メインメニューを開く

解説編集

  • 初収録は1978年にリリースされたイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のアルバム『イエロー・マジック・オーケストラ』。
  • 高橋幸宏が断片的に作曲してきたメロディーに細野晴臣坂本龍一がアレンジを施した。
  • この曲の高橋のヴォーカルを聴いて、YMOのメインヴォーカルを高橋にすることにしたといわれる(細野はその歌い方を「フー・マンチュー唱法」と名づけた)。YMOをインスト・バンドと思っていた細野にとって、以下の理由から、この曲がYMOの中で重要だったとコメントしている[1]
    • 歌を歌ったことでYMOがヴォーカル・グループとしての可能性が提示された
    • 曲自体がヨーロッパ的な香りのするもので当時本当のテクノだと思った
    • 途中の展開のミニマルな感じ
  • イントロや間奏の「テンテンテンテン…」という箇所は、三本指でしかキーボードを弾けないキーボーディストを想定し、ダサいけどかっこいいというイメージを表現している。具体的にはブライアン・フェリーの弾くキーボードである。
  • 高中正義がギターで参加している。元々は坂本が「パンクみたいなディストーションのギター」を注文したが、高中が意味を理解せず、そのまま録音して帰ったという。
  • 日本版「イエロー・マジック・オーケストラ」では、歌の部分でベースが派手なチョッパー・ベースになるが、これは当時流行していた、ロッド・スチュワートの「アイム・セクシー」のパロディである。
  • 歌詞に関して作詞者であるクリス・モスデルは、以下のようにコメントしている[2]
    • 元々は「スージー・ウォン・アンド・シャンハイ・ドールズ」というタイトルで、歌われている部分よりもずっと長い歌詞だった
    • ここから高橋がピックアップして使われた
  • フランス語の女性ヴォイスは当時アルファレコード社長秘書だった布井(江部)智子で、アイデアは細野によるもの。
  • 曲のタイトルはジャン=リュック・ゴダール監督の映画『中国女(La Chinoise)』から取られている。詳細は「ゴダール3部作」を参照。
  • 歌詞の内容は、リチャード・クワイン監督、ナンシー・クワン主演のハリウッド映画『スージー・ウォンの世界(The World of Suzie Wong)』(1960年)そのものである。この映画はクレイジーケンバンドも曲にしている。
  • 「ウィンター・ライヴ1981では最終公演のみ」との条件付きではあるが、散開までのどのYMO名義のツアー・ライブでも演奏された唯一の曲である。
  • 坂本龍一が2009年11月30日のロンドン公演にてピアノで演奏した。これはiTunes Storeで購入して聴くことができる。
  • 雑誌「写楽」のイベントにおいてアコースティックギター2本とバンジョー1本という楽器構成で演奏したアコースティックバージョンが『YMO GO HOME!』において初めてCDに収録されている。

収録アルバム編集

外部リンク編集

参考編集

  1. ^ イエロー・マジック・オーケストラ(2007年、アスペクト)ISBN 978-4-7572-1089-9 24ページ
  2. ^ 『NICE AGE YMOとその時代1978-1984』 ISBN 4-401-63080-7

関連項目編集