中央山脈(ちゅうおう-さんみゃく)は、台湾の山脈。台湾本島の脊梁で台湾五大山脈の1つ。全長340 km、山脈の最高峰秀姑巒山(3,825 m)。台湾山脈台湾中央山脈シェンマイ (Shānmài) とも呼ばれる。日本統治時代には別の山脈に属する新高山(現・玉山)と共に「台湾アルプス」とも呼ばれていた。

中央山脈

中央山脈秀姑巒山
所在地 中華民国の旗 台湾
最高峰 秀姑巒山(3,825 m
延長 340 km

中央山脈の範囲
プロジェクト 山
テンプレートを表示
中央山脈
各種表記
繁体字 中央山脈
簡体字 中央山脉
拼音 Zhōngyān Shānmài
注音符号 ㄓㄨㄥ |ㄤ ㄕㄢ ㄇㄞˋ
発音: ヂョンヤン シャンマイ
テンプレートを表示

中央山脈の北西には雪山山脈、南西には阿里山山脈玉山山脈、東部には海岸山脈が、いずれも南北に走っている。

主な山 編集

標高3,000mを優に越える高峰が並ぶ。