中央アフリカ共和国内戦 (2012年-現在)

中央アフリカ共和国内戦 (2012年-現在)は、中央アフリカ共和国で現在進行中の内戦。反政府武装勢力CPSK-CPJP-UFDRの連合体であるセレカ(Séléka)とキリスト教系武装組織アンチバラカと中央アフリカ共和国政府の間で抗争[24]となっている。

中央アフリカ共和国内戦 (2012年-現在)
中央アフリカ共和国の紛争現況
中央アフリカ共和国の紛争現況
2012年12月10日 – 現在
(7年9ヶ月2週間)
場所中央アフリカ共和国
結果

進行中

衝突した勢力

Flag of Dar El Kuti Republic.svg FPRC
UPC
Flag of Dar El Kuti Republic.svg MPC
MLCJ
MNLC


3R
RJ
中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカ共和国
MINUSCA
(2014年–現在)
MISCA
(2013年-14年)

フランスの旗 フランス
(2013–present)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ
(2012年-現在)

指揮官
Flag of Dar El Kuti Republic.svg ヌールディン・アダム
Flag of Dar El Kuti Republic.svg ジョゼフ・ズンデイコ [6]
アリ・ダラッサ
Mahamat al-Khatim
Toumou Deya Gilbert
ミシェル・ジョトディア 降伏(2013年-14年)

フォースタン=アルシャンジュ・トゥアデラ
(2016年以降)
カトリーヌ・サンバ=パンザ
(2014年-16年)
フランソワ・ボジゼ
(2012年–13年)
パルフェ・オナンガ=アニャンガ
エマニュエル・マクロン
(2017年以降)
フランソワ・オランド
(2013年-17年)
シリル・ラマポーザ
(2018年以降)
ジェイコブ・ズマ
(2012年-18年)

レヴィ・ヤケテ
Patrice Edouard Ngaissona
Richard Bejouane
Sebastien Wenezoui
Joachim Kokate
Aaron Levesque
戦力
3,000 (セレカ主張)[7]
1,000–2,000 (第三者推計)[8]
3,500[8]
MINUSCA: 13,000[9]
2,000[10]
200[11]
ECCAS: 3,500+ 平和維持軍[7][10]
コンゴ民主共和国: 1,000
コンゴ共和国: 769[12]
モーリタニアの旗 モーリタニア: 140 (憲兵)[13]
ポルトガルの旗 ポルトガル: 180 (主に空挺兵)[14]
ジョージア: 140[15]
アフリカ連合: 6,000[10]
50,000[16]-72,000[17]
被害者数
反乱軍犠牲者500名以上 (バンギのみ。南アフリカによる。) 死者・捕虜ともに不明
警官1名死亡
兵士15名死亡[18]
兵士3名死亡
兵士2名死亡[19]
兵士3名死亡
兵士1名死亡
53
民間人被害者:
死傷者数不明
国内難民200,000名、国外難民20,000名 (2013年8月)[20]
国内難民700,000名; 国外難民+288,000名 (2014年2月)[21]
「合計数千名死亡」[22]
5,186名以上死亡 (2014年9月まで)[23]

概要編集

ブッシュ戦争と言われる2004年-2007年の内戦では、チャドイドリス・デビ大統領の支援を受けたフランソワ・ボジゼ大統領政権が中央アフリカ共和国北東部で反乱軍を制圧し2007年には和平合意が実現した。その後、セレカと呼ばれる武装勢力[25]などの様々な反政府連合勢力が ボジゼ政権が和平合意を破棄[24]し2012年末に多くの町を軍事掌握したとして紛争が起こった。2013年3月に首都バンギを制圧[26]、セレカ主導者ミシェル・ジョトディアが自ら暫定大統領に就任[27]軍事政権を樹立。ジョトディア政権下でもセレカとアンチバラカなど他の武装集団との紛争は続き[28]、9月にはジョトディア大統領がセレカ解散を宣言するものの求心力のない武装手段の活動は続き、2014年1月にジョトディア大統領が辞任[29][30]。評議会内の選挙によりカトリーヌ・サンバ=パンザが大統領に選出[31][32]された。2014年7月に元セレカの集団とアンチバラカの代表がブラザヴィルにて停戦合意[33]した。

