中園ミホ

日本の脚本家

中園 ミホ(なかぞの ミホ、1959年7月16日 - )は、日本の女性脚本家東京都中野区出身。

中園 ミホ
なかぞの みほ
プロフィール
本名 中園 美保
誕生日 (1959-07-16) 1959年7月16日(59歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都中野区
主な作品
テレビドラマAge,35 恋しくて
やまとなでしこ
スタアの恋
anego[アネゴ]
ハケンの品格
Doctor-X 外科医・大門未知子
花子とアン
西郷どん
受賞
第33回放送文化基金賞(2007年)
放送ウーマン賞2007
第21回橋田賞(2013年)
第31回向田邦子賞(2013年)
東京ドラマアウォード2015 脚本賞

本名は中園 美保(読み同じ)。日本大学芸術学部卒。2010年度から日本大学芸術学部客員教授を務める。

目次

略歴編集

10歳で父を、19歳で母を病気で亡くす。

大学卒業後、広告代理店に入社。社の同僚がシナリオ講座に申し込んだものの行けなくなったため、その代わりとしてノートをとるため、シナリオ講座に参加した。1年3か月で広告代理店を退職したのち、コピーライター四柱推命の占い師などの職業を経験。偶然知り合った脚本家の田中陽造の清書係に就く。その後、同じく脚本家の桃井章と知り合い、桃井の妻を世話するなど懇意になり、これらをきっかけにシナリオライターとなる。

1988年、『ニュータウン仮分署』でデビューする。脚本家で生きていく決心をしたのは、1993年に34歳で未婚のまま長男を産んだ時だといい、家で子供を育てながら続けられるのは脚本家しかないと覚悟を決めたという[1]。長男の出産後、1995年フジテレビ月9ドラマFor You』で復帰。同作品では主演の中山美穂が未婚の母親を演じたが、これには中園自身の未婚の母としての経験が反映されているという[2]

連続ドラマの代表作に、フジテレビの『Age,35 恋しくて』『やまとなでしこ』『スタアの恋』、日本テレビの『anego[アネゴ]』『ハケンの品格』、テレビ朝日の『Doctor-X 外科医・大門未知子』、NHK連続テレビ小説花子とアン』などがある。

2007年、ドラマ『ハケンの品格』の脚本で放送文化基金賞を、2008年には放送ウーマン賞2007を受賞。

2013年、橋田賞を受賞。ドラマ『はつ恋』、『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞を受賞。

2015年、ドラマ『花子とアン』で東京ドラマアウォード2015脚本賞を受賞。

2007年に初のエッセイ『恋愛大好きですが、何か?』を、2009年林真理子大沢在昌山本一力との共作で『売れる小説の書き方。』を、2016年には著書『ぐーたら女の成功術』をそれぞれ出版した。

最近では脚本業のかたわら、トークショーに出演し、自身の経験を語る機会が多くなっている。

当初は“中園美保”名義だったが、占い師だった経験から、のちに画数の良い“中園ミホ”に改名した。

人物編集

  • 中園自身は広告代理店退職後、24歳で占い師に弟子入りし、中学生の頃覚えた四柱推命の腕を認められ、有名政治家や企業のトップも占ったことで、人間の表面で見せる立派な顔より裏側のほころびの方がチャーミングだと気づき、人間の見方を覚えたといい、このときの経験が脚本家に生かされていると語っている。[3]
  • 取材力の中園ミホ」と称されるように、マーケティングリサーチが得意な書き手の1人であり[4]、『ハケンの品格』の脚本を書くにあたっても数多くの派遣社員の実態を取材したため、派遣社員の実態に同情的である。2007年11月12日に放送されたNHKスペシャル『1000人にきく ハケンの本音』にゲスト出演した際には、同じくゲスト出演し、隣に座っていた奥谷禮子の「派遣社員は幸せである」との、派遣社員の実情を無視した断定的意見に対し、「この(座席)間に大きな川が流れている(=埋め難い見解の相違がある)ように思える」と述べた[5][要ページ番号]
  • 本人曰く、「自分はなまけものだから、全部脚本書いてやろうと思わないです」。実際、大部分を中園が書いているものの、他の脚本家が1、2話書いているドラマが多い。
  • 『やまとなでしこ』での神野桜子の人生観は、中園本人の考え方と相通じるところが多いという。
  • 中園は「権力にすり寄らず、自分の足で立ち、自分の考えで動く人」[6]をいい女と考え、「女性たちの生の声を聞き、それを描いて、彼女たちを応援する」[7]ためにドラマを執筆していると語っている。
  • 代々木ゼミナールの人気数学講師の岡本寛は小学校時代の同級生であり、自身の代表作『やまとなでしこ』の中原欧介役(演:堤真一)は彼をモデルにしているという。また中原の台詞に使われた公式、証明、定理などは岡本が監修。
  • テレビ局から企画を持ちかけられ、明石家さんまを主演に脚本を書いたが、さんまのスケジュールが取れずお蔵入りになったことを『さんまのまんま』出演時に明かしている[8]
  • 『花子とアン』放送当時、同作と合わせて直後に生放送される『あさイチ』も視聴し、同キャスター陣が行う「朝ドラ受け」(詳細は「あさイチ」を参照)も楽しんでいた。本人曰く「朝ドラ受けあっての朝ドラ」[9]
  • パソコンでの文字入力は、親指シフトを使っている[10]
  • 少女期より『徹子の部屋』が毎日のように見る程大好きで、社会人となったOL時代には就業中にこっそり会議室で見てしまい、上司から呆れ顔をされた[11]

脚本作品編集

テレビドラマ編集

連続ドラマ編集

単発ドラマ編集

映画編集

著書編集

  • 『恋愛大好きですが、何か?』(2007年、光文社
  • 『売れる小説の書き方。』(2009年、ぴあ
  • 『ぐーたら女の成功術』(2016年、文藝春秋

テレビ出演編集

受賞歴編集

脚注・出典編集

外部リンク編集