中国文明

中国文化から転送)
「チャイナ(china)」という磁器。欧米文化圏では中国文明を代表するものとして認識されている
「鹤梅松」という清王朝の時の水墨画、北京故宮博物館所属
武則天、中国史上初で唯一の女性皇帝
中国の赤提灯

中国文明(ちゅうごくぶんめい)また中華文化(ちゅうかぶんか)は、中国大陸における文明文化などの総称である。中華文明とも。世界最古の文明の一つであり、東アジアにおける中心文化でもある。歴史的には同文化圏内で広大な地域や人口を保有し、各地の文化は四千年もの発展を経て、「共通性を持ちながらも、鮮明な地方特色を帯びている」という中国独自な特徴になった。そして、中国大陸だけでは限らず、台湾香港マカオシンガポール等の中華圏や、日本韓国ベトナムモンゴル等の漢字文化圏の国々にもかなり重要な影響を与えた。

目次

概要編集

黄河・長江・遼河の文明編集

大きくは黄河文明長江文明、北方・東北地方の草原文明である遼河文明の三つの文明が融合したものである。

伝統的な見方によれば、まず黄河流域でを主作物とする農業文明が興り、これが自然および地理的な要素の影響を受け、次第に水稲を主作物とする長江流域へと移行、発展していった。長江文明は黄河流域の農業文明を継承、発展した物と思われていた。また、北方草原遊牧民族と黄河流域の農業民族は土地をめぐり絶え間なく争い続け、この過程で遊牧文明と農業文明が直接的な交流、融合を得続けた。

しかしながら三星堆遺跡の発見後、長江文明黄河流域文明の継承と発展の結果である”という伝統的な見方には疑問が持たれ始めている。中国文明の起源は黄河流域だけではなく、もっとほかに多くの文明がかかわっている可能性が高い。

近年は始祖の民族のひとつである華夏族の研究から華夏文明としても研究されている[1]

地域編集

中国文明はおおまか次の地域に分けられる。主体民族である漢族(漢民族以外に、藏族(チベット族)、蒙古族(モンゴル族)、維吾爾族(ウイグル族新疆)、満族朝鮮などの民族がそれぞれの特色を持つ地域文化を作り上げている。

  1. 中原華北および陝西の黄河流域
  2. 四川重慶一帯の長江上流
  3. 湖南湖北および江西一帯の長江中流
  4. 安徽浙江江蘇一帯の長江下流
  5. 東北地域
  6. 内蒙古地域
  7. 新疆地域
  8. 西蔵青海および四川西部のチベット地域
  9. 華南および南華東の越文化地域

民族編集

 
九龍の壁。中華皇帝の権力を象徴するシンボル

中華民族漢民族華夏族

言語編集

文化編集

 
楽山大仏という世界最大の仏像。山の全体を使って造られたものという
 
竹簡に彫刻した「孫子の兵法」

思想編集

中国神話では盤古女媧三皇五帝などがある。

宇宙観・天文学では陰陽思想五行思想(陰陽五行思想)、 易経八卦中国暦(農暦)、二十八宿天干地支を参照。

思想・学問には、諸子百家がある。

このうち後世に注釈を経て発展したものとして朱子学()、陽明学()、考証学()がある。

宗教

中国では道教儒教仏教三教とする。道教には神仙思想もある。

科学技術編集

ジョゼフ・ニーダム中国文明における造紙術印刷術羅針盤火薬の発明を四大発明とした。

数学の分野では周髀算経前漢)、九章算術祖沖之算盤を参照。

農学では斉民要術天工開物夢渓筆談医学伝統中国医学を参照本草綱目黄帝内経も参照。

政治制度編集

 
漢服を着てる明の皇帝

世界観としては中国文明を「世界の中心=中華中国」とし、周辺地域を辺境とする中華思想がある。華夷秩序ともよばれる。

文学・史書編集

 
中国の絵図

自然・動物編集

 
ジャイアントパンダ

神話上の動物には鳳凰麒麟朱雀玄武白虎がある。

服装編集

服飾は夏朝から明朝・現代まで復興できたの漢服や、清朝剃髮易服から中華民國にかけてのチャイナドレスがある。

建築・彫刻編集

美術工芸編集

 
古箏という中国の楽器。日本の箏の原型に考えている

工芸には青銅器漆器陶器磁器玉器金器銀器灯籠屏風彫漆がある。

琴棋書画編集

文士は「琴棋書画」と称して、将棋書道絵画の四芸を嗜むとされた。

楽器には古筝古琴琵琶洞簫方響箜篌二胡揚琴編鐘などがある。

にはシャンチー中国象棋)・囲碁五目並べなどがある。

書道には小篆楷書、・行書隷書、・草書などがある。

絵画には山水画花鳥画人物画などがある。

娯楽に麻雀麻将)・雑技などがある。

武術編集

その他編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ 中国歴史博物館編著『華夏文明史』 朝華出版社,2002年。王克林『華夏文明論集』山西人民出版社,2006

関連項目編集

外部リンク編集