2014年末までに、中央アフリカ共和国は事実上、ほとんどのイスラム教徒が脱出しアンチバラカが支配する南部と西部と、元セレカ集団の支配する北部と東部に分割統治されていた[34]。ほとんどの緊張状態はイスラム教系のセレカ兵士とキリスト教系アンチバラカ間の宗教的主張よるものだった。元セレカ派閥間や民族文化的差異など、主にアンチバラカ派からなる農本主義者たちと、元セレカ兵士からなる遊牧民たちの間の歴史的敵視も対立要素であった[35]。約500万人の人口を持つこの国で、110万人以上が国内外で難民となり、この国史上最大の記録的な規模となった[36]

 
2007年6月、中央アフリカ共和国北部での武装軍

残虐行為編集

宗教洗浄編集

バンギと中央アフリカ共和国西部にて、アンチバラカによって専ら元セレカ兵だけに対し行われた武装解除は、無意識にイスラム教徒の強制移住を引き起こしたという論争がある[34]ルワンダ虐殺と比較されたり[37]ボスニアの虐殺などと同様に人々は近隣が宗教的にクリーンな地区に植民しがちという指摘がある。セレカが首都立てこもりの際も、バンギのPK5地区ではグラ[38]のようなセレカに近い民族集団が攻撃された。2014年にはアムネスティ・インターナショナルがアンチバラカがムスリム市民に対し何度かの虐殺をはたらいたと報告している[39]他の情報源では、イスラム教徒は食人の対象となったとも言われる[40][41]

2014年4月10日にMISCA軍は1,000人以上のイスラム教徒をチャドに避難させるのに警察と共に護衛した際には「ボサンゴアに一人のイスラム教徒も残さなかった」と言われている[42]。多くの緊張は主に反バラカ派からなる農本主義者と、主にセレカ戦士からなる遊牧民の間の歴史的な敵意にも根ざしている[35]。2015年には、アメリカ合衆国の国連大使サマンサ・パワーは国内の436ヶ所のモスクのうち417ヶ所が破壊され、イスラム教徒の女性は公に外出することも恐れ、病院ではなく自宅で出産していると発言した[43]

民族的暴力編集

元セレカ派軍事集団FPRCとUPCの間の戦闘では、民族的暴力が行われている。FPRCは主にUPCを構成するフラニ族を標的にし、UPCは主にFPRCを構成するカラ族(グラ族)とアイキ族(ルンガ族)をFPRCシンパとして標的にしている[9]オート・コト州の州都ブリアで行われた2016年11月の戦闘では、FPRCはフラニ族に対し1軒ごとに探索、略奪、誘拐、殺戮における標的としたと報道された[44]。2019年にも北東地域における、カラ族中心のMLCJとルンガ族中心のFPRC間での大規模な戦闘で、カラ族の大量殺戮があったと報道されている[45]

犠牲者編集

難民編集

2014年5月には、中央アフリカ共和国では約60万人が国内で難民となり、そのうち16万人が首都バンギにいるという報告がなされた。バンギのイスラム系人口は13.8万人から900人と99%減少している[34]。また2014年5月までに10万人が隣国のカメルーンコンゴ民主共和国チャドに脱出した[46]。2017年現在、約500万人の人口を持つこの国で、110万人以上が国内外で難民となり、この国史上最大の記録的な規模となった [36]。約50万人が国外へ、約60万人が国内で難民となっている[47]とされる。カメルーンは13.5万人を受け入れ、うち90%がフラニ族(中央アフリカ共和国のフラニ族の民族構成は6%のみにもかかわらず)であった[48]

