メインメニューを開く

中外日報

中外日報(ちゅうがいにっぽう)は、京都に総本社を置く中外日報社が発行する宗教専門紙

中外日報
種類 隔日紙
サイズ タブロイド判

事業者 中外日報社
本社 京都市
代表者 代表取締役社長 形山俊彦
創刊 1897年10月1日
前身 教学報知
言語 日本語
ウェブサイト http://www.chugainippoh.co.jp/
株式会社 中外日報社
本社所在地 日本の旗 日本
601-8004
京都府京都市南区東九条東山王町9
事業内容 新聞発行、出版
設立 1953年2月
業種 情報・通信業
資本金 3,100万円
売上高 5億円(2011年3月期)
従業員数 45名
テンプレートを表示

目次

概要編集

2010年現在、毎週3回、火・木・土曜日に発行している。紙面構成は、社説、教界ニュース、論文、コラム、インタビュー、各宗派の動向を網羅した雑記など。

沿革編集

1897年(明治30年)10月1日、信教・思想の自由を掲げ、一宗一派に偏らない宗教専門の報道機関として真渓涙骨により京都で創刊された。創刊時の紙名は「教学報知」。当初は旬刊、半年後に隔日刊となり、1901年(明治34年)4月から日刊で発行。1902年(明治35年)1月に「中外日報」と改題し、宗教を中心に広く文学、教育、芸術、文化、政治、実業などの諸領域に報道範囲を拡大した。

明治期には安藤正純和田幽玄加藤咄堂小笠原秀実らが主に論説記者を務め、大正期には伊藤証信、石丸梧平、野々村直太郎、島田清次郎土田杏村、三浦参玄洞などが入社。各時代を代表する宗教家、思想家、学者、作家などが論文・作品を数多く発表し、近代日本における宗教ジャーナリズムの礎を築いた。

太平洋戦争中は政府の言論統制により「一県一紙」の政策が取られたが、京都では日刊紙としては例外的に京都新聞と中外日報の二紙が認められ、戦時下も絶えることなく発行を続けた。

編集と経営の中心は長年、社主の真渓涙骨が担い、1953年(昭和28年)に個人経営から株式会社へと組織変更した。1956年(昭和31年)に真渓が没した後は、今東光吉田留次郎などが社長を歴任した。今が社長在任中の1958年(昭和33年)には、文京区本郷に東京支社(現東京本社)を開設、これには今の次弟 文武が奔走した。新聞記者時代の司馬遼太郎を起用し、小説「梟のいる都城」を連載し、後に『梟の城』として出版、第42回直木賞を受賞した。

事業所編集

  • 京都総本社 - 京都市南区東九条東山王町9 郵便番号601-8004
  • 東京本社 - 東京都文京区本郷4-9-13 郵便番号113-0033
  • 西部支社 - 福岡市博多区駅東1-1-25 宝ビル1101号 郵便番号812-0013

涙骨賞編集

2004年に中外日報社が創設した賞であり、人間の精神文化に関わる論文を年1回公募する[1]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集