中国通用航空7552便離陸失敗事故

中国通用航空7552便離陸失敗事故は、1992年7月31日に発生した航空事故である。南京大教場空港英語版廈門高崎国際空港行きだった中国通用航空7552便(ヤコヴレフ Yak-42D)が、南京大教場空港からの離陸に失敗し滑走路をオーバーランした。機体は、滑走路の先にある堤防に激突し、乗員乗客126人中108人が死亡した[1]

中国通用航空 7552便
China General Aviation Yakovlev Yak-42 Maiwald.jpg
同型機のヤコヴレフ Yak-42
事故の概要
日付 1992年7月31日
概要 パイロットエラーによる制御の喪失
現場 中華人民共和国の旗 中国 南京 南京大教場空港英語版付近
乗客数 116
乗員数 10
負傷者数 18
死者数 108
生存者数 18
機種 ヤコヴレフ Yak-42D
運用者 中華人民共和国の旗 中国通用航空英語版
機体記号 B-2755
出発地 中華人民共和国の旗 南京大教場空港英語版
目的地 中華人民共和国の旗 廈門高崎国際空港
テンプレートを表示

事故機編集

事故機のヤコヴレフ Yak-42D(B-2755)は、製番号4520422116644、シリアル番号14-02として1992年1月2日に製造された。同月に、中国通用航空へ引き渡された[2]

事故の経緯編集

事故機には、116人の乗客と10人の乗員が搭乗していた。15時05分頃、7552便は滑走路06からの離陸滑走を開始した。しかし、離陸速度に達しても機体は上昇しなかった。パイロットは離陸中断を試みたが、機体は高速で滑走路を突き抜けた。そのまま7552便は420~600mほどオーバーランし、空港外周のフェンスに激突、炎上した。機体は3つに分断され、残骸の一部は池の近くまで散乱していた。事故に因り、乗客100人と乗員8人が死亡した[1][3][4]

事故原因編集

機体の水平安定板が誤って着陸時の設定になっていたため、機体が上昇しなかったと結論付けられた[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c "ASN Aircraft accident Yakovlev 42D B-2755 Nanking Airport (NKG)." Aviation Safety Network. Retrieved on August 1, 2012.
  2. ^ Яковлев Як-42Д B-2755 а/к China General Aviation (бывш.) - карточкаборта” [Yakovlev Yak-42D B-2755 a / k China General Aviation (formerly) - card board] (ロシア語). russianplanes.net. 2015年1月8日閲覧。
  3. ^ "7·31"南京空难” ["7.31" Nanjing Air Disaster] (中国語) (2008年1月11日). 2015年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月8日閲覧。
  4. ^ CRASH OF A YAKOVLEV YAK-42D IN NANKIN: 107 KILLED”. B3A Aircraft Accidents Archivesd. 2021年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月8日閲覧。