国際社会の反応編集

団体・組織編集

 
難民であふれる難民キャンプ前のルワンダ兵
  • アフリカ連合ヤイ・ボニ総会議長(当時)はバンギの記者会見にて「宗教的で同志よ、敵対行為をやめてボジゼ大統領と中央アフリカ国民と和平合意をしてほしい。停戦するならアフリカの平和に貢献できる。アフリカの人々はこのような苦難にふさわしくない。アフリカ大陸には戦争ではなく平和が必要だ」と語った[49]。ボニ議長は現政権と反乱軍の対話を呼びかけた[49]。アフリカ連合は2013年3月25日をもって加盟国[50]から追放した。
  •   欧州連合 ; 2012年12月21日に欧州連合外務・安全保障政策上級代表キャサリン・アシュトンに対し敵対行為を停止しリーブルヴィル和平合意を遵守するよう呼びかけた。欧州連合危機管理上級代表クリスティーナ・ジョージエヴァは中央アフリカ共和国の状況を大変憂慮し、全ての武装集団が国際的な人道的法律を遵守し人道的行為を尊重するよう強く求めると発言した[51]。アシュトン上級代表はさらに、平和的対話を通じてバンギ市民に対する強要行為を即刻中止し、すべての軍事行動を停止するため万難を廃するように求めた[52]
    • 2014年2月には欧州連合はバンギ地域の安全を確保するため暫時的な支援を提供するため「EUFOR RCA(European Union Military Operation in the Central African Republic)」という作戦を開始。フランスのフィリップ・ポンチエ少将が総司令官として任命された[53]
  •   国際連合 ; 2012年12月には国際連合は状況悪化に鑑み中央アフリカ共和国から全ての非必須職員を退去させると発表した。潘基文事務総長は、反政府武装勢力の行動を非難し、「潜在的に和平合意に重大な影響を与える」と警告した。中央アフリカ政府に対しては、国内の全ての国連職員の安全を保障するように呼びかけた[54][55]。2020年1月には安全保障理事会にて2020年7月31日まで中央アフリカ共和国に対する軍需製品の禁輸措置を延長することを承認した[56]

