中央アルプス国定公園

中央アルプス国定公園(ちゅうおうあるぷすこくていこうえん)は長野県南部に位置する国定公園[1]。面積3万5427 ha1951年(昭和26年)11月22日に県立自然公園に指定され、2020年(令和2年)3月27日付環境省告示第33号「中央アルプス国定公園を指定する件[2]」で国定公園に指定された[3]

概要編集

長野県の南部、木曽谷伊那谷の間にまたがる中央アルプス(木曽山脈)全域を領域とする[1]。北は権兵衛峠南方、南は恵那山に至る南北延長約50 km。最高地点は木曽駒ヶ岳(2,956 m)。長野県初となった県立自然公園である。木曽川天竜川の支流の源流部となる山域である。

地理編集

主な山岳編集

関連市町村編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 長野県の自然公園・県自然環境保全地域等の位置 (PDF)”. 長野県 (2009年4月1日). 2012年1月21日閲覧。
  2. ^ 2020年(令和2年)3月27日官報号外第61号
  3. ^ “中央アルプス 国定公園に”. 信毎web (信濃毎日新聞社). (2020年3月28日). https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200328/KT200327ATI090028000.php 2020年3月29日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集