メインメニューを開く

西部航空(せいぶ-こうくう)は中華人民共和国重慶市に本拠を置く航空会社中国西部航空と呼称する場合もある。ハブ空港は重慶江北国際空港

西部航空
West Air
IATA
PN
ICAO
CHB
コールサイン
West China
設立 2004年4月
ハブ空港 重慶江北国際空港
保有機材数 27機
就航地 16都市
本拠地 中国重慶市
外部リンク http://www.westair.cn/
テンプレートを表示
中国西部航空
各種表記
繁体字 西部航空
簡体字 西部航空
拼音 Xībù Hángkōng
発音: シーブー ハンコン
英文 West Air
テンプレートを表示

概要編集

海南航空が中国南西部において航空事業を行う子会社として2004年に設立した。資本金は8,000万、そのうち35%を雲南祥鵬航空が出資している。2005年10月19日民航総局から運行許可を得て、2007年6月14日に運航開始している。 国内主要都市のほか、2016年には初めての国際線としてシンガポールに就航。

コードデーター編集

保有機材編集

中国西部航空の機材は以下の航空機で構成される

なお、創立時に運用していたボーイング737-700型機は既に全機のリースを終え退役している。

外部リンク編集