各国編集

近傍地域
近傍地域以外
  •   ブラジル – 2012年12月、ブラジル外務省は「関係諸派は敵対的行為と民間人向けのすべての暴力を直ちに中止するよう要請する」との声明を発表し、「中央アフリカ共和国における法制度の再構築」を呼びかけた。ブラジル政府は中央アフリカ国内在住の少数の同国籍住民との連携をとっていると明らかにしていた[59]
  •   エストニア – 2014年5月に欧州連合EUFOR RCA軍に参加のため55名派兵[60]
  •   ジョージア – 欧州連合の軍事活動に兵士140名を派兵[15]
  •   フランス – 2012年12月、フランソワ・ボジゼ中央アフリカ共和国大統領は抵抗勢力への対処について、特にフランスとアメリカ合衆国に向け、国際援助を依頼。フランスのオランド大統領は依頼を拒否、バンギ・ムポコ国際空港に駐在中の兵士250名は内政干渉を行なわないと発言した。それとは別に外務大臣は「軍事集団によって継続している敵対行為」を非難、対話を通じての解決を求めた[61]
  •   南アフリカ – 南アフリカは中央アフリカ共和国に対し2007年より軍事的に支援している。特殊部隊旅団がボジゼ大統領を護衛していた[62]。2012年12月には国防大臣がバンギに出向き状況を把握[63]。2013年1月には南アフリカ国防軍(SANDF)がズマ大統領が承認した数の半数の兵士200名を追加派兵した[64]。ボジゼ大統領が3月にズマ大統領との会見のためプレトリアに出張し[65]、72時間の最後通牒について討議したとのこと[66]。南アフリカ軍はセレカ侵攻に対する護衛の際に損害を被った[67]が、2013年には南アフリカ軍は、中央アフリカ共和国のセレカからの奪還を確認したとしてウガンダエンテベ空軍基地に撤退を開始した[68]
  •   アメリカ – 2012年12月、アメリカ合衆国国務省の海外安全保障評議会は、エムベスの武装集団について在住の米国民に対して緊急の警告を発表し、バンギ域外への移動を自粛するよう要請した。アメリカ大使館員については首都から出ることを禁じた[69]。12月24日には国務省は追加の警告を発信。最小限のスタッフ以外は全員国外へ避難し、大使館は限定機能のみの運営に移行した[70]。12月28日には、反政府派の攻撃により在バンギの大使館を閉鎖[71]し、ウォーラー大使と館員は国外へ退去した[72]
  •   セルビア – 国連安全保障理事会決議2149に従い、セルビア政府はセルビア軍の派兵を決定。2014年9月、軍事巡視員2名とスタッフ2名を派遣、その後12月に68名をさらに作戦に参加させた。2016年12月、セルビアは緊急医療支援チームをEUTM RCA(EU訓練軍)の一部として参加させた[73][74]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ UN: Chad soldiers killed 30 in CAR”. 2014年6月13日閲覧。
  2. ^ Sudan paramilitary funnelling weapons into Central African Republic, UN report reveals” (2019年8月9日). 2020年8月31日閲覧。
  3. ^ Looting and gunfire in captured CAR capital Archived 24 March 2013 at the Wayback Machine.. Al Jazeera.com (25 March 2013). Retrieved 17 April 2013.
  4. ^ 26 villagers killed by militants in Central African Republic Archived 23 November 2015 at the Wayback Machine.. NewsGhana.com.gh (22 November 2015). Retrieved 22 November 2015.
  5. ^ Central African rebel leader declares autonomous republic Archived 11 October 2017 at the Wayback Machine.. Reuters (15 December 2015). Retrieved 15 December 2015.
  6. ^ “CAR crisis: Meeting the rebel army chief”. BBC News. (2014年7月29日). https://www.bbc.co.uk/news/world-africa-28526362 
  7. ^ a b “Central African Republic president says ready to share power with rebels”. Reuters. (2012年12月30日). https://www.reuters.com/article/us-car-rebels/central-african-republic-president-says-ready-to-share-power-with-rebels-idUSBRE8BT03M20121230 
  8. ^ a b "Seleka, Central Africa's motley rebel coalition" Archived 13 September 2014 at the Wayback Machine., Radio Netherlands Worldwide
  9. ^ a b Central African Republic: What's gone wrong?”. IRIN (2017年2月24日). 2017年2月26日閲覧。
  10. ^ a b c More military help sought by UN to protect CAR civilians”. The Africa News.Net. 2014年2月22日閲覧。
  11. ^ Zille warns of 'CAR scandal'”. 2013年11月4日閲覧。
  12. ^ Congo peacekeepers accused of sex abuse to leave CAR Archived 20 January 2019 at the Wayback Machine.. Al Jazeera. 21 June 2017.
  13. ^ Mauritanian gendarmerie contingent leaves for Central African Republic Archived 7 April 2019 at the Wayback Machine.. PanaPress. Published 3 March 2019.
  14. ^ Portugal paratroopers counter armed groups around Bambari, CAR” (2019年1月21日). 2019年2月16日閲覧。
  15. ^ a b Civil.Ge – Georgian Troops Heading to EU Mission in Central African Republic”. 2014年6月7日閲覧。
  16. ^ Archived copy”. 2016年6月1日閲覧。
  17. ^ Conflict Observer Project | Central African Republic: Roots of the Conflict and Actors”. Cscubb.ro (2014年10月29日). 2018年3月18日閲覧。
  18. ^ “CAR battle claims another SANDF soldier”. Enca (South Africa). https://www.enca.com/south-africa/car-sandf-death-toll-rises 2016年1月27日閲覧。 
  19. ^ [1] Archived 22 May 2014 at the Wayback Machine. Radio France Internationale, Hollande discusses DRC presence in CAR with Kabila, 21 May 2014
  20. ^ CrisisWatch Database”. 2013年10月21日閲覧。
  21. ^ Casey-Maslen, Stuart (2014). The War Report: Armed Conflict in 2013. Oxford University Press. p. 411. ISBN 978-0-19-103764-1 
  22. ^ Massacre evidence found in CAR Archived 14 November 2013 at the Wayback Machine. Al Jazeera. 8 November 2013.
