中坊 徹次(なかぼう てつじ、1949年11月8日 - )は、日本魚類学者、京都大学名誉教授[1]

人物・来歴編集

1949年京都府生まれ[1]1973年3月、京都大学農学部水産学科卒業[1][2]1981年、「A revision and systematics of the dragonets (Pisces : Callionymidae)(ネズッポ科魚類の系統分類学的研究)」により、京都大学から農学博士を取得[3]

京都大学農学部水産学科助教授を経て、1997年4月に京都大学総合博物館教授[2]。その後、京都大学大学院農学研究科教授を兼任。魚類系統分類学を専攻。系統分析だけでなく、学名の再検討、新種の記載命名など分類学の基礎的な研究を行っている。同館館長等を歴任し、2015年より京都大学名誉教授[1]

絶滅したとされていたクニマス西湖での発見者として知られる。さかなクンにクニマスのイラストの執筆を依頼したところ、さかなクンはイラストの参考のためにヒメマスを取り寄せた。このとき、西湖から届いたものの中にクニマスに似た特徴をもつ個体があったため、中坊に「クニマスではないか」と指摘、中坊が研究して再発見に至った[4]

この功績に対し、学習院出身で魚類学者でもある明仁天皇から、天皇誕生日の会見で先述のさかなクンと共に名前を取り上げられている[5]

主な著書編集

  • (編著)日本産魚類検索 全種の同定 第二版、東海大学出版会、2000年12月
  • (共著)日本産魚類全種の学名:語源と解説、東海大学出版会、2015年4月

主な論文編集

出典・脚注編集