中国街道(ちゅうごくかいどう)は、大坂西宮を結ぶ街道。別名は中国路(ちゅうごくじ)、浜街道(はまかいどう)。

旧中国街道に立つ道標(兵庫県尼崎市西本町八丁目)

大坂城下高麗橋を起点に、難波橋十三の渡し、神崎の渡し、大物浦、尼崎城下などを経由して、西宮本町で西国街道に合流する。なお、西国街道を中国街道・中国路と称することもある[1]

歴史編集

記録を遡れるのは、中世までであるが、近世になると、大坂と西国との物資の流通の要となる。往時の街道沿線には、要所要所に道標が設置されていた。現在では、区画整理の結果、その街道筋を忠実に辿ることは困難になっている。しかし今でも、それら道標のうち幾つかが土中から発掘されるなどして、往時の姿を偲ばせている。大名行列が通ることもあった。

明治国道の国道26号に指定されたが、大正国道の国道2号は東本町交差点以西のみの指定となり、以東は西成大橋新淀川)や辰巳橋(左門殿川)を経由する大和田街道・梅田街道が指定された。そして、1927年阪神国道(現・国道2号)開通を受けて国道指定から外れた。しかし、1953年に東本町交差点 - 貴布祢交差点間が二級国道173号に指定され、1958年には一級国道43号に昇格。1965年より国道43号となった。

沿線編集

 
遊女塚(尼崎市神崎町)
 
残念さんの墓(長州藩士・山本文之助の墓)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 松村明監修『大辞泉』小学館(1998年)
  2. ^ 神崎の渡し  <ひょうご歴史の道 ~江戸時代の旅と名所~> - 兵庫県立歴史博物館
  3. ^ 遊女塚 - 尼崎市文化財収蔵庫
  4. ^ 残念さんの墓 - 尼崎市文化財収蔵庫
  5. ^ 雉ガ坂伝説地 - 尼崎市文化財収蔵庫

関連項目編集