 24 76 4 24 138 166
エアバスA321-200 99 12 24 143 179 うち1機はスカイチーム特別塗装機
4 18 167 189
4 24 167 195
エアバスA321neo 27 23 4 24 167 195
エアバスA330-200 14 18 244 262
12 24 242 278
エアバスA330-300 33 30 253 283
4 24 48 208 284
28 258 286
エアバスA350-900 1 19 28 24 262 314 2020年までに全機納入予定
エアバスA380-800 5 8 70 428 506 世界で唯一国内線で使用されている
ボーイング737-700 26 8 24 88 120
4 18 106 128
4 24 106 134
ボーイング737‐800 163 8 27 127 159 うち1機はモナ・リザロゴ特別塗装機

うち2機はスカイチーム特別塗装機

うち2機は貴州省ロゴ特別塗装機

8 24 129 161
8 24 132 164
4 18 147 169
4 18 150 172
4 24 150 178
ボーイング737 MAX8 24 8 24 138 170 現在、運用停止中
4 24 150 178
ボーイング777-300ER 14 2 4 34 44 227 309 うち1機はスカイチーム特別塗装機
28 28 305 361
ボーイング787‐8 10 4 24 200 228
18 248 266
ボーイング787‐9 15 5 28 28 220 276 2020年までに全機納入予定

うち1機は納入787機目記念特別塗装機

28 269 297
エンブラエル190 15 6 16 76 98 A320neo,B737MAXシリーズに置換予定
コマックC919 20 No Data
貨物機
ボーイング747‐400F 2 貨物
ボーイング777F 12 2 貨物 B777-300ERからの発注変更分あり
Total 616 147

画像編集

退役機材編集

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

サービス編集

座席など編集

主に長距離路線で運航されているA330A380B787の3機種はファーストクラス(「デラックスファーストクラス」)・ビジネスクラスエコノミークラスの3クラス制で、A330とB777-300ERはプレミアムエコノミークラスを加えた4クラス制で構成されている。B777の一部と近距離・中距離国際線に使用されている機材では、ビジネスクラス「ファーストクラス」・プレミアムエコノミークラス・エコノミークラスの3クラスで構成されている。

A380のファーストクラスは、完全個室タイプの「プラチナプライベートスイート」を8席搭載。またA380のビジネスクラスは180度フルフラットになる1-2-1配列のスタッガードタイプで、B787では180度フルフラットになる座席を2-2-2配列で搭載されている。

2014年にB777-300ERの初号機(B-2099)を受領した際、機内エンターテイメントシステムはタレス社製の「TopSeries AVANT」を搭載している[13]

機内食編集

中距離・長距離路線を中心に本場の中国料理や西洋料理の機内食が提供され、一部路線のエコノミークラスでは、日本式のそばも提供される。他に機内特別食も用意されているが[14]、このうちユダヤ教徒食は広州・北京発欧米長距離路線とオーストラリア行きに限って搭乗便の48時間前に、それ以外は搭乗便の24時間前にコールセンターへ電話申し込みを行なう必要がある。

客室乗務員編集

2008年、日本人客室乗務員33人を採用し、主に広州―成田・関西、大連―成田・関西間などの日本路線に乗務している[15]

明珠倶楽部 (スカイパールクラブ)編集

2018年にスカイチームから脱退したが、引き続きスカイチーム加盟各社との提携は維持している。さらに下記の航空会社と提携している。

就航都市編集

事故・インシデント編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 世界最大の航空会社、トップ202019年10月4日閲覧。
  2. ^ 日本のポジションがわかる航空業界いろいろランキング&キーワード/ガチンコ!航空業界2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b c d 中国南方航空、北京新空港拠点の新会社設立”. Aviation Write. 2019年10月4日閲覧。
  4. ^ a b c d カタール航空、中国南方航空の株式を5%取得 協力関係を強化へ2019年10月4日閲覧。
  5. ^ a b ワンワールドCEO、『中国南方航空がワンワールドに加盟する計画はない』2019年10月4日閲覧。
  6. ^ JAL、中国南方航空と提携!2019年10月4日閲覧。
  7. ^ a b 中国南方航空、スカイチーム脱退へ”. Aviation Write. 2019年10月4日閲覧。
  8. ^ 中国 南沙諸島・永暑礁の新空港での試験飛行に成功
  9. ^ South China Sea airports: Flight-tests check routes to Nansha airfields CCTV(2016年7月13日)
  10. ^ アメリカン航空と中国南方航空、戦略的提携で合意 コードシェアなどを実施へ2019年10月4日閲覧。
  11. ^ https://global.csair.com/US/JP/fly-service/fleet/cabin-layout/boeing-73n”. global.csair.com. 2019年10月2日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g 日本発着国際線 旅客機アルバム(2010-2011). イカロス出版. (2010). p. 170. 
  13. ^ China Southern first to fly the most advanced Thales in-flight entertainment and connectivity system Tue, 25/02/2014
  14. ^ 機内特別食 中国南方航空ホームページ
  15. ^ 日本人客室乗務員33人、南方航空にまもなくデビュー 人民網日本語版 2008年10月24日
  16. ^ 中国南方航空、札幌/千歳〜広州線からわずか2ヶ月で撤退! Traicy 2014年3月23日付
  17. ^ 中国南方航空、新千歳/広州線を運休へ FlyTeam 2014年3月22日付
  18. ^ 中国南方航空、4月から新千歳/大連線を再開 A320で週3便 FlyTeam 2019年3月12日付
  19. ^ 中国南方航空、広州発着ローマ、ドバイ、クライストチャーチ線を開設 FlyTeam 2015年9月3日付
  20. ^ 中国南方航空、12月から広州発着でトロント、アデレード線に就航へ FlyTeam 2016年10月19日付
  21. ^ 中国南方航空、広州/ニューヨーク・JFK線に直行便で新規就航 FlyTeam 2014年8月12日付
  22. ^ 中国南方航空、12月から787で広州/武漢/サンフランシスコ線に就航 FlyTeam 2014年10月4日付
  23. ^ 中国南方航空、広州/サンフランシスコ線で直行便の運航を開始 週4便 FlyTeam 2015年6月29日付
  24. ^ 中国南方航空、バンクーバー経由の広州/メキシコシティ線に就航 週3便 FlyTeam 2017年4月11日付
  25. ^ 中国南方航空、12月から広州/アデレード線に週3便で就航へ FlyTeam 2016年8月1日付
  26. ^ 中国南方航空、12月に広州/ケアンズ線を開設へ A330で週3便 FlyTeam 2017年7月25日付
  27. ^ 中国南方航空、広州発着ローマ、ドバイ、クライストチャーチ線を開設 FlyTeam 2015年9月3日付
  28. ^ 中国南方航空、広州/ナイロビ線を週3便で開設 FlyTeam 2015年8月6日付
  29. ^ 茨城‐深圳線の運休について|茨城空港 茨城空港公式サイト 2016年8月25日付
  30. ^ 中国南方航空、茨城/深圳線を運休 8月27日から FlyTeam 2016年8月25日付

外部リンク編集