メインメニューを開く

中國 卓郎(なかくに たくろう、1974年4月21日[2] - )は、日本男性声優アプトプロ所属。神奈川県出身。

なかくに たくろう
中國 卓郎
プロフィール
愛称 マエストロ
性別 男性
出生地 日本の旗 日本神奈川県
生年月日 (1974-04-21) 1974年4月21日(45歳)
身長 165cm[1]
職業 声優
事務所 アプトプロ
活動
活動期間 1999年 - 
デビュー作 ブロウ(ぷらすぷらむ[1]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

人物編集

声優養成所『CHK声優センター』から、上位事務所である「オフィスCHK」に昇格所属してデビューした同事務所生え抜き声優の一人。作詞を特技・趣味としておりマエストロを自称しているが、CHK・アプト両所属において音楽活動による事務所への登録はされていない。他の特技として青汁一気飲みや遅寝早起きなどが挙げられている。

2006年7月より開始された、壱智村小真櫻井浩美浅井晴美による自主制作インターネットラジオstudio TeaParty』に出演。各回のゲストと共に番組の乗っ取りを幾度となく強行した。そのため、番組内では異様に警戒されているようである。また、前述の「マエストロ」のしつこい自称も、主にはこの番組を通じて行われたもので、パーソナリティの3人からも悪ノリを兼ねてそう呼ばれる。

なお『studio TeaParty』の姉妹番組『studio TeaParty 轟け!』にて、前述の3人によってマエストロの自称が実は『のだめカンタービレ』からの影響によるものであった事が『轟け!』の第1回放送にてバラされた。

また、初期出演作品においては同じCHK出身者である笹島かほるなどの共演が目立つ。笹島と一緒に大宮三郎プロデュース作品の常連の一人。同作品群において脇を固める次世代バイプレーヤーの一人として知られる。

2011年3月1日を以てオフィスCHKを離籍し、フリー期間[3]を経て、同年4月よりアプトプロ所属[4]

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2008年
2012年
2015年
2017年
  • 100%パスカル先生(にせヒーローパスカル / にせヒーローパスカルV、パスカルジュニア3、死神パスカル、重力おっさん)
2018年

劇場アニメ編集

OVA編集

Webアニメ編集

ゲーム編集

1999年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2007年
2009年
2010年
2011年
2017年
2018年

ドラマCD編集

吹き替え編集

映画編集

1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2009年
2011年
2015年

ドラマ編集

2001年
2002年
2006年
2010年

アニメ編集

2003年
2007年
2010年

Webラジオ編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 所属タレント”. オフィスCHK. 2008年1月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月21日閲覧。
  2. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、78頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  3. ^ 三月一日より”. 2011年3月2日閲覧。
  4. ^ 四月一日より”. 2011年4月1日閲覧。
  5. ^ STAFF&CAST”. ヨスガノソラ. 2016年6月27日閲覧。
  6. ^ スタッフ&キャスト”. アニメ『ハイスクールD×D NEW』オフィシャルサイト. 2013年6月11日閲覧。
  7. ^ 松本零士 オズマ”. メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。
  8. ^ STAFF & CAST”. 『攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』. 2015年2月17日閲覧。
  9. ^ CAST”. 攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-. 2013年2月12日閲覧。
  10. ^ STAFF & CAST”. 映画『攻殻機動隊 新劇場版』. 2015年1月8日閲覧。
  11. ^ 『メギド72』声優一覧(3/16更新)”. 【公式】メギド72ポータルサイト. 株式会社ディー・エヌ・エー. 2018年4月10日閲覧。
  12. ^ キャラクター”. ドラマCD『ポーの一族 エドガーとアラン篇』. 2013年3月22日閲覧。
  13. ^ ウルヴァリン: X-MEN ZERO”. 金曜ロードSHOW!. 2016年9月6日閲覧。

外部リンク編集