  23. ^ AP: More than 5,000 dead in C. African Republic”. AP Bigstory. 2014年12月25日閲覧。
  24. ^ a b Uppsala Conflict Data Program Conflict Encyclopedia, Central African Republic, In depth: The Seleka Rebellion, viewed 16 May 2013, http://www.ucdp.uu.se/gpdatabase/gpcountry.php?id=31&regionSelect=2-Southern_Africa# Archived 12 December 2013 at the Wayback Machine.
  25. ^ Séléka rebels agree on unconditional talks”. CAR govt. (2012年12月29日). 2012年12月30日閲覧。
  26. ^ Zuma joins regional leaders over crisis in Central African Republic, BDay Live, by Nicholas Kotch, 19 April 2013, 07:50, http://www.bdlive.co.za/africa/africannews/2013/04/19/zuma-joins-regional-leaders-over-crisis-in-central-african-republic Archived 21 April 2013 at the Wayback Machine.
  27. ^ Centrafrique: Michel Djotodia déclare être le nouveau président de la république centrafricaine” (French). Radio France International (2013年3月24日). 2013年3月24日閲覧。
  28. ^ Archived copy”. 2013年9月20日閲覧。
  29. ^ “Central African Republic president, PM resign at summit: statement”. Reuters. (2014年1月10日). https://www.reuters.com/article/2014/01/10/us-centralafrican-djotodia-idUSBREA090GT20140110 2014年1月10日閲覧。 
  30. ^ CAR president Djotodia and PM Tiangaye resign”. RFI (2014年1月10日). 2014年1月13日閲覧。
  31. ^ RFI (2014年1月20日). “Centrafrique: Catherine Samba-Panza élue présidente de la transition”. RFI. 2014年1月20日閲覧。
  32. ^ New CAR PM says ending atrocities is priority”. Al Jazeera. 2014年1月28日閲覧。
  33. ^ "RCA: signature d’un accord de cessez-le-feu à Brazzaville Archived 29 July 2014 at the Wayback Machine.". VOA. 24 July 2014. Retrieved 28 July 2014.
  34. ^ a b c One day we will start a big war”. Foreign Policy. 2017年2月13日閲覧。
  35. ^ a b Displaced and forgotten in Central African Republic”. Al Jazeera. 2017年2月14日閲覧。
  36. ^ a b “Concert Blast Shows Central African Republic Religious Rift”. Bloomberg. (2017年11月21日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-11-22/blast-at-concert-shows-central-african-republic-s-religious-rift 2017年11月26日閲覧。 
  37. ^ Deep divisions as CAR violence continues”. Al Jazeera (2014年1月20日). 2014年2月6日閲覧。
  38. ^ Sayare, Scott (2013年1月2日). “Central Africa on the Brink, Rebels Halt Their Advance”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/01/03/world/africa/central-africa-on-the-brink-rebels-halt-their-advance.html 2017年2月26日閲覧。 
  39. ^ Christian threats force Muslim convoy to turn back in CAR exodus”. the Guardian. 2016年12月11日閲覧。
  40. ^ Hatred turns into Cannibalism in CAR”. Centre for African news. 2014年12月5日閲覧。
  41. ^ Insight – Gold, diamonds feed Central African religious violence”. 2014年12月5日閲覧。
  42. ^ African troops help Muslims flee CAR”. 2014年6月13日閲覧。
  43. ^ Almost all 436 Central African Republic mosques destroyed: U.S. diplomat”. 2020年8月31日閲覧。
  44. ^ “Mass killings as rebels target ethnic Fulanis in Central African Republic”. The guardian. (2016年11月26日). https://www.theguardian.com/world/2016/nov/26/mass-killings-as-rebels-target-ethnic-fulanis-in-central-african-republic 2017年3月5日閲覧。 
  45. ^ “Briefing: In Central African Republic, rebels fight on as peace deal falters”. The New Humanitarian. (2019年11月4日). https://www.thenewhumanitarian.org/news/2019/11/04/Central-African-Republic-rebels-fight-peace-deal 2019年12月17日閲覧。 
  46. ^ The war across the river”. 2014年6月13日閲覧。
  47. ^ Fresh violence in Central African Republic leads to more displaced”. United Nations. 2017年11月26日閲覧。
  48. ^ HRW the unravelling – Journey through the Central African Republic crisis”. Human Rights Watch. 2017年3月5日閲覧。
  49. ^ a b Marboua, Hippolyte (2012年12月30日). “African Union Head Visits Central African Republic”. ABC News. https://abcnews.go.com/International/wireStory/french-troops-central-african-republic-18094338#.UOD-7W-1XDQ 2012年12月31日閲覧。 
  50. ^ Dixon, Robyn (2013年3月25日). “African Union suspends Central African Republic after coup”. Los Angeles Times. https://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-central-african-republic-20130326,0,4175896.story 2013年3月26日閲覧。 
