メインメニューを開く

中央バイパス(ちゅうおうバイパス)は、愛知県蒲郡市の市街地を迂回する国道247号バイパスである。

一般国道
国道247号標識
中央バイパス
国道247号バイパス
総延長 5.6 km
開通年 1980年
起点 愛知県蒲郡市竹谷町
終点 愛知県蒲郡市三谷町
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
中央バイパス
(国道473号との交差)
愛知県蒲郡市蒲郡町

概要編集

海岸沿いや三谷温泉を走る2車線の国道23号国道247号重複)をバイパスする役割を担い、将来開通予定の国道23号蒲郡バイパス蒲郡ICと国道23号現道十能交差点を連絡する予定。

東側区間は、三谷町のJR東海道本線ガードから十能交差点まで1970年代に早々に4車線で開通したものの、その後の進捗はなく、2002年平成14年)のラグーナ蒲郡本格開業(ラグナシア開園)に伴う交通量増加や蒲郡市民病院移転に対応するため2004年(平成16年)に水竹町からJR東海道本線ガード南まで先行開通した。

西側区間には開削トンネル工法と呼ばれる、地方の道路建設では珍しい工法を採用したトンネルが完成した[1]。トンネル付近に5世紀ごろの荒子古墳群があったため、市の発掘調査のあと移築させた。

2017年(平成29年)11月25日に全線開通[2]

路線データ編集

歴史編集

  • 1988年昭和63年) : 事業着手。
  • 1997年平成9年)6月 : 蒲郡市民病院移転により北側約710m開通。
  • 2000年(平成12年)11月 : 三谷町伊与戸から豊岡町西門までが開通。
  • 2004年(平成16年)5月20日 : 豊岡町西門から市民病院北側までの工事が完了。これにより音羽蒲郡有料道路から国道23号星越バイパスまでが開通し東側区間暫定供用開始。
  • 2006年(平成18年) : 西側区間の工事着工。
  • 2008年(平成20年)12月25日 : 蒲郡町 - 水竹町が開通[3]
  • 2017年(平成29年)11月25日 : 県道芦谷蒲郡線(竹谷町地内) - 市道宮成町坂本前田1号線(蒲郡町地内)間開通により、全線開通[2]

接続する道路編集

脚注編集

  1. ^ 2008年3月24日付東日新聞
  2. ^ a b 国道247号中央バイパスが全線開通します”. 蒲郡市 (2017年11月6日). 2017年11月18日閲覧。
  3. ^ 国土交通省道路局道路開通情報

関連項目編集

外部リンク編集