中国農工民主党

中国の衛星政党

中国農工民主党(ちゅうごくのうこうみんしゅとう)は、中華人民共和国の民主党派(衛星政党)の一つ。略称は農工党

中華人民共和国の旗 中華人民共和国政党
中国農工民主党
Chinese Peasants' and Workers' Democratic Party
中央主席 陳竺
常務副主席 劉晓峰
成立年月日 1930年8月9日
前身政党 中国国民党臨時行動委員会
本部所在地 北京市東城区安定门外大街55号
全国人民代表大会
89 / 2,987   (3%)
(2013年3月)
全国人民代表大会常務委員会
6 / 166   (4%)
(2013年3月)
党員・党友数
12.560,000
(2016年11月7日)
政治的思想・立場 中国特色社会主義
機関紙 前進フォーラム
公式サイト 中国農工民主党
テンプレートを表示

1930年8月に成立した中国国民党臨時行動委員会が源流。結党当時の指導者(中央幹事会総幹事)は鄧演達蔣介石共産党の両方に反対を唱えたため「第三党」と呼ばれた。

1941年3月の中国民主政団同盟(後の中国民主同盟)設立に参加、「三党三派」と呼ばれる民主政団同盟の構成メンバーとなる。

1947年2月に党名を中国農工民主党に変更。

現在の党員数は約7万4千人。中央委員会主席は蔣正華。 「農工」と党名にあるが、主な支持基盤は医学、薬学、衛生学、科学技術、文化、教育界の知識人であり、農業、工業は支持母体ではない。

関連項目編集

外部リンク編集