  51. ^ Giannoulis, Karafillis (2012年12月24日). “Central Africa: EU worries on the new outbreak”. New Europe. 2012年12月26日閲覧。
  52. ^ "EU Urges Talks in Central African Republic" Archived 7 January 2013 at the Wayback Machine.. RIA Novosti
  53. ^ EUFOR RCA”. European Union External Action. European Union. 2014年2月21日閲覧。
  54. ^ Ngoupana, Paul-Marin (2012年12月26日). “Central African Republic wants French help as rebels close in on capital”. Reuters. http://ca.reuters.com/article/topNews/idCABRE8BP09X20121226 2012年12月26日閲覧。 
  55. ^ “UN chief slams attacks on towns in Central African Republic”. Press TV. (2012年12月27日). http://presstv.com/detail/2012/12/27/280303/un-chief-slams-attacks-on-car-towns/ 2012年12月28日閲覧。 
  56. ^ Russia obtains ease on C.Africa arms embargo at UN Security Council by Philippe RATER, AFP, 31 January 2020
  57. ^ google.com/hostednews Archived 27 February 2014 at the Wayback Machine.
  58. ^ CAR key players”. 2013年12月5日閲覧。
  59. ^ Ministério das Relações Exteriores”. 2014年12月5日閲覧。
  60. ^ (9 May 2014) Estonian Troops Leave for Central African Republic Archived 11 May 2014 at the Wayback Machine. news.err.ee (Estonian Public Broadcasting). Retrieved 10 May 2014
  61. ^ CAR leader appeals for help to halt rebel advance”. The Daily Star Newspaper – Lebanon. 2012年12月28日閲覧。
  62. ^ RSA (2011年3月1日). “Training and Support provided by the South African Army (SANDF) to the Army of the Central African Republic (CAR)”. International Relations and Cooperation. 2013年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月28日閲覧。
  63. ^ Peter Fabricius (2013年1月4日). “Shadow over foreign policy planning – IOL News”. Independent Online (South Africa). http://www.iol.co.za/news/shadow-over-foreign-policy-planning-1.1447861 2013年3月28日閲覧。 
  64. ^ IRIN (2013年1月8日). “South Africa bolsters its troops in the Central African Republic”. IRIN. Johannesburg. http://www.irinnews.org/report.aspx?reportid=97194 2013年3月28日閲覧。 
  65. ^ AFP (2013年3月22日). “Afrique du Sud: le président centrafricain Bozizé reçu par Zuma”. Agence France-Presse. Pretoria. https://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gmGngIwQX3YyA1ZGb-Wq6lNC8pAQ?docId=CNG.a001582fa2ac6c6e42cdc154447481db.c81 2013年3月31日閲覧。 
  66. ^ Underhill, Glynnis; Mmanaledi Mataboge (2013年3月28日). “CAR: Timely warnings were ignored”. Mail and Guardian. http://mg.co.za/article/2013-03-28-00-car-timely-warnings-were-ignored/ 2013年3月31日閲覧。 
  67. ^ Tochia, Christopher (2013年3月27日). “Hard questions for South Africa over CAR battle”. Associated Press (Johannesburg). http://hosted2.ap.org/OHCAN/CREPnewswire/Article_2013-03-27-South%20Africa-Central%20African%20Republic/id-4c9a45da48814017a637f223acd191b2 2013年3月28日閲覧。 
  68. ^ Biryabarema, Elias (2013年3月28日). “South Africa troops in Uganda for Central Africa mission”. Reuters. Kampala. https://www.reuters.com/article/2013/03/28/us-centralafrica-rebels-idUSBRE92R0F420130328 2013年3月28日閲覧。 
  69. ^ Bureau of Diplomatic Security. “Emergency Message for U.S. Citizens: Bangui (Central African Republic), Armed Group Movement”. Overseas Security Advisory Council. 2013年3月31日閲覧。
  70. ^ Travel Warning: Central African Republic”. United States Department of State (2012年12月24日). 2012年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月26日閲覧。
  71. ^ Karikari-Apau, Nana (2012年12月27日). “Central African Republic president seeks help against rebels”. CNN. http://www.cnn.com/2012/12/27/world/africa/central-african-republic-unrest/index.html 2012年12月28日閲覧。 
  72. ^ Lolita C. Baldor; Matthew Lee (2012年12月27日). “AFRICOM helps with C. African Republic evacs”. Army Times. Associated Press. http://www.armytimes.com/mobile/news/2012/12/ap-america-out-central-african-republic-122712 2012年12月29日閲覧。 
  73. ^ Official portal of the multinational operations of the Serbian Armed Forces” (2015年3月2日). 2020年8月13日閲覧。
  74. ^ EUTM RCA- Serbian Armed Forces”. Official Portal of multinational missions (2016年12月15日). 2017年6月30日閲覧。

外部